12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

      TOP > ARCHIVE - 2014年01月  
  

アメリカの失望と同盟 

 あけましておめでとうございます!
 はたして、今年は日本にとってどんな一年になるでしょうか。

 これからもどうぞ当ブログにお付き合い願えればと思います。

 というわけで、年をまたいで今回も首相の靖国神社参拝に関連して。アメリカの対応を中心に。




 今年初ということで、どうかランキングにご協力ください。お忘れなきよう、押してから読んでいっていただけると嬉しいです。




sekai



 先月26日の安部首相の靖国参拝について、アメリカの一連の文句――大使館が出した声明と国務省の会見――に対し、次のように捉える風潮があることに対し、俺は「日本人」に文字通り「失望」しています。


 まず、二十六日、大使館がすぐさま声明をだしているのはご存知でしょう。

<日本は重要な同盟国であり、友である。しかしながら、アメリカ合衆国は、日本の指導者が日本の近隣国との緊迫状態を悪化させる行動をとった事に失望(disappoint)している。>

 と。

 さらに、追って三十日の国務省の記者会見で、これについての見解を

<日本の指導者の行動で近隣諸国との関係が悪化しかねないことに対するもので、私はこれについて、これ以上の分析(解釈)はしない>

 とし、首相の靖国参拝そのものについての直接的言及を避ける立場を取ってはいます。




 ただ、俺は目を疑いましたけれど、日本のネット上のブログや掲示板などを見ると、これをもって、アメリカの立場は単に「チャイナと日本の関係の悪化を懸念するもの」で、「アメリカは、靖国神社そのものを批判しているわけではない」から「問題はない」と歓喜する連中が相当数に及んでいるようです。というか、これもやっぱり「韓国やチャイナのせい」だから、「やっぱりアメリカは味方で、安倍首相の靖国参拝は日米外交を毀損していない。マスコミは嘘吐きだ」とこうやるわけです。

 彼らは、何故もこう素直で愚直なのでしょうか。

 だって、アメリカの言う「近隣諸国(チャイナ)との緊張状態を悪化させる行動」というのは、「首相の靖国参拝」のこと以外はありえないんですよ。
 そりゃあ、チャイナのように「靖国神社そのもの」を否定しているわけではありませんが、「首相の靖国参拝そのもの」は明確に批判しているわけです。

 まあ、確かに、新聞、テレビ、マスコミの論調では、
「安倍首相が、靖国神社なんて戦争を礼賛するくそ神社を参拝したもんだから、中国と韓国が怒って、さらにアメリカも怒った。戦争犯罪を肯定したからだ。我々は世界から孤立して危険に晒されるじゃあないか。どうしてくれる安倍!」
 という風になっており、また、アメリカが「靖国神社そのもの」を否定しているかのように報道してそれを補強するという卑怯な姿勢もありました。

 こういったマスコミの姿勢に対して、アメリカが「靖国神社そのもの」を(少なくとも公では)否定しているわけではないという事を確認するなりなんなりするのには、文句はありません。
 それに、首相の靖国参拝によって、マスコミの言うように「劇的な孤立が突如として訪れる」などという見解は、あまりに非現実的であることも確認しておくべきでしょう。それは単に、「靖国参拝による外的非難と孤立が大きければ大きいほど、その分首相を糾弾できる」という論理上の関係があるだけで、政府批判の好きなマスコミの悲しき性と評すべきものなのですから。


 しかし、アメリカも「靖国神社そのもの」を言及していないだけで、「首相の靖国参拝」それ自体は明確に批判してきていることを、忘れてもらっては困るのです。




 この事で重要なのは、アメリカをろくでなしと罵ることでもなければ、ましてや「disappoint」という語がアメリカでどれほどの強さで使われるものかの解釈などであろうはずもありません。

 最も重要かつ重大なのは、「靖国神社へ参拝する日本の首相」と「靖国神社を敵視するチャイナ」が地域内で隣り合っている状況下で、アメリカはチャイナについた……という『事実』であります。




 大勢がこの『事実』をなんとなくぼやかしているのは、それまで「チャイナの脅威に対して日本の主権を守るためには、アメリカとの連携が不可欠である」という親米保守が未だ通用するといったような風潮に、2013年まるまる一年頷いてきた者が多かったから……じゃあないんでしょうか?

