04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

日本が日本であるために

 

      TOP > ARCHIVE - 2017年05月  
  

名目成長率0で実質成長率が0.5でデフレだなあ……というだけのこと 

 昨日18日に、内閣府が2017年1~3月期のGDP速報値を発表しました。

「名目成長率は前期比マイナス0.0%」

「実質成長率は前期比プラス0.5%」

 だそうです。


工業



 これは直近の3ヶ月間のGDPが、前の3ヶ月に比べてどれだけ伸びたか?……ということだから、いちいち年率に換算されたりします。

 だから、

「年換算すると実質は2.2%伸びたよ」

 というふうに報道される。
 ので、ワケわからんふうになる。


・GDP実質2.2%増 1~3月年率、輸出けん引
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS18H0G_Y7A510C1MM0000/

・GDP1─3月期年率+2 .2%、5期連続のプラス成長
https://newspicks.com/news/2250312



 ・



 それから、

「実質」成長率というのは「物価変動を加味したGDPの前期比較」

 という意味。

「名目」成長率というのは「額面どおりのGDPの前期比較」

 という意味です。



 だから、「名目成長」=「普通にお金の額面どおりの成長率」でいけば直近の三ヶ月はゼロ成長だった。

 でも、物価が下がったから、物価を勘案すれば(実質では)0.5%伸びた……ということなのです。



 つまり、「デフレ」ということ。

 事実、

「GDPデフレーターは前年同期比マイナス0.8%で3四半期連続でマイナス」

 だそうです。



 ・



 これを、

「デフレで下駄を履かせてもらっているから楽観できない」

 みたいに言う人がいますが、それはまだまだ楽観です。

 何故なら、

「デフレ」
 =
「物価が下がる状態が続くこと」
 =
「実質成長率が名目成長率を上回るのが続くこと」

 そのものが問題だからです。

 まだまだ、あたかも「名目より実質の方が重要かのごとき誤解」を大前提する振る舞いは、みんなの思想にこびりついているように見えます。



 でも、大事なのは、物価を加味しない額面どおりの『名目成長率』の方なのです。

 すなわち、「物価を加味しない額面どおりの名目成長率」が「物価を加味した実質成長率」を上回ることなのです。



 ・



 ただ、厄介なのは、「金融緩和さえしときゃデフレは克服できるという前提で、財政出動には消極的な連中」=「リフレ派」も、「名目成長が大事」という線までは言うということ。

 直近で失敗しているので現今リフレ派はもう死に体ですが、リフレ派は「ちょっとしたら復活する」というしぶとい性質があるので、警戒が必要です。

 実質で成長すりゃあいい……という誤解は「デフレは問題ではない思想」の問題で、これはリフレ派の問題とはズレる。



 たから、デフレ克服の敵は、

1「経済成長はもうできない派(リベラル)」

2「デフレは問題ではない派(経済学者)」

3「金融緩和さえしときゃ良い派(リフレ派、ホシュ)」

 などなど多様にあるという理解が必要になってきます。

 彼らは「政府は無駄遣いするに決まってる」という不況時の大衆的反政府的気分を、代わる代わるに代表するのであり、だからこそ適切な財政政策が施されずデフレが長期化しているわけです。

 そう考えると、日本人は自業自得でデフレで苦しんでいるのであり、まさに「ザマーミロ」という話なのですが、これからの若者のことを考えるとそうも言っていられないですね。



(了)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0