07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

  TOP > CATEGORY - 社会:IT、スマートフォン問題       
  

IT産業の発信力 

 産業ごとにいろいろな特質のあることは、経済全体を考える上でも忘れてはならないことでしょう。

 今日は、発信そのものを生業とする産業が元から持つ発信力というものは、やはり他の産業とは違うということを考えたいと思います。


 ◆


 たとえば、マスコミ産業は、大量の消費者に対して情報を発信することが生業だから、その発信にはマスコミそのものの価値や社会観を下支えするような発信に、どうしてもなります。

 だから、そもそもマスコミの問題において「在日がどう」など、そんなのは小さな話なのです。

 じゃあ、何が大きな問題かと言えば、たとえば、「マスコミの価値を高く見積もろう」という潜在意識は「民主主義の価値を高く見積もろう」という潜在意識と絶対に関係がある……というような現象的な問題が、問題なのです。

 だってマスコミで働いている人は、マスコミで働いているんですから、マスコミというものの価値が高いと思っておきたいに決まっているのであり、すると、「大量の消費者へ情報を提供することの政治的価値」というものに自ずと価値を高く見積もろうとするのであり、民主主義というイデオロギーほどこれに合致するものはないというわけ。

 これは、「経済における民主主義」としての「市場原理主義」でも同じことが言えるでしょう。

 つまり、マスコミ人士は、マスコミ人士というだけで、自分でも気づかないうちに
「反権力・反国家の民主主義イデオロギー」
 を持ち、
「既得権益を打破する市場原理主義イデオロギー」
 を持ち、これに「弱者救済的なセンチメンタリズム」のスパイスを加えた型を前提として、社会のあれやこれやを報じることになります。

 そして、それは大量の「大衆消費者」との結託の下、「国家」の信仰的な価値の合意をそぎ落としてゆくわけです。


 ◆


 あるいは今日、IT産業の発信力というものが大変な影響力をもってしまっています。

 IT産業は、公的な情報インフラ的な領域、マイクロソフトやアップルなどのディバイスの領域、グーグルやツイッターなどのプラットフォーム、アマゾンや楽天などのeコマースやコンテンツ配信などの対消費者など「対消費者」のネットビジネスまで枝分かれしています。

 ですから、その具体的な情報そのものは、マスコミ情報のように巨大な主体によって発信されていません。

 小規模から中規模のベンチャー企業たちの雰囲気が、主にその膨大な発信を方向づけている。

(※ネット上で、消費者一人一人の発言が集約されていると見るのは幻想で、ネット上の個人の発言はブログやツイッターなどのプラットフォーム上で行われている以上、そのプラットフォームの前提や雰囲気に支配されているのです.。もちろん、炎上すればその限りではありませんが)



 で、このIT産業の、各コンテンツを発信したり、プラットフォームを提供する企業の方向づけは、

「高度IT情報化への楽観」

 が大前提されているのです。

 そりゃあ当たり前の話で、自分がIT産業内で仕事をしているわけであるから、

「高度IT情報化はあんまりよいものではない」

 という見積もりで、IT産業の中でメシを食うことなど、気持ち的にできませんでしょう。

 そして、これはネット上の消費者との結託によって大前提されるわけです。



 この楽観がもたらす問題は、第一に

「徹底した個人主義」

 です。

 今日これは弱肉強食という意味での個人主義というよりは、「弱い人が可哀想とは思っているんです」というエクスキキューズは払いながら、

「個人のあーしたい、こーしたい」

 をより実現するのがIT情報化の価値であるという要素還元的な価値体系に集約されてきている。

 逆に言えば、「一人一人があーしたい、こーしたい」ということを実現することの価値を高く見積もれば高く見積もるほど、IT産業の価値も前提づけられることになりますから。



 「IT関係者も社会意識は高い人もいる」……とおっしゃるかもしれないが、その社会観そのものが方法論的個人主義を基礎に置く場合が多いので、結局のところ、
1「個人の選択を最終価値に置く社会意識」
 か、
2「一足飛んでグローバルな地球人類的価値を前提した社会観」
 か、
3「弱者救済のヒューマニズム」
 か、に集約されて、現実の「国家」「場所」「共同体の中の身体性」というものの価値が、徹底して一切排除、無視されることになる。


 そして、繰り返しますが、それは大量の「大衆消費者」との結託の下、「国家」の信仰的な価値の合意をそぎ落としてゆくわけです。


 ◆


 逆に、現実の「国家」「場所」「共同体の中の身体性」の価値に資するような産業……たとえば、運送業、土木建築業、農業、製造業、個人事業商店などは、その産業そのものに「発信力」は備わっていません。

