08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

IT産業の発信力 

 産業ごとにいろいろな特質のあることは、経済全体を考える上でも忘れてはならないことでしょう。

 今日は、発信そのものを生業とする産業が元から持つ発信力というものは、やはり他の産業とは違うということを考えたいと思います。


 ◆


 たとえば、マスコミ産業は、大量の消費者に対して情報を発信することが生業だから、その発信にはマスコミそのものの価値や社会観を下支えするような発信に、どうしてもなります。

 だから、そもそもマスコミの問題において「在日がどう」など、そんなのは小さな話なのです。

 じゃあ、何が大きな問題かと言えば、たとえば、「マスコミの価値を高く見積もろう」という潜在意識は「民主主義の価値を高く見積もろう」という潜在意識と絶対に関係がある……というような現象的な問題が、問題なのです。

 だってマスコミで働いている人は、マスコミで働いているんですから、マスコミというものの価値が高いと思っておきたいに決まっているのであり、すると、「大量の消費者へ情報を提供することの政治的価値」というものに自ずと価値を高く見積もろうとするのであり、民主主義というイデオロギーほどこれに合致するものはないというわけ。

 これは、「経済における民主主義」としての「市場原理主義」でも同じことが言えるでしょう。

 つまり、マスコミ人士は、マスコミ人士というだけで、自分でも気づかないうちに
「反権力・反国家の民主主義イデオロギー」
 を持ち、
「既得権益を打破する市場原理主義イデオロギー」
 を持ち、これに「弱者救済的なセンチメンタリズム」のスパイスを加えた型を前提として、社会のあれやこれやを報じることになります。

 そして、それは大量の「大衆消費者」との結託の下、「国家」の信仰的な価値の合意をそぎ落としてゆくわけです。


 ◆


 あるいは今日、IT産業の発信力というものが大変な影響力をもってしまっています。

 IT産業は、公的な情報インフラ的な領域、マイクロソフトやアップルなどのディバイスの領域、グーグルやツイッターなどのプラットフォーム、アマゾンや楽天などのeコマースやコンテンツ配信などの対消費者など「対消費者」のネットビジネスまで枝分かれしています。

 ですから、その具体的な情報そのものは、マスコミ情報のように巨大な主体によって発信されていません。

 小規模から中規模のベンチャー企業たちの雰囲気が、主にその膨大な発信を方向づけている。

(※ネット上で、消費者一人一人の発言が集約されていると見るのは幻想で、ネット上の個人の発言はブログやツイッターなどのプラットフォーム上で行われている以上、そのプラットフォームの前提や雰囲気に支配されているのです.。もちろん、炎上すればその限りではありませんが)



 で、このIT産業の、各コンテンツを発信したり、プラットフォームを提供する企業の方向づけは、

「高度IT情報化への楽観」

 が大前提されているのです。

 そりゃあ当たり前の話で、自分がIT産業内で仕事をしているわけであるから、

「高度IT情報化はあんまりよいものではない」

 という見積もりで、IT産業の中でメシを食うことなど、気持ち的にできませんでしょう。

 そして、これはネット上の消費者との結託によって大前提されるわけです。



 この楽観がもたらす問題は、第一に

「徹底した個人主義」

 です。

 今日これは弱肉強食という意味での個人主義というよりは、「弱い人が可哀想とは思っているんです」というエクスキキューズは払いながら、

「個人のあーしたい、こーしたい」

 をより実現するのがIT情報化の価値であるという要素還元的な価値体系に集約されてきている。

 逆に言えば、「一人一人があーしたい、こーしたい」ということを実現することの価値を高く見積もれば高く見積もるほど、IT産業の価値も前提づけられることになりますから。



 「IT関係者も社会意識は高い人もいる」……とおっしゃるかもしれないが、その社会観そのものが方法論的個人主義を基礎に置く場合が多いので、結局のところ、
1「個人の選択を最終価値に置く社会意識」
 か、
2「一足飛んでグローバルな地球人類的価値を前提した社会観」
 か、
3「弱者救済のヒューマニズム」
 か、に集約されて、現実の「国家」「場所」「共同体の中の身体性」というものの価値が、徹底して一切排除、無視されることになる。


 そして、繰り返しますが、それは大量の「大衆消費者」との結託の下、「国家」の信仰的な価値の合意をそぎ落としてゆくわけです。


 ◆


 逆に、現実の「国家」「場所」「共同体の中の身体性」の価値に資するような産業……たとえば、運送業、土木建築業、農業、製造業、個人事業商店などは、その産業そのものに「発信力」は備わっていません。

 でも、実際の国家に必要なのは、そうした土地的、実質的、身体的な産業であるに決まっているのです。
(産業ではないけれど、そこには公務員を加えるべきでしょう)

