09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

  TOP > CATEGORY - 政治:政治制度改革批判       
  

政治制度改革と安倍政権 

 今、安倍政権論を用意しているのですが、その中で一つの重要な腐食の根源地だと思われるのが、政治制度改革だと考えています。


 昨今、安倍政権の問題として言われるのが、

「自民党における党執行部の権力の増大」

 という話です。

 色々省きますが、これは問題なのです。

 一部では、
「腐った自民党にとらわれずに安倍さんが保守っぽいことを断行してくれている」
 というような保守派もいますが、これは間違っています。

 第一、安倍政権の保守っぽい政策は別にサヨクに見せつけるためのお題目的なものばかりで、事実上意味をなさないものがほとんどなのです。
 事実上意味をなさないものについて保守っぽいから反抗しているのがリベラルであるなら、事実上意味をなさないものについて保守っぽいから信任しているのが保守ということになる。

 で、さらに言えば、保守っぽい人も「自民党の構造」というのが嫌いな人が多いから、首相が何か断行している感を醸すことそのものがスッキリするわけです。

 これは小泉改革と同じ構造で、安倍首相の場合、「保守っぽさ」を小泉元首相より多く醸しているというだけです。

 事実上意味をなさないものを断行するのに、さらに「自民党の構造」を蔑ろにするというのは、その時点でよろしくないと思われます。

 何故なら、私は「自民党の構造」は大切だと思うからです。

 さらに言えば、日米構造協議以来の「構造改革路線」の「断行」も、その裏でひっそり続けられてきた。


 ただ、これらは安倍首相だけの問題ではないということも確かなのです。

 例えば、現在内閣が自民党の構造を無視できるのは、先程も言った通り、党執行部の力が相対的に上がったから。
 これは小泉首相時代から同様のことです。

 では何故、党執行部の力が強くなったかと言えば、政治資金規制法と政党助成金によって党議拘束される力が強まり、自民党議員が派閥より党執行部の顔色を窺わなければならなくなったからでしょう。

 政党助成金については、

「国民の税金で政党を養うなんて!」

 的な批判は多くされましたけれど、「自民党の派閥や族議員を疲弊させる」という批判はあまりされていなかったように思いますよ。
 みんな自民党の派閥政治や俗議員を「悪者」扱いしてたじゃないですか。

 この大衆力学がなかったかのように、事を安倍晋三個人の問題に集約するのは卑怯ですよ。
 だってそもそもは、政治制度改革とその方向性の継承で、みんな間違ったキレー事を言い続けてきた結果がこれなんですから。
(※安倍首相個人の人間性に問題があることも否定しないけれど)


 すなわち、(小選挙区制度の問題はまたやりますけれど、)「政治制度改革」というもののなれの果てが小泉首相を産み、同じ構造で安倍首相が元気を出しているという話なのです。

 だから、この政治制度改革の反省なくして、安倍政権の反省はできない。

 言い方を変えれば、「政治制度改革」に蔓延る民主的な「思想」を反省する意味合いで安倍政権を反省するという筋道を立てなければならないのであって、単なる「安倍憎し」では意味がないということでもあるのです。



スポンサーサイト

Category: 政治:政治制度改革批判

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0