 でも、実際の国家に必要なのは、そうした土地的、実質的、身体的な産業であるに決まっているのです。
(産業ではないけれど、そこには公務員を加えるべきでしょう)

 そして本当は、こうした産業に従事する人々の常識や慣習こそ、国家観、社会観として据えられるべき前提であるに違いないのです。

 でも、繰り返しますが、こうした産業には産業そのものの持つ発信力は低い。

 だから、そのギャップを埋めるのが、政府の統治の役割のひとつでしょう。

 つまり、今我々に必要なのは、「個人の選択肢を広げる」などということではなくって、こうした「実質的な産業」や「土地」へ個人を縛り付けておく統治を、国家、政府当局としてどう行っていくべきか……ということを個人として考えるという意味での個人主義なのです。



(了)


スポンサーサイト

Category: 社会:IT、スマートフォン問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

SNSをやめよう(後編) 


 SNSは、「膨大な近代社会の中でバラバラな個々を情報ネットワーク化するサービス」という前提の時点で、その俗悪性を決定付けています。

 これはすなわち、「疎外者」として土地から浮遊した個体が「群れる」ことを前提したシステムだということ。

 土地から浮遊した疎外者であることそのものは近現代人として生まれた以上やむをえないにせよ、「土地から浮遊した『粒』の疎外者として慣れ合って群れる」のはイコール人間の死を意味します。

 それは、労働資本としての歯車に堕すということのみならず、「自分が好んでこう選ぶ」という部門においてすら歯車として選び、振る舞うという意味において死以下の地獄なのです。

 そして、そのゾンビの群れが「大量」であればあるほど社会的な価値が付与されるというわけで、そうしたもの全体の醜さはいわば魑魅魍魎の類に等しいのです。


前回:『SNSをやめよう』(前編)

↓ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 政治ブログへ

ぶら下がり




 さらにおそろしいのは、こうした「不特定の社会ネットワーク」の「形式」を、「既存の生活民」がありがたがって真似し始めるということです。

 それはあたかも、地方の人間が自分達の生活の価値に無自覚で、いたずらに東京モンのやり方を真似る……といったような力学と同様です。



 そもそも、ほんの十年ほど前まではSNSに限らずネット社会上で個人が実名を名乗ったりなどはしなかった。

 実名を名乗るのは著名な人間に限られていたし、それはメディア露出の一貫に過ぎなかった。

 しかし、昨今はそのへんの素人が実名でSNSをやるようになって久しい。

 これで「匿名性が解消されてネット上の無責任な発言が抑制できる」とするのは、ネット社会視点の近視眼というものでしょう。

 と言うのも、個々の生活視点でいけば、これは「生活上の私」の意識そのままでネット社会へ入ってゆくことに他なりません。

「生活上の私」と「ネットの私」

 の間に一線が画されていれば、まだ「生活上の私」がネット社会の論理に取り込まれる領分は少なかった。

 しかし、LINEなど生活上の繋がりの中でネットへのアクセスが求められるようになり、その生活上の繋がりの輪がネット社会の論理へ組み込まれてしまうことになる。



 たとえば、twitterやFaceBookなどで会社や学校の仲間と繋がったとしましょう。

 すると、その「生活上の繋がり一単位」は、「フォロー数」や「友達数」「リツイート」「シェア」の社会論理の中に放りこまれるわけ。

 人間「個人の価値意識」は、強く「身近な生活的繋がり」の中に埋め込まれていますけれど、その「生活的繋がり」の中の価値意識が「SNS社会の価値意識」に組み込まれる。

 ということは、ほぼ無自覚的に「個人の価値意識」も「SNS社会の価値感覚」に取り込まれてゆくということも意味しますでしょう。

 たとえば学生の仲間うちで「フォロー数1万」の知らないおじさんをありがたがったり、会社での話題がいつもSNSで数を動員したニュースをなぞっていたり……といったような。

 そして、その仲間内の価値基準が、個人の価値基準を強く前提づけるのです。

 現代人はともすれば、自分の強く取り込まれているSNSで騒がれていることが、世の中の相当部分を反映しているという錯覚さえ覚えるようであります。

 つまり、まだ生活的、共同体的なものへ組み込まれていた価値ある層の国民が、「ネット上で数を動員できるもの」の「大量」の価値感覚へ、より強く取り込まれていってしまうということです。



「それはテレビやラジオ、新聞と同じじゃないか」

 という反論も聞こえてきそうだが、テレビやラジオは一方で「国民的~」の意識を醸成するだけまだプラスの面もあったかもしれないのです。(とは言えマスメディアは低劣なものですけれど)