 そして本当は、こうした産業に従事する人々の常識や慣習こそ、国家観、社会観として据えられるべき前提であるに違いないのです。

 でも、繰り返しますが、こうした産業には産業そのものの持つ発信力は低い。

 だから、そのギャップを埋めるのが、政府の統治の役割のひとつでしょう。

 つまり、今我々に必要なのは、「個人の選択肢を広げる」などということではなくって、こうした「実質的な産業」や「土地」へ個人を縛り付けておく統治を、国家、政府当局としてどう行っていくべきか……ということを個人として考えるという意味での個人主義なのです。



(了)


関連記事
スポンサーサイト

Category: 社会:IT、スマートフォン問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

ネイション・ステイツにおける政府の大事 


 我々が『国家』と思っている近代以降の国家は、『国民国家』=『ネイション・ステイツ』と言われます。

 ネイション・ステイツは、

 ネイション=国民

 ステイツ=政府

 と訳されたりもする。


 これで正しいのだけれど、時としてこういうふうに前提される場合が見られるのが、私は気になります。

 すなわち、

『ネイション(国民)を重んじるべきで、ステイツ(政府)を重んじるべきではない』

 というような。


 でも、別に、ネイションが国民で、ステイツが政府だからと言って、

「ネイションがイイモン」
 で、
「ステイツが悪モン」

 とか、そういうものではないはずなのです。


 そこらへんのところ勘違いしてはならないのではないでしょうか。

 もちろん、現在の日本政府組織のような政府=ステイツ(政府)は、この土地で生まれて死んでとする国民(ネイション)を保護するためにある。

 しかし、よぉく考えてみれば、そんなステイツという形式が必要なのは、一重に「世界が狭くなった」からでしょう。

 逆に、この地球上に日本だけしかないのであれば、強力な中央集権性を持った政府などいらないのです。

 封建時代で十分ですよ。

 でも、現実には、地球上は科学技術によってどんどん狭くなって、ステイツを維持しなければ、ネイションは溶けて流れてしまうでしょう。



 すると、

「ステイツ(大きくて強い集権的政府)」

 が必要だから、

「ステイツをこしらえられるような、ナショナリズム(国民的団結)が必要である」

 というベクトルも、同時に潜在していると考えられなければならないはずでしょう。



 つまり、

1「ネイション(国民の歴史)」のための「ステイツ(政府)」

 というベクトルがある一方、

2「ステイツ(政府)」のための「ネイション(国民の団結)」

 というベクトルがセットになった相互循環が、

『ネイション・ステイツ』

 という現象なのです。



 でも、「国民のための政府」はどちらかと言えば近代的なケンリを、「政府のための国民」は近代的なギムを要するものだから、

「ネイションのためのステイツなのだ(国民のための政府なのだ)」

 の論理ばかりが用いだされて、果ては

「ネイションは良いモノ」
「ステイツは悪モノ」

 というような姿勢が前提されてしまうようにもなりがちになるのではないでしょうか。


(了)


関連記事

Category: 経済:思想、政府の役割

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

脱・「既得権益の岩盤規制を打破」理論 


 今日、休憩時間中に「閉会中審査」をラジオで聞いた限りなのですけれど、安倍首相の

「既得権益の岩盤規制を打破」

 というお決まりのフレーズが聞こえてきて、吐きそうでした。



 加計学園問題そのものはつまんねー話だし、別に安倍首相を擁護しようが非難しようがいいですけれど、

「既得権益の岩盤規制を打破」

 という考え自体が、チープで、時代遅れの、民主主義者の考えだということは、いいかげん分かられて欲しいものです。



 そもそも、「各官僚組織」や「あらゆる既得権益」をそれぞれ扶養する以外に、どーやって具体的に国家という複雑で膨大なものを長期運営し、継続させようというのでしょう。

 各官僚組織、各既得権益を扶養しようとしないのなら(既得権益を打破するだけなら)、もう長期的に国家をやっていこうと思っていないのと同義というものです。



 それをどーして、竹中平蔵だか、NPOフローレンスだか、どこの馬の骨だか知れない

「民間議員の意見」
「民間の専門家の意見」
「民間法人の意見」

 とやらの力学が、

「国家の行政機関」

 へ、横から口を出してよいのでしょうか。

 民間議員や経済会、NPO法人のような連中は、別に「産業や業種を長期的に国家全体として回して行かなければならない」なんて考えませんよ!

 何故、そんな連中の口車に乗って官僚組織の敷く規制を取り払うことが良い……みたいな話を20年30年ずーっっと続けてきたのか。

 それは、おぞましくも、そーやって官僚組織から権限を剥奪した方が民主的だ……みたいな極めて安っぽい、大衆のゲロ処世が、膨大な背景としてあるからですよ!



 そして、安倍首相は、こうした大衆力学に対して致命的な「迎合」をいくつも犯してきました。

「既得権益の岩盤規制を打破」

 というフレーズと規制改革政策は、その大きな罪の一つです。



 でも、この路線で批判をする人ってほぼ皆無なのですよね!

