09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。

 

独占禁止法など 



 多忙のため、更新が滞っております。

 本日は宣伝の表示を回避するために更新いたしますが、大したことは書けません。

 ただ、最近は独占禁止法のことをよく考えています。
 私は、「独占禁止法と公正取引委員会が自由競争を前提づけている」という市場原理主義的ストーリーが嫌いなのです。



 もっとも、私とて「資本の集中による独占を防ぐ」という志向には、文句はありません。

 しかし、企業と企業の間で話合いをもって、価格を維持するための協約を結んだりするといった談合やカルテル的なものを、「自由競争を阻害するもの」として厳しく取り締まろうとする志向には、大いに抵抗したい。

 企業間の談合やカルテル、協約がなくして、単に自由市場で適正価格が均衡するだなんて話はウソっぱちです。経済のモデルの中でしかなしえない机上の空論――お花畑というものです。


 でも、世の中では、こうした「企業の談合や既得権益」が批判にさらされている一方、、独占の話でも「資本集中」の方は大目に見られている傾向が強い。特に2000年代に入って以降。これは「国際競争力」とやらが盾にされて大目に見られているのです。

 でも、「企業の談合」と、「資本の集中」では、どちらがより独占性を強めてしまうかと言えば後者でしょう。
 だのに、談合やカルテルのほうがヤリ玉にあげられるのは、そちら方が威張っている感じがして腹が立つというルサンチマンが根底にあって、それを発露しているだけでしょう。
 また、資本の集中の方は、「市場における消費者一人一人の一票という経済の民主主義」と「効率的資源配分(パレート最適)」が、なんだか自由で民主的に聞こえるという話で大目に見られるのであって、つまりは単なるキレーゴトなのです。



 我々は、「国際競争力とやらのために資本集中を大目に見る」という態度を捨てるべきです。
 そして、国内の各既得権益を守るために、適正な不自由――つまり、政府による規制や、企業間の協定、談合といった人間交際による経済を志向すべきなのです。

 そうなると、われわれは対外的には保護主義を考えるべきだし、保護主義には外交力が必要であり、外交力には軍事力が必要です。
 この場合、軍事力というのは、単に「攻めてきたら守る能力」という話ではなく、「攻撃されたらやりかえす能力」という抑止力を「自前で持つ」ということです。
 つまり、具体的には「核武装」か「徴兵制と本土決戦の覚悟」の少なくともどちらかが必要ということです。

 実のところ、これくらいのことはみんな分かっているのでしょう。でも、世間で核武装を言うのは憚られるし、自分が徴兵されるのは嫌だから、保護主義的政策をとるための軍事力を実現させることも嫌で、だからTPPなどのグローバル化はやむを得ないという話になり、国際競争力のために資本の集中もせざるをえない……こういう筋立てが、半ば無自覚的に前提されていしまっているわけです。

 でも、この筋立て、前提の上では、資本の集中が「孫子の代への負荷」となりますね。

 そこで、資本の集中を大目に見るのは国際競争力のためであり、国際競争力をつけなければならいのは保護主義を回避するためであり、保護主義を回避するのはそうした軍事力を実現するのが嫌だからで、何故軍事力の実現が嫌かというと核武装や徴兵を考えなければならないからだということを考えると、こうなりますでしょう。

 すなわち、今の日本人達は、「今の自分が核武装を考えたり徴兵されたりなどしないために、孫子を犠牲にしている」ということです。
 資本の集中という形でそれをツケておけば、少なくとも自分たちが軍事について関わることをしなくて済む。そして、そのツケが、自分の生きている間に、自分に降りかかってこなければ良しと考えているわけです。

 日本人はおおむねそういう方向で行っているわけですが、何故ここに至ってイイ人ぶるのでしょう。
 みんな「家族が大事、孫子が大事」という価値を口では言うくせに、実際やっている様には「自分の生存期間内だけは平和と飽食が延長されれば良い」という方向性がありありと透けて見えているのです。


 ならばイイ人ぶるのはやめて、「自分の生存期間さえ平和と飽食が享受できればいいのだ」と言いながら、やってもらいたいもんです。
 でも、もしそれでも「良い」ということに帰着したいなら、もう少し「孫子の代」とやらのことを真剣に考えるべきでしょう。

 せめて、どちらかにしてもらいたいです。



(了)


スポンサーサイト

Category: 日記

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

9.11自爆テロと安保法制 



ご無沙汰しております。

 そう言えば、私の高校生の頃、9.11自爆テロという事件がアメリカで起きました。
 その時、高校生ですから別に何の思想もクソもないのですが、私は確かに、心情的にはテロリスト側に味方していたように思います。

 と言うのも、ニューヨークの巨大ビルディングへ飛行機で突っ込む……という姿は、もっと小さな頃に空想したひとつの英雄的の姿で、そのイメージとピッタリ合致したからです。
 また、私が今も特攻隊を礼賛するのは、そういう「英雄的な死」のイメージが「人間的である」ために必要不可欠であると信じるからです。そういう発想というのは、別に後からつけた小賢しい知識なんかで浮かんだものではなく、子供の時から培った英雄像や「良い」もののイメージの中にある。
 別に、詳しい歴史を知って、英霊を憐れみ「今の我々があるのは彼らのおかげだ」などと感謝するようになった――というのではない。そんな都合の良い理屈から礼賛しているのではないのです。

 だから、弁証法的な知識など持ち合わせない高校生であっても、「9.11自爆テロに味方する」という心情は、「常識人」として持ち合わせうるものだったのです。




 そして多分、こういう発想は、何も私特有のことではなかったように思います。
 というのも、9.11自爆テロ後、当時学校で人気だったのは、小泉首相でもアメリカ軍ではなく、圧倒的にビンラディンだったからです。

 もちろん、高校生はインテリゲンチャのような喋り方はしないし、政治的な用語も使わなければ、まして地政学的見地など求めうるべくもない。
 
 でも、ビンラディンの替え歌はできました。
 メロディはテレビcmの流用だったと思います。

 それは、別にビンラディンを讃える歌でもなければ、イスラム原理主義を讃える歌でもなく、ただ単に「ビンラディンが殺されてしまった」という内容の歌です。
 でも、殺されてザマあ見ろというのでもない。
 殺されて悲しいというものでもないが、一生懸命やって殺された哀愁のようなものが漂う歌でした。

 あれを作ったのは確かに悪ガキのグループです。優等生はあんなもの作りません。
 優等生は大学生になってから「民主主義が云々」と小賢しい理屈をこねるのでしょう。国会の前でデモをやってインテリに褒めてもらっているのかもしれません。

 でも、私は悪ガキの感覚の方が断然好きです。常識的だからです。人間的でもあります。




 最近は、安保法制のことが話題になっていました。

 中には、「アメリカの戦争に巻き込まれる戦争法案」としてこれを反対する人がいます。
 あるいは、「アメリカにくっ付いてリスクを減らす法案」としてこれに賛成する人がいます。

 私にとってはどちらもクソ喰らえです。

 今、我々に必要なのは、
「飛行機でニューヨークの大ビルディングへ突っ込むこと」
 を道徳的と見なすような、人間的英雄像を回復することなのですから。



(了)

Category: おススメ記事

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 4