04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

  TOP > CATEGORY - 経済:デフレ問題       
  

名目成長率0で実質成長率が0.5でデフレだなあ……というだけのこと 

 昨日18日に、内閣府が2017年1~3月期のGDP速報値を発表しました。

「名目成長率は前期比マイナス0.0%」

「実質成長率は前期比プラス0.5%」

 だそうです。


工業



 これは直近の3ヶ月間のGDPが、前の3ヶ月に比べてどれだけ伸びたか?……ということだから、いちいち年率に換算されたりします。

 だから、

「年換算すると実質は2.2%伸びたよ」

 というふうに報道される。
 ので、ワケわからんふうになる。


・GDP実質2.2%増 1~3月年率、輸出けん引
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS18H0G_Y7A510C1MM0000/

・GDP1─3月期年率+2 .2%、5期連続のプラス成長
https://newspicks.com/news/2250312



 ・



 それから、

「実質」成長率というのは「物価変動を加味したGDPの前期比較」

 という意味。

「名目」成長率というのは「額面どおりのGDPの前期比較」

 という意味です。



 だから、「名目成長」=「普通にお金の額面どおりの成長率」でいけば直近の三ヶ月はゼロ成長だった。

 でも、物価が下がったから、物価を勘案すれば(実質では)0.5%伸びた……ということなのです。



 つまり、「デフレ」ということ。

 事実、

「GDPデフレーターは前年同期比マイナス0.8%で3四半期連続でマイナス」

 だそうです。



 ・



 これを、

「デフレで下駄を履かせてもらっているから楽観できない」

 みたいに言う人がいますが、それはまだまだ楽観です。

 何故なら、

「デフレ」
 =
「物価が下がる状態が続くこと」
 =
「実質成長率が名目成長率を上回るのが続くこと」

 そのものが問題だからです。

 まだまだ、あたかも「名目より実質の方が重要かのごとき誤解」を大前提する振る舞いは、みんなの思想にこびりついているように見えます。



 でも、大事なのは、物価を加味しない額面どおりの『名目成長率』の方なのです。

 すなわち、「物価を加味しない額面どおりの名目成長率」が「物価を加味した実質成長率」を上回ることなのです。



 ・



 ただ、厄介なのは、「金融緩和さえしときゃデフレは克服できるという前提で、財政出動には消極的な連中」=「リフレ派」も、「名目成長が大事」という線までは言うということ。

 直近で失敗しているので現今リフレ派はもう死に体ですが、リフレ派は「ちょっとしたら復活する」というしぶとい性質があるので、警戒が必要です。

 実質で成長すりゃあいい……という誤解は「デフレは問題ではない思想」の問題で、これはリフレ派の問題とはズレる。



 たから、デフレ克服の敵は、

1「経済成長はもうできない派(リベラル)」

2「デフレは問題ではない派(経済学者)」

3「金融緩和さえしときゃ良い派(リフレ派、ホシュ)」

 などなど多様にあるという理解が必要になってきます。

 彼らは「政府は無駄遣いするに決まってる」という不況時の大衆的反政府的気分を、代わる代わるに代表するのであり、だからこそ適切な財政政策が施されずデフレが長期化しているわけです。

 そう考えると、日本人は自業自得でデフレで苦しんでいるのであり、まさに「ザマーミロ」という話なのですが、これからの若者のことを考えるとそうも言っていられないですね。



(了)

スポンサーサイト

Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

藤井聡教授のフィナンシャルタイムズ訳から読みとく~赤字財政拡大でアベノミクスは成功する 

 京都大学の藤井聡教授が以下のような記事を書かれております。


・英FT紙はなぜ「プライマリーバランス亡国論」を日本に警告するのか?=内閣官房参与 藤井聡
https://www.google.co.jp/amp/www.mag2.com/p/money/226316/amp

 内容は、イギリスのフィナンシャルタイムズのコラムが『 静かな、しかし実質的なアベノミクスの成功』と題して指摘する「アベノミクスの評価と不足箇所」を紹介するものでした。