 何故なら、みんながやりたいのは単に「政治家叩きで、普段冴えない自分でも瞬間偉くなったようなつもりになること」で、その一方、官僚もバカにしていたいから、みんなナチュラルに規制緩和論者であり、「国家戦略特区の制度自体が間違っている」という筋は意識の外だからでしょ。

 別に、「友達に利益誘導すること」なんかよりも、「大衆に迎合して既得権益を打破すること」の方がよほど首相としての罪としては重大だと思いますけれど!


(了)


関連記事

Category: 時事:加計学園問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

政治散文、エッセイということ 


 進撃の庶民様にて『安倍政権に対する態度について』というコラムを寄稿しました。


http://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12294393653.html


 気合い入れて書いたので、どうぞご覧いただければ嬉しいです。


 ◆


 それにしても世の中は複雑です。

 複雑な世界から、国家、政治、経済を抽出したとて、それでもまだまだ複雑です。

 そんな複雑なものについて自分で納得のいくようなことを言うには、それなりに色々な角度から論理を引いて総合しなければなりません。

 だから、「散文」で書くというのは、自分なりにこだわりがあってやっているのです。



 でも、アカデミックな文章じゃない「散文、エッセイ、試論」というのはどんなに素人でも書けるは書けるものですよね。

 下手をすれば小学生にだって書けるかもしれない。

 だから、散文は一歩間違えると、とてつもなくチープな文章なる。

 そして、「チープ」というのは一種の罪なのです。



 対して、アカデミックな文章は、アカデミックな文章であるという一事をもってそれなりの質は保証されるものでしょう。

 形式というものが、割合きちっとしていますから。

 そういう意味では、アカデミックな論理を学んだ方が、社会的に伝達するためには効率的なのです。

「あ、彼の書くものは一定の質が保証されているな」

 と一目瞭然になりますし。



 でも、世の中全体を網羅するためには、散文や対話という、より一般的で広い形式を取った方が都合が良いのです。

 また、私は「政治、経済に関心のある人」という範疇を越えて一般性をもって読まれ、あらゆる人を説得しうる「エッセイ」が書きたい。

 ただ、すると私の文章がチープではないということを保証するものは何もなくなるということになる。

 これは結構困ったことなのです。



 まあそれでも、どーにか安っぽくならないためにはどうすればよいか。

 それは、色々な広い知見からこれを総合する中で自分的な魅力を発揮するということです。

 ここで注意が必要なのは、これは別に最初から「自分を発揮しよう」とするのではないということ。

 広く、様々な角度の知見を蓄える位相ではほとんどニヒリストとも言えるドライな視点からこれを多彩に捉える必要があります。

 だから、さまざまな知見の一つ一つはアカデミックであるべきなのでしょう。

 でも、最終的にそれら一つ一つを繋ぎ合わせ、総合する時にあたって、ようやく自分が出てくるというふうなのが理想的であるということです。



 私はそんなふうな文章を書きたいと思っています。

 そして、そういう「説得的な散文」で人の心を動かし、魅了して、少しでも大衆を浄化したいと思うのです。

 ただ、そんなことは何十年かかっても人間の能力上どだい無理なことであるから、あくまで理想なのですけれど。


(了)
関連記事

Category: 日記:思考

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

結婚と死に別れについて 


 よくよく考えてみると、私は今32歳ですから、もう若くもありません。

 内蔵とか、明らかに弱くなったし。

 実際に会った人からは若く見られがちなのですが、それはたぶん所帯をもっていないから雰囲気が子供っぽいのでしょうね。



 そうだ。所帯と言えば、去年、私の妹が結婚したのですよ。

 で、我が一族は、父方も母方も

「兄弟姉妹の半分が結婚し、半分が独身」

 という法則で一貫しているから、妹が結婚した以上、私はおそらく生涯独り身なのでしょう。

 順当にいけば、ですけれどね。

 だから、死ぬときはさぞ寂しいのだろうな……という想像をするのです。

 いや、これはたぶん子供のときから想像していた気がします。

 すると、私は自分が結婚しない(できない)ということを子供の頃から察知していたということだから、別に妹が結婚したことのせいにしてはいけませんね。



 まあ、それはどうでもよいとして、自分の孤独死という将来を、私は子供の頃から割合真剣に考えていたのです。

 ただ、祖父母が死んでゆくのを見て、こういうことも真剣に考えるようになりました。

 すなわち、夫婦も、必ずどちらかは連れ合いに先立たれ、この世に残されるということです。

 当たり前のようですが、これは重大なことです。

 だって、だとすれば、「独り者の孤独死」という悲しい死のイメージは、仮にすべての人間が結婚する社会になったとしても、少なくとも人口の半分には当てはまることになるのですから!


(了)

関連記事

Category: 日記:思考

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。