 が、インターネット、SNSは、ユーザーが細分化されて、ヘタに「選択性」と「多様性」が出てしまっているから、「国民的~」の意識をすら醸成しない。

 そして、「国民的~」から逃れられている分、「個人」が「グローバルな世界」で選択しているような雰囲気に包まれてしまうという力学も、紛れもなく存在すると思う。



 ・


 もちろん、昨今はSNSとてまったく使わないというわけにもいかない世の中だからある程度は仕方ないかもしれません。

 しかし、少なくともこれがそういう俗悪なサービスであるということは自覚しながら利用するなら利用すべきでしょう。

 それは、ビッグデータとか個人情報とかの社会的な問題以上に、本当に個人が個人としての思想や心を大切にするためにも必要な観点だと思うのです。


(了)

……という記事を「SNSでシェアしてください」と頼まなければならない性質上、やはりブログも不健康なんでしょうね。
よろしければツイート、シェアのご協力お願い致します↓

Category: 社会:IT、スマートフォン問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

SNSをやめよう 

「タッチパネルじゃないのはグローバル市場から見ると日本市場のガラパゴス化だ!」

 ……などというグローバル企業と経済ジャーナリズムのゴリ押しキャンペーンによって、大量の大衆から「選好」(?)されていったスマートフォン。

 それと共にTwitterやFaceBook、インスタグラムなどのSNS(ソーシャルネットワークシステム)の利用も急激に増えていきました。

 しかし、昨今では「SNS疲れ」などということが言われたりもしているそうですね。

 事実、冷静な生活的個人としてこれを外から見れば、SNSに溢れるゴミ溜めのごとき通信や情報ほどおぞましいものはない……と感じる場面は多々あるでしょう。



フラミンゴ



 そもそもSNSに限らず、高度情報化は、

A「生活上の便宜で通信する私」

 というところから、

B「不特定な個人として通信する私」

 というところまでその領域を広げてしまいました。



 例えば、このブログを書く私は、みなさんからすると不特定の個人でしょう。

 また、私からしても、みなさんは本来通信の前提としてあるべき「生活的繋がり」の無い、不特定の個々であります。

 つまり、不特定の個人として、不特定の個々へ情報を提示しようと試みているのがブログというものの振るまいなのです。



 で、このような

「不特定の個として情報にアクセスし、不特定の個々と繋がりを持つ私」

 というのは、めちゃくちゃ「大衆人」の性質を保有するものなのです。



 というのもブログを書く私や、読むあなたは、今この瞬間は土地性、生活性、身体性から浮遊しているでしょう。

 このように浮遊したバラバラの自意識を「大衆人」というのであり、それが砂鉄のように大量に群れる現象を「大衆現象」と言うのであります。



 ですから、ブログというのも実はそういう邪悪さを持ったものなのです。

 だから私は去年、それなりに大事に思ってきたこのブログをもうやめてしまおうかとも思っていたのであります。

 ただ、IT社会化をどれだけ憎んでも、今日に至っては現代人としてIT社会化から逃れられないようです。

 それは、車社会から逃れられないのと同じごとく逃れられないのであり、いわば徴兵のようなものでしょう。

 そして、ブログというのはSNSに比するとまだマシだと思われるところもあったので、こうして再び書き出しているというわけです。



 ちなみに、「ブログのマシなところ」とは、いわばこれが自分の「城」であるという点です。

 ブログを書く私は、土地や生活から浮遊してはいるものの「群れる」必要はないでしょう。

 その点、まだマシである可能性を残しているんです。


 ◇◆◇◆◇


 対して、SNSは、いわば「とりわけ男女の出会いを想定しない出会い系」のようなものです。

 そもそも男女関係に関してならば、「出会い系」や「街コン」などの不特定多数の大衆市民的文脈は軽蔑されるものとして想定されるでしょう?

 当然、地元の繋がりや学校、職場といった生活上の文脈から発生した男女関係の方が正当で上等な関係に感じられるはず。

 でも一方で、みんな「社会的なネットワーク」をSNSの「出会い系的システム」で構築することの大衆市民性をおぞましく感じない様子なのは、まったく不思議なことです。



 本当にそこらへん、よくよく考えてみていただきたいのです。

 例えば、恋愛において考えれば、土地や生活や身体性の「あらかじめの前提(運命)」から延びた文脈がなければ、実のところなんらの官能性すら生じないことは明白でしょう。

 それと同様、「社会的なネットワーク」というものも、土地や生活や身体性の「あらかじめの前提(運命)」から延びた文脈がなければなんらの活力も生じないに決まっているのです。

 運命から浮遊した個々の過剰な馴れ合いは、「馴れ合いそのもの」が目的化する他なく、偽善や欺瞞、あるいは偽悪やニヒリズムに堕落してゆくのは火を見るより明らかでしょう。

 それは、出会い系や街コンで知り合ったカップルほどわざとらしく「好き」を強調しなければならなくなるのとほとんど同じことなのです。



(つづく)

Category: 社会:IT、スマートフォン問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

ネット言説は「評論家の劣化バージョン」なのか? 