 誤解して欲しくないのですが、俺は、首相の靖国神社への参拝をアメリカが批判してきたからといって、「アメリカと敵対しろ」と言っているのではありません。(別に敵対しても良いとは思っていますけれど)

 ただ単に、「チャイナの脅威に対して日本の主権を守るためには、アメリカとの連携が不可欠である」という2013年の理屈は、「チャイナとアメリカは敵対している」という甚だ無根拠な前提の上でしか成り立たなかったはずだが、今回のことでその無根拠が無根拠であると赤裸々になっただろ……という事を言っているだけであります。
 だって、もし「チャイナとアメリカが敵対している」のなら、アメリカが「首相の靖国参拝」を批判する国際関係上の理由などないのですから。

 もっと言えば、この2013年の理屈を散々述べてきた連中は、この理屈が間違えであった事を素直に認めるべきであると、糾弾しているわけです。



 というか、俺がムカついてしょうがないのは、この2013年の理屈を散々のたまってきた連中は、その理屈の上で「アメリカをはじめとする自由主義諸国内での経済連携によって、中国を包囲しよう」とする戦術を述べたて、規制緩和、構造改革(日本市場のアメリカ化)とグローバリゼーション(グローバルなアメリカ化)を肯定してきたわけですが、それがまったく国際関係上空虚なものであったことが赤裸々になった今日に至って、事をうやむやにしているという所です。

 つまり、俺がムカついているのは、そういう日本人なのであって、アメリカではないのです。俺にとって「アメリカのあり方」など、別にどうでもいい事なんですから。俺の関心はいつも、「日本のあり方」の方なのです。

 つーか、今回のことでも、アメリカは当然の姿勢をとっているのだと思いますよ。
 アメリカは日本ではないのですから、アメリカにとって靖国神社などマジでどうでも良い事柄であるに決まっているじゃあないですか。
 アメリカにとって、チャイナにつく方が良いと判断したら、そりゃあチャイナにつきますよ。別にアメリカとチャイナは冷戦をやっているわけでもなければ、敵対しているわけでもないのです。

 チャイナと敵対しているのはアメリカではなく、日本なのですよ!

 日本は、重要な同盟国であり友……というのは、まったくその通りで、アメリカは日本をアメリカの一部として受け入れたわけでもないわけだから、「そこまでの面倒」をアメリカに期待する方が間違っているのです。一部ではなく、同盟国なのですから。
 いくら日本が市場を開こうとも、鹿鳴館で西欧化を見せびらかすがごとく市場の構造をアメリカナイズしようとも、アメリカにとっての日本は『同盟国』とか『友』とかといった範囲を越えるものではありません。彼らはそこまで我々を同一視してくれません。運命を共にしているなどとも思ってくれません。いくら属国的に市場を差し出そうと、同盟国として以上の面倒は見てくれないのです。勿論、アメリカとしては、貢いでくれる市場は貰うでしょうけれど、別にその分見返りが増えたりなどしません。




 日本人は、「disappoint」(失望)のニュアンスの前に、「ally」(同盟)のニュアンスの解読に知性を費やすべきなのではないでしょうか。

 同盟は、運命共同体ではないのです。

 日本がチャイナと敵対しているからといって、アメリカもチャイナと敵対してくれるとは限らない……ということすら分からないのであれば、我々にとって欧米外交は永遠に複雑怪奇のままでしょう。





(了)




←お忘れなきよう、押していってくださいませ。


※お読みくださってありがとうございます。少しでも記事にご賛同いただけましたら、ランキング、ツイート、Facebookなどで、ご支援いただけたら大変ありがたいです。どうか、よろしくお願い申し上げます。

また、いつもご覧くださっている方、ご支援くださる方には、重ねて御礼申し上げます。




↓ランキングの投票方法が分からない方はこちらをご覧ください
http://shooota.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1