 結論を言えば、「アベノミクスの不足箇所」とは、ひとえに「財政拡大の不足」ということです。

 つまり、

「政府がもっと借金をしてお金を使っていればアベノミクスは大成功してたんじゃね?」

 ということを、フィナンシャル・タイムズが指摘していたのです。




 そもそもアベノミクスは当初、「三本の矢」と言われて始められました。

 そのうち「第二の矢」というのはまさにその「財政出動」……つまり、「政府がよりカネを使うこと」であった。

 しかし、フィナンシャルタイムズの述べるところでは、

「政府の支出するお金がこれじゃ全然足りん。だから(そこそこ効果は出ているものの)アベノミクスは微妙な感じになっているのだ」

 というふうに言っているわけです。



 実際、第二次安倍政権成立以降、財政拡大と言える予算は2013年度だけです。

 2014年度以降は、当初予算こそ微増であるものの、補正予算の方は抑制され、年間の支出規模は総じて抑制されている。

 デフレを脱却しようという時に、これは明らかな支出不足です。

 だから、アベノミクスの問題は「金融緩和のやりすぎ」ではなく、「財政拡大のやらなすぎ」にある。

 そういう話なのです。


 ・


 では、何でこのような「財政支出の不足」が起こっているか。

 それは、日本政府が「愚かで場当たり的」な「財政均衡」にこだわっているからだと、フィナンシャルタイムズは指摘します。

 すなわち、年間の政府の「支出」を「収入」のぶんだけに抑えようとする思想が、結果として「政府支出の不足」を起こしていると言っているのです。



 ちなみに、この
「年間の政府の支出を収入のぶんだけに抑えようとする目標」
 を、
「プライマリーバランス目標」
 と言います。

 年間の支出が、年間の収入とピタリ一致して、プラス・マイナスゼロになれば、目標達成というわけです。

 このプライマリーバランス目標を、政府は2020年までに実現すると言ってきました。



 しかし、このプライマリーバランス目標実現のために「政府支出の拡大が抑制されてきた」ことが、アベノミクスにおける最大の癌(ガン)だと、藤井教授は訴えます。

 そして、フィナンシャルタイムズは、こうした目標によって政府の支出権限を制限するのは、「愚かで場当たり的」な対応であると非難しているのです。

 つまり、プライマリーバランス目標を撤廃することが、アベノミクスを真の成功へ導く第一歩なのです。

 逆に言えば、プライマリーバランス目標が存在する限り、適切な財政出動が不可能になり、デフレを克服することができず、故に税収も伸びず、プライマリーバランスそのものも毀損されてしまうでしょう。


 ・


 これらは安倍政権そのものがどうであろうと、別問題の厳然たる事実です。

 政府が赤字と借金を恐れずに「財政支出拡大」をしさえすれば、安倍政権の是非は別としても、アベノミクスは成功するのです。


(了)


Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

「国債が破綻する論(デマ)」のモチベーションは反政府 


 日本の国債が破綻する……という流言飛語は、大衆の反政府的なモチベーションが元にあります。

 この「国債が破綻する」というデマは、私が中学の二年か三年の時、小渕政権の頃から言われていたことです。笑っちまいますが、ほんとうにその頃から「あと~年で国債は破綻する」と言われていたのです。
 私も高校生くらいまでは「そんなもんかなー」っと思っていましたが、20歳くらいになると、これは「大人のウソ」だということがわかった。

 そもそも、大人というのは国家を嫌い、政府のことはもっと嫌う性質を持つものだということは、小学生の頃から知っていました。
 大人たちは「処世」として、あるいは世の中で傷ついた心を「癒す」ために政府を嫌う。
(※でも、影に「そこから超然とした政府の人」がいるから日本は回っているのだと思っていましたが、それは勘違いでした。その頃にはそんな立派な存在は多分なく、単なる慣性によって社会が回って、政府を含めた全員が政府を嫌い、順当に没落してゆくという段階にあったに違いないのです)


 国債が破綻する……という流言飛語も、その一形式です。

 世の中で流通している最もメジャーな反政府的形式は、

「政府(権力者)は、国民の税金を無駄遣いしている!」

 というものです。

 で、国債が破綻するということにしておけば、「政府が無駄遣いをしている」という糾弾の一根拠にすることができてメシがうまいというのが一つある。


 さらには、これは「政府を制限する」という民主主義的なイデオロギーとも関係があります。

 すなわち、「国債が破綻する(デマ)」を言うことで、「政府機関の支出を制限する」ことが民主的に可能というわけです。


 で、一方、現代は嫉妬を祖にしたデマに踊る大衆による民主主義の時代ですから、「政府をやる人」も「政府権力を制限する振る舞い」をやらねば存立しない。

 だからほぼ無自覚的な処世術の一つとして、「国債は破綻する」→「政府は財政規律を守らなければならない」という型が「社会人」として身に付くのです。
 これは、上から下、右から左まで全員そうなのです。


 本当は、もっと国債を発行して、もっと財政を支出して、政府需要によってお金の回転スピードを上げれば、そのスピードに準拠した民間投資と消費が信用創造(民間の借金)と共に少なくともデフレくらいは克服でき、それなりの経済力は維持できたはずです。