 昔は、「評論家なんてのは、いかがわしい連中だ」というのは、生活民の常識だったそうな。

 そりゃあもっともで、普通に生きていれば評論家になんてならずに済むのであるし、第一、評論家がどのようにして成り立つかを考えてみれば、すぐに察しがつく。

 と言うのも、評論家という生業は、どう考えても「数」を動員しなければ成り立ちませんでしょう。

 そして、もともとの「権威」というものの代替として「数」に価値の移る力学が、大衆社会における重大な悪弊の一つでもあったのでした。

 だから、「評論家はいかがわしい」という生活民の常識はおおむね正しいと見ておくべきなのです。


20170511145915c36.jpg


 そもそも、世の中に影響を与える者は、正統な権威というものが背景にあらねばならない。

 これは人類普遍の大原則です。

 影響を与えるということは「良い影響」と「悪い影響」があるわけで、それが「良い影響」であるための最終的な根拠はその地域における時間的な「慣習」と「権威」以外にないのですから。

 つまり、本来「政治的な領域への発言権」は、その地域における「暴力を祖に持つ特権階級」にのみ、付与されているべきものなのです。

 これは日本で言えば、かつての武士階級ということになるでしょう。

 で、世界が狭くなり、日本は近代化へ向かい150年以上たったわけですが、それでも可能な限りこの一大原則は保守されていなければならない……というのは日本生活民としての「底流の常識」としてあった。

 だから、維新後の政府、やむをえずしつらえた議会、官僚制度、経済制度、昭和期の軍組織を背景とした政府、戦後の「地方の既得権を背景とした自民党」と「中央官僚」という政治体制……などなども、

「暴力を祖にもつ特権階級……を祖にもつ権力」

 だったのです。


 ・


 これに対して、都市大衆市民の「不満」などに迎合して数を動員する存在が、評論家などのいわゆる「知識人」であった。

 評論家、知識人という職業は、地方や共同体や市民社会、産業社会に適合しないハグレ者が、わずかな知識を糧に生活したりチヤホヤしてもらうための一方策であった……と表現することもできます。

 この場合、 彼らを生活的に埋め込む人間組織は非常に希薄で、「暴力を祖にもつ特権階級……を祖にもつ権力」の体系からは一見して超然していることが多かった。

 哲学用語で言えば「疎外」の状態。

 疎外された知識人は「暴力を祖にもつ特権階級……を祖にもつ権力」と「被権力者たちの生活」を外から眺め、そこに「偏見(道徳)」と「矛盾」を指摘し、人々をびっくりさせ得意になっていたわけです。

 こういう「びっくり」によって、生活民の中から大衆性を喚起し、「偏見(道徳)」や「矛盾」や「権力」を打ち破ろうとするのが知識人のメジャーなスタイルであった。

 評論家、知識人がロクなものではないというのは、論理的に解釈すればこういうことなのであります。


 ・


 しかし、平成に入り「暴力を祖にもつ特権階級……を祖にもつ権力」 もいよいよ滅ぼされてしまった。

 政治制度改革と小泉純一郎によって自民党が壊され、行政改革によって官僚組織が壊され、その他構造改革で産業と地方が壊されて……と、日本の人間組織はもはや焼け野原といったザマです。



 これはまったくかつての評論家、知識人たちが望んだ状況でしょう。

 例えば、丸山正男の『であることとすること』という低劣な評論を高校で習いますね。

 上の「平成の諸改革」はまさにこの丸山正男の言う「すること」の社会を目指すために「であること」を破壊するものであった。

 言い換えれば、こうした知識人によって「啓蒙」された世代が社会の責任あるポジションにつくようになったのが平成という時代であり、平成の失われた30年は「ほんとうにその通りにやればこのような失敗が起こる」という順当なことが起こったにすぎないとも言える。

