主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。
プロフィール

石川

Author:石川

全記事表示リンク




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。



 eコマースが宅配事業を圧迫している……という問題が、注目を集めています。

 とりわけ、ヤマトが通販宅配の総量規制を敷く方針を固めて、世間でもかなりメジャーな話題になってきているようです。
(ヤマトの労組も会社側もエライと思う)

 私は、この問題は結構「ツボ」だと思うので、しばらくこれについて特に論を深めてゆくことにしました。

 そもそも私は、現在の日本国家全体の経済力の増強のためには、「土建」や「物流」といった産業がかなり重要になってくるはずだと思うのです。

 そしてこれを機に、この問題をみんなでもっともっと強調して、日本経済界全体で大議論がされればそれは国益なんだと思います。




 そういうわけで今日はとりあえず、考えるべき領域について、四区分してみました。




1、「実際の把握」

 まず、今起こっている「eコマースによる宅配サービスへの圧迫」の実際をもっと見極めて解釈する必要があります。



2、「物流の産業構造改革についての反省」

 次に、この問題が、平成日本人の「国家における物流組織」を蔑ろした態度そのものを示している可能性を見る必要があります。

 そもそも、少なくとも十年くらい前(私が学生だった頃)には既に、「物流の産業構造改革」というのが世間で盛んに言われておりました。

 簡単に言えば、「日本の物流は中間業者がたくさんあって非効率で既得権益なので、アメリカ風に『生産』→『消費者』と直繋がりに近い形にしろ……」というふうにみーんな言ってたわけです。

 その最終形態がeコマースなわけでしょう。

 でも、この「宅配事業への圧迫」という問題によって、「そもそも物流の中間業者の構造を省いて消費価格を下げても、国家全体の経済の循環に悪影響を及ぼすこともありえるんじゃない?」というところまで議論が広がればいいなぁ……と思っています。



3、「価格についての思想」

 また、この問題が話題にされる時、一般に「適正価格」という言葉が使われ始めてます。

 これは平成日本人としては画期的なことです。

 だって、みんなこれまで「自由市場でついた価格が適正価格だ」っていう前提でいろいろ言ってきたわけでしょう。

 それがなかったことのように急に「適正価格」などと臆面もなく言えるのは実に面の皮が厚いことだなぁとは思う。

 けれど、これは価格についての思想転換を促す論筋を立てうる可能性があるように思われます。

 すなわち、「市場価格=適正価格ではない」と認められれば、政治的に相対価格を管理する必要があるという筋が立ち、『談合』や『産業組合』も時と場合によっては必要だという筋も立つからです。



4、「eコマースの大衆性、不健全性」

 そして、eコマースという事業形態そのものが、国民の大衆性を強めてしまう不健全性を持ち合わせているのではないか、という部分も考えられれば良いなと思います。



 以上、四つの領域について論の繋がるように組み立ててみようと思います。

 でも、そのためには物流について少し勉強しなきゃいけないですけれど。
スポンサーサイト
2017/03/04 02:04 未分類 TB(0) CM(0)




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。



 小学校高学年くらいから中学生くらいにかけて「自己の制御」というようなことをよく考えていたような気がする。

 もちろん、自己の制御をまったくしていない人はまれですが(まったくしないのをキチガイと言う)、ポイントは
「自己の制御を意識的に体系化しているか、いないか……」
 だと思った。

 で、世の中には、

1 自己の制御をそれほど意識せずとも、周りと上手くやっていけるヤツ

2 自己の制御を常に意識しつつ、周りとなんとかやっているヤツ

3 自己の制御を意識しているけれども、周りと上手くいかないヤツ

4 自己の制御を意識せず、周りと上手くいっていないのだけれど、そのことに気づいていないヤツ

 の四パターンに大別できると思ったものです。


2017/02/20 20:51 未分類 TB(0) CM(0)




