05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

  TOP > CATEGORY - 社会:現代社会批評       
  

人口が減少しても国家は強くできる(前編) 


 日本は少子高齢社会で、2XXX年までに人口はこれだけ減少しているだろう……

 といういうようなことは、私の子供の頃から言われておりました。

 で、

A 日本はどーせ人口が減ってうだつが上がらないようになるんだから、国家や結婚にこだわるのはやめて、自分の好きなように生きたらいいじゃないか……

 とか、

B いやいや、国家のために人口を増やすべきだし、第一、家族には個人的欲望以上の価値があるのだ……

 などという下品な二言論が前提されてきた。

 Aはリベラルに、Bは保守派によく見られる態度です。

 これに対して本論は、上のAもBも家族観や個人観からして間違っているし、第一「人口が減少しても国家を強くすることはできる」ので「まず、国家を強くしようと思えよ!」と結論付ける筋で展開します。


広野


 ただ、まず私がより感情的にも「嫌悪」を覚えるのは、 やはり

A「個人を結婚に縛り付けるな」

 というリベラルッチクな発想の方です。

 この場合「結婚」が忌避されるのは、単に「結婚によるさまざまな困難や制約」が「個人のあーしたい、こーしたい」という欲望を実現させる障壁になるから嫌だ……というツマんねえ動機からでしょう。

 例えば、(フェミニズムのすべてが間違っているとは言わないが)フェミニストの、

「女に『女らしさ』や『結婚しなければならない』を押し付けるな」

 というのは、「そいつ個人が結婚しない道を選ぶ」という以上の話になってくるのです。

 だって、そいつ個人が結婚しない道を選ぶのであれば、別に黙ってそうすりゃあいいでしょ。

 でも、そのような「形式への敵意」を表現、発言として表明するということは、

「結婚という形式から個人が縛られない社会」

 すなわち、

「個人を制限する社会形式を取り払うこと」

 が、格率的な価値基準として社会で流通してしかるべきであると、勝手に前提していることになる。

 これは安っぽいヒューマニズム、人間性礼賛であるのみならず、

「なんでお前が勝手にそんな前提敷いて良いことになってんだよ」

 というところに最も反感を覚えます。

(※それでもフェミニズムにも一理あると思われるのは、女が文化的な意味で女であるための社会的前提が崩れているので、「じゃあ女はどうすりゃいいんだよ!」という不満がその根幹にあるとすれば仕方ないように思われるからです)



 あるいは、昨今、「LGBTの擁護」が流行っているようですね。

 私は別にLGBTそのものを差別する気はないですけど、

「LGBTを擁護してた方がなんか進歩的で、偏見に縛られていない感がする」

 みたいな処世でLGBTを擁護する雰囲気には吐き気がします。

 で、そういうLGBT擁護の雰囲気は、

「文化的な男らしさ、女らしさの偏見(ジェンダー)」

 を敵視し、

「自分がやりたいようにやれば良いんだ」

 という価値基準を、これまた勝手に前提し始める。



 でも、「自分がやりたいようにやれば良い」では、本当の意味で個人の心は救われないのです。

 個人の心は、無自覚に前提している無数の慣習的偏見を基礎に成り立っているのであって、

「何に従い、何に刃向かうか」

 という判断の中に個人というものはある。

 そうでなければ個人は融解し、ニヒリズムへ漂着するのみでしょう。

 だから、慣習的偏見や社会構造から個人を自由するリベラルな発想は、その「個人」をすら救いはしないのです。



 でも、それはよくよく考えてみれば当たり前のことですね。

 何故なら論理上、自由は「手段」としては有効な場合もあるが、「価値目的」として格率的に昇華できるものではないからです。

 まあ、ミュージシャンで27歳で死ぬとか、サイコパスであったりすればまた話は別なんでしょうけれど。

 あるいは、ドラクロワの『サルダナバロスの死』という恐ろしい絵があるのですが、これは、敵に火のかけられた宮殿で裸の女たちが阿鼻叫喚している最中、暴君は悠然とベッドへ腰掛け、死を待っている……という絵なのですけれど、このように

「自分の生存範囲で快楽を最大にし、不快を最小にする」

 ことを生の最大目的と腹を括れれば、自由主義は整合するでしょう。

 私にはおそろしくって無理ですけれど。

(※ちなみに、この家族形式に対するリベラルの問題構造は「構造改革」の構造とだいたい同じなのです)


(つづく)


ご覧いただきありがとうございました!
よろしければツイート、シェアのご協力お願い致します↓
スポンサーサイト

Category: 社会:現代社会批評

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

タバコは「命はそこそこ粗末に扱うべき」という常識を社会で共有する機能を果たしてきた 


 最近、またさらに強いタバコ規制の動きが出ています。

 私は喫煙者ですが、「喫煙者のタバコを吸うケンリ」など、どーでもイイと思っています。

 しかし、ざっくり言えば「嫌煙」の社会的モチベーションが「生命尊重主義」にあるであろうことが明白なので、そこがスゲー気にくわねーのです。


↓ブログランキングに参加中です
 にほんブログ村 政治ブログへ

泡


 そう言えば、私の子供の頃、タバコの煙は生活の一部でした。

 家ではオヤジがタバコ吸ってて煙で輪っか作ったりしていたのを覚えている。

 街では電車の車両の中でもタバコを吸っていたでしょう。

 私が子供の頃、副流煙なんてバリバリに吸っていたわけです。

 私はこのタバコの煙のある風景を見て、「命はそこそこ粗末に扱うべきもの」という常識を、みんなで共有しているのだと思っていましたよ。

 そして、それはかなり心救われることだったのです。



 嫌煙は、社会が「過剰な生命尊重」へ陥っている左証だと思います。

 というか、生命尊重くらいしか社会が価値を感じられなくなっている全体的な精神の欠乏なんじゃないでしょうか。

 しかも、それはかなり欺瞞的で、「生命そのもの」よりも「生命尊重の『態度』を共有する」方に、みんな目的をおいているのではないかとも思われる。


 他にも、

1 本当に言うほど副流煙が害悪であるか相当疑わしい

2 オリンピックもあり、WHOからいわれているから……というグローバルな力学が強すぎる

3 電子タバコはイイという風潮が浅はかすぎる
(「電子タバコの害悪」<「タバコ」である証拠はないのです)