(加えて言えば、この世代は自分が国家社会のリソースの恩恵をたっぷり受けておきながら、なんら感謝の情もないだけではなく、これをぶち壊し、焼け野原を残して引退し、「日本人は勤勉さを失った」とか「今の若者は元気がない」とか「内向きでなく、世界へ出ていかなければならない」云々のたまっているわけで、そりゃあ嫌われて当然の世代だと言わざるをえないのです。)



 ただ、こうなってしまえば、かつての知識人的な生業も、成り立っていきません。

 皮肉なことに、壊す対象が本当に壊れてしまえば、壊す運動はその勢いを失い、生業としても存立しなくなるのです。

 でも、それで「めでたし」といかないのは、そんなかつての知識人たちの啓蒙は、現在ではおおよそ「社会人」としての常識として昇華されてしまっているからです。

 これは非常に深刻なことです。

 何故なら、その常識の上では国家の意識は百年続かず、国家の意識がなくなれば「社会」も存立しなくなり、厳密に言えば「社会人」が子供を作る正当性が無くなることになるからです。

 何故なら、継続しないことを前提とした社会の上で子供を作るのは、罪以外の何物でもないからです。


 ・


 そしてこれに対して、21世紀にはネットの言説というのも出てきましたね。

 マスメディアに根城を置く評論家に対して、ネット上の言説はかつての知識人の理屈に反を唱える様々な筋が繰り広げられてはきた。

 このブログもその末席を汚すものです。



 しかし私は、この「ネット上の言説」というやつにも希望を見いだすことはできません。

 希望を見いだせないどころか、これが非常に汚濁にまみれた低劣な様相を呈しているのも明らかです。

 特にスマートフォンやSNSなどの隆盛によりネット空間が急激に大衆化すると共に、その低劣さは右から左、上から下まで異臭を放つほどとなった。



 でも、それは当然と言えば当然なのです。

 だって、よくよく考えてみればこうしたネット上の言説は、かつての知識人の「大衆市民に向けての数の動員」という論理の繰り返しでもありますでしょう。

 ブログの「バズる」の論理などまさにそれです。

 さらに、知的な鍛練の無いぶん、ネット上の言説は「かつての知識人の劣化バージョン」とも言える。

 だからと言って、「反知性主義」などと言って知識人の知性を礼賛するのもチープこの上ないけれど、逆に、知性がないということが希望の根拠になるとも思われない。

 のみならず、ネット上の「生半可な知識」の表出が、実はかつて繰り返された知識人たちの議論の、非常に浅薄な部分を抽出し焼き直されたものに過ぎないなどということはよくあることでしょう。



 ・



 ならば我々生活民は黙っているのが最も良い……とも思われるが、それは「暴力を祖にもつ特権階級、を祖にもつ権力」が残っていればこそ成り立つ態度である。

 もはや、国家構造、官僚構造、地方の構造、自民党の構造、産業構造……もろもろが壊されバラバラであり、我々はフと気を抜けば、ほぼなんの事業観を共同することなく、ただ一個のホモサピエンスとして丸い地球上にポツンと佇むだけの空虚な存在に成り下がってしまう。

 そこで黙っているのは、漫然と国家の終わりを待つのと同じことになるし、そういう人間に「子供を作る正当性」はないのです。

 だから、我々は本当に振る舞いようがない。

 生活民のよきあり方は「政治に口を出さないこと」なのに、もはや黙っていることさえ正当な生き方として想定できないのですから。

 まあ、ギリギリセーフとして想定しうるのは、
「なるべく良い口の出し方をするのを維持し続ける」
 というくらいです。

 ネット言説に 「かつての知識人の劣化バージョン」 以外のものを求めうる可能性はそこだけでしょう。

 すなわち、我々には、まず黙ってやる生活がある。

 これが前提で、その生活と繋がりを失わない上でギリギリセーフの態度を示すという部分だけ、「評論家」風情よりもまともな言説となる可能性が出てくるわけです。



 とは言えこの可能性が現実のものとして活かされるためには、やはり「知性」が備わっていなければなりません。

 そうなると、以下の三つの条件が必須になってきます。


 第一に、
「言説以外で、生活を成り立たす生業があること」

 第二に、
「生活を成り立たした上で、時間的余裕がすごくあること」

 第三に、
「天皇に対して信仰と忠誠を持ち、国民に対して統治者目線を持ち合わせていること」



 まあ……そう考えると、ネット言説が全体としてロクなものでないのは当然でしょう。

 だって、そんな条件の揃うヤツ、ゴロゴロいはしないんですからね。

 総じて平均すりゃあ知性に欠けた暴論がばっこし、「評論家の劣化バージョン」に集約されていくに決まってはいるのです。



(了)

Category: 社会:IT、スマートフォン問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0