 でも、一瞬間一瞬間の社会人たちがそんなふうに考える思考回路を持たないことも、この十年くらいで痛いほど理解しました。

Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

デフレと世代間格差 


 少なくとも短期的に、日本国家が経済でやるべきことは、以下のふたつだけでいい。

1「国債をもっとたくさん刷って政府支出を拡大し、赤字財政を拡大すること」

 と、

2「保護貿易=国境に経済取引の障壁を設けて国内産業を保護すること」

 です。

 デフレで民間が投資をしないなら、政府が金を刷って政府が使い、お金の流れを多くしたら民間も投資する……というふうにやる以外道はないのです。
(※「政府が使う」というところが最重要ですよ!)


 でも、みんな(政府をやっている人たちすらも)政府が経済的に統治権力をより振るうことを悪いことだと思っているから、あーだこーだ言って結局これをやらない。

 帰結としては、今の大人がキレーごとで政府を嫌って、これから就職する20代前半の若者たちの「席」が減るという話になる。
 仮に「席」を掴んだとて、それは奪い合いの席であり、さらに席を維持するためにはまた「需要の奪い合い」を目的とする生に帰着せざるをえない。
 つまり、この日本という正統なる世界観の下、協力と共同に帰着することがほぼ不可能な社会状況を若者に提出することになる。

 でも、若者にはそんなことを判断したり論じる能力はないから、大人は別に咎められることもなく「政府嫌い」のキレーごとを言いつつ社会で身分を維持して、自分の生存期間内でできるだけ快楽を多く、苦痛を少なく生きるという方針をまっとうできてこりゃラッキーというわけです。
(※この計算を、大人は無自覚にやっているに違いないのです)
 その上、「今の若者にはハングリーさがたりない」とかなんとかいけしゃあしゃあと威張ってくるわけで、そーういーのは本当にぶち殺したくなったものです。

 今30代前半の私は、ちょうど十年ほど前20代前半で、そのころ「そーゆーゲロクソ的な大人にだけはなりたくない!」と心に固く決意した覚えがあります。

 でも、多分。
 今の30代は、かつての30代の大人以上に現在の20代の若者を殺しているに違いないということを考えると、ほんとうにツラい。
 今の30代は、自分が殺されたからと言って後の20代を殺して良いと思っているのみならず、「殺す方がためになる」とすら思っているフシがある。



 もし、世で言われている「世代間格差」のうち「不平、不満をぶつけるのに正当な理由のある世代間格差」があるとすればこれでしょう?

 つまり大人たちの国家嫌い、政府嫌いによって悪化したデフレです。

(※少子高齢化を軸に世代間格差を言う流れがあったけれど、そんなのは全然まとハズレです。少子高齢化なんてたいして世代間格差なんて作りだしてないし、もし仮に少々問題はあったとしてもそれは仕方のないことであり、その不平不満に正当性はないでしょう)



 私はもう30代であるから、今の20代前半の若者たちの「席」を憂慮する立場で、再びデフレというものを真剣に考えるべきだと昨今は強く思うのです。

Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

政府の赤字財政を拡大するには「公共土木事業を増やす志向」と「税率を上げない志向」がある 


 まず、

1
「デフレの時には赤字財政を拡大しなければならない」

2
「少なくとも日本の中央政府の国債が金融的に破綻する心配はない」

……という2点は大前提にします。




 でも、そのことが認められても、これには以下の二つの志向が論理的に考えられます。

 1つは、
「税率を上げない」
 という志向。
 あるいは、減税の志向です。

 対して、2つめは
「公共土木事業を増やす」
 という志向。



 これは「両方やれば良い」とおっしゃる方もおられるだろうし、私とてそうは思いますが、『どちらがより重要であるか』という認識は、しっかり持たれていなければなりません。


 これはすなわち、税金を増やさないことなんかより、『政府が公共土木事業の支出を増額すること』の方が、デフレには百倍重要なことなのです。



 ここを、単なる「税金を上げない論」に終始してしまうと、単なる「財務省悪玉論」と単なる「金融政策論」に抱きつかれてしまいます。

 すると、結局、政府の公共土木事業の支出は拡大されず、ゆえにデフレは克服できないということになる。

 そして、デフレという短期の問題を克服しない限り、日本のいかなる長期的なことも実現不可なのです。


 でも、ずいぶん前からもう誰も本気で日本をやっていこうと思っていないということは百も承知ですから、またみんなはぐらかすってことくらいわかっていますけれど。




Category: 経済:デフレ問題

tb 0 : cm 0