07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 時事:加計学園問題 > title - 脱・「既得権益の岩盤規制を打破」理論      
  

脱・「既得権益の岩盤規制を打破」理論 


 今日、休憩時間中に「閉会中審査」をラジオで聞いた限りなのですけれど、安倍首相の

「既得権益の岩盤規制を打破」

 というお決まりのフレーズが聞こえてきて、吐きそうでした。



 加計学園問題そのものはつまんねー話だし、別に安倍首相を擁護しようが非難しようがいいですけれど、

「既得権益の岩盤規制を打破」

 という考え自体が、チープで、時代遅れの、民主主義者の考えだということは、いいかげん分かられて欲しいものです。



 そもそも、「各官僚組織」や「あらゆる既得権益」をそれぞれ扶養する以外に、どーやって具体的に国家という複雑で膨大なものを長期運営し、継続させようというのでしょう。

 各官僚組織、各既得権益を扶養しようとしないのなら(既得権益を打破するだけなら)、もう長期的に国家をやっていこうと思っていないのと同義というものです。



 それをどーして、竹中平蔵だか、NPOフローレンスだか、どこの馬の骨だか知れない

「民間議員の意見」
「民間の専門家の意見」
「民間法人の意見」

 とやらの力学が、

「国家の行政機関」

 へ、横から口を出してよいのでしょうか。

 民間議員や経済会、NPO法人のような連中は、別に「産業や業種を長期的に国家全体として回して行かなければならない」なんて考えませんよ!

 何故、そんな連中の口車に乗って官僚組織の敷く規制を取り払うことが良い……みたいな話を20年30年ずーっっと続けてきたのか。

 それは、おぞましくも、そーやって官僚組織から権限を剥奪した方が民主的だ……みたいな極めて安っぽい、大衆のゲロ処世が、膨大な背景としてあるからですよ!



 そして、安倍首相は、こうした大衆力学に対して致命的な「迎合」をいくつも犯してきました。

「既得権益の岩盤規制を打破」

 というフレーズと規制改革政策は、その大きな罪の一つです。



 でも、この路線で批判をする人ってほぼ皆無なのですよね!

 何故なら、みんながやりたいのは単に「政治家叩きで、普段冴えない自分でも瞬間偉くなったようなつもりになること」で、その一方、官僚もバカにしていたいから、みんなナチュラルに規制緩和論者であり、「国家戦略特区の制度自体が間違っている」という筋は意識の外だからでしょ。

 別に、「友達に利益誘導すること」なんかよりも、「大衆に迎合して既得権益を打破すること」の方がよほど首相としての罪としては重大だと思いますけれど!


(了)


関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事:加計学園問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

加計問題の真実、総理大臣名で「公示」を出している、(H29年1月4日)「H30年開学、一校に限る」ここで決まり
http://ginga-uchuu.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-202.html

#- | URL | 2017/07/26 10:19 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/396-f94967fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)