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。



 テレビやスマフォで日本の名所とか見ていると、ちょっと感激して「行ってみたいなあ」と思ったりもする。

 でも、それで実際に行ってみても、これは単なる「観光」です。

 観光というのは大衆的なもので、外人が日本を見に行くようなものになりがちだから、疲れるだけ疲れて実際のところツマラナイことが多い。


 まあ、そういう観光もたまには良いかもしれないけれど、でも、本当に楽しいのは、遠い場所へ何か「用事」があって行く機会の方だと思います。

 親戚や友人のところへ行くとか、出張とか、何かしらの用事で行く土地は、いつもの実生活と繋がりのある土地になって、愛着や親しみが配分される気がする。

 あるいは、何かしらのこだわりがあって、その土地に何度も何度も行くようになると、これもまた地繋がりの土地になってゆく……ということはあるかもしれない。




2017/02/17 00:22 未分類 TB(0) CM(1)




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。


 まず、

1
「デフレの時には赤字財政を拡大しなければならない」

2
「少なくとも日本の中央政府の国債が金融的に破綻する心配はない」

……という2点は大前提にします。




 でも、そのことが認められても、これには以下の二つの志向が論理的に考えられます。

 1つは、
「税率を上げない」
 という志向。
 あるいは、減税の志向です。

 対して、2つめは
「公共土木事業を増やす」
 という志向。



 これは「両方やれば良い」とおっしゃる方もおられるだろうし、私とてそうは思いますが、『どちらがより重要であるか』という認識は、しっかり持たれていなければなりません。


 これはすなわち、税金を増やさないことなんかより、『政府が公共土木事業の支出を増額すること』の方が、デフレには百倍重要なことなのです。



 ここを、単なる「税金を上げない論」に終始してしまうと、単なる「財務省悪玉論」と単なる「金融政策論」に抱きつかれてしまいます。

 すると、結局、政府の公共土木事業の支出は拡大されず、ゆえにデフレは克服できないということになる。

 そして、デフレという短期の問題を克服しない限り、日本のいかなる長期的なことも実現不可なのです。


 でも、ずいぶん前からもう誰も本気で日本をやっていこうと思っていないということは百も承知ですから、またみんなはぐらかすってことくらいわかっていますけれど。




2017/02/06 00:44 未分類 TB(0) CM(0)




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。


 今日、ちょっと前のものだけど、京都大学の藤井聡教授の『シンゴジラ』批判を見ました。
 チャンネル桜の討論みたいなやつがまとめられているユーチューブの動画です。

 私はシンゴジラは見ていないのだけれど、この批判は面白かった。

 だからと言ってシンゴジラそのものを見ようとは今のところ思わないですけれど。



 私には、映画や漫画や小説に対して「これは見てもムカつくヤツだ」という察知能力のようなものがあって、そういうものは精神衛生上見ないようにしているのだけれど、こういう面白い批判を見ると「ちゃんと見て、ちゃんとムカついておくことも重要かな」とも思えてきます。


 そういえば、ちょっと前に『永遠のゼロ』というのが流行っていましたが、これは読まなくても確実に腐臭を放っていることがほぼ間違いなく察知できるシロモノでした。

 でも、ものすごく流行っていましたから、その察知される腐臭の実際を見極める必要があると思って、結局『永遠のゼロ』は読んだ……ということが何年か前にあったのです。

 そして予想どおりムカつくことになった。

 そのムカつきを自己解釈してみることでそれなりの果実を得たとは思うけれど、でもこれは相当の精神的疲弊でした。



 だから、そういうムカつくであろうと察知される物語をあえて鑑賞して、「ちゃんとムカつく」ということはとても重要なことだけれども、精神的な消耗はかなり激しいので、そのあたりエネルギー配分をしておかないとたぶん病みます。

2017/02/04 01:30 未分類 TB(0) CM(0)
Facebookはじめました
プロフィールです。Facebookをなさる方はこちらでもお付き合い願えればと思います!