 など、ムカつきポイントはありますが、一番重大なのは嫌煙のモチベーションが「生命尊重主義の徹底」にあるに違いないということです。

 嫌煙社会の「生命尊重の徹底」が人間に与える精神的健康被害は、副流煙の健康被害より大きいかもしれないだろと声を大にして言いたい。


 まあ……ただ、もはやタバコの煙のない風景が常態化してしまった昨今では、それほどこだわってもしかたないのかもしれませんね。

 私はタバコ、やめませんけど。

(ましてや電子タバコなんて気色悪くて絶対イヤです!)


(了)

ご覧いただきありがとうございました!
よろしければツイート、シェアのご協力お願い致します↓

Category: 社会:現代社会批評

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

車社会について 


 そう言えば、私この年(32歳)になって車の免許を取りました。
 AT限定ですけれど。

 現代日本では20代男性の8割以上が運転免許を持っているらしいこともあって、「何故今まで免許を取らなかったのか」と聞かれることが多かった。

 理由は簡単で、二つあります。

 第一に、車そのものがあんまり好きじゃなかったこと。

 第二に、車社会が大衆的で嫌いだったことです。


 でも、今の世の中、免許がないと結局は人に頼ることが多いので、万やむを得ず教習所へ行ったというわけだったのでした。


 今の世の中、こういうことって多いです。

 車社会は典型だけれども、市民社会も産業社会も、おおむね大衆的で、醜く、ツラい。
 でも、このツラく醜い市民社会、産業社会をやらなければ、せまくなる地球の中で国家を存立させることができないのだから仕方ないのです。
 これは、戦争能力がなければ国家が存立しないのと同じことなのでしょう。

 だから、車の免許や運転、車社会への迎合という苦行は、おおよそ「徴兵」みたいなもんなのです。

 ならばそれは仕方ないことだから、まあなんとか寛容精神を発揮して、安くはないカネで苦行買い、歯を喰いしばって免許を取りにいったわけでした。

Category: 社会:現代社会批評

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

観光と用事 



 テレビやスマフォで日本の名所とか見ていると、ちょっと感激して「行ってみたいなあ」と思ったりもする。

 でも、それで実際に行ってみても、これは単なる「観光」です。

 観光というのは大衆的なもので、外人が日本を見に行くようなものになりがちだから、疲れるだけ疲れて実際のところツマラナイことが多い。


 まあ、そういう観光もたまには良いかもしれないけれど、でも、本当に楽しいのは、遠い場所へ何か「用事」があって行く機会の方だと思います。

 親戚や友人のところへ行くとか、出張とか、何かしらの用事で行く土地は、いつもの実生活と繋がりのある土地になって、愛着や親しみが配分される気がする。

 あるいは、何かしらのこだわりがあって、その土地に何度も何度も行くようになると、これもまた地繋がりの土地になってゆく……ということはあるかもしれない。




Category: 社会:現代社会批評

tb 0 : cm 1   

近代的スポーツ・日記 



 暑いのだけど、昨日、今日とスポーツの用事があって体育館にいます。

 非常に不健康なことだと思いますが、一応スポーツは「健康に良い」というタテマエでされているから不思議なものであります。

 スポーツというと、昔、日本ではスポーツというものはなかったそうな。
 スポーツは明治に西欧からやってきた。つまり、近代化の一つなのです。

 そう言えば、夏目漱石の『我輩は猫である』の中の話で、近代化によるスポーツの流行を揶揄する、風刺的なのがあったと思う。
 要するに、猫が庭で遊んでいるだけのことを、スポーツと銘打ってしまうものであります。

 視点は猫の一人称だから、猫が「スポーツとはこれこれこうでまったく云々」とエラそうに口上を述べて、庭で猫らしく遊んでいるものを、彼自身はスポーツだと言ってやるわけです。
 それを見て読者は、「何がスポーツだ、ナマイキを言いやがって」と滑稽さを覚える。

 しかし一方、スポーツ、スポーツとハイカラぶるが、スポーツなどというものは、猫が庭で遊ぶのと大差のないものではないかという感を得もするわけです。

 スポーツなどと言っても、猫が庭で遊ぶ以上でも以下でもない。
 やれ「文明だ」「スポーツだ」と威張って滑稽なのは、日本人の方も同じなのかもしれません。

 それは別に明治、大正の御世にとどまらず、やれオリンピックだといって威張り散らしている現代平成の御世も、おんなじように滑稽なのでしょう。

 ただ、現代人は、そうしたことを「滑稽だ」と言って自嘲してみせる度量も能力も失っていますね。だから、まるで余裕がなくなってしまっていて、こうも醜いのではないでしょうか。



(了)


Category: 社会:現代社会批評

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1