09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治 > title - 景気が良くなって税収が増えても消費増税は必要である      
  

景気が良くなって税収が増えても消費増税は必要である 

 昨今、消費増税に反対する理屈が酷く混沌を極めているように思えます。

 もっとも、
「物価が下がっているから、消費増税の時期は延期すべきだ」
 という理屈ならばまだ理解可能なのです。(これも技術論的な理想論だとも思いますが、今回は非難しません)

 しかし、
「デフレから脱却してGDPを上げれば、消費増税は必要ない」
 などというアホ丸出しの頓珍漢をのたまう輩の跋扈するのには、ほとんど頭を抱える他ありません。



 そもそも基本的に、税とは民間に対する『政府の適正規模』の『割合』を見て決めるものです。
 例えば、もし、民間の経済が良く回って、税収が絶対値として増えたとしても、「民間から徴収する税の割合」は変わってませんでしょう。また、経済成長は物価高を伴ってしか出来ないのですから、その物価高の分で税収の絶対値が増えた割合は、増収と換算することは出来ないという事も念頭におかなければなりません。だって、物価高の分で増えた増収分は、支出に反映した時にも物価が上がっているのですから。


 それに、統治すべき民間の経済規模が上昇していれば、政府も相対的に規模を大きくして行かなければならないだなんて常識で考えれば当たり前のことですよ。

 大切なのは、「経済成長」と共に、「政府と民間の力の割合を均衡させること」です。
 そして、この二つは鶏と卵の関係にあります。つまり、前者を成すためには後者が必要であり、後者を成すためにも前者が必要であるといったような。


 具体的に言えば、平成以降の減税で「GDPにおける政府支出の割合」が低下してしまったことが、「政府と民間の不均衡である」と言いたいわけです。つまり、「政府支出が低下してしまい、経済における民の領域が割合として大きくなりすぎている」という不均衡です。

 もし、税を増やすことなしに民間経済の成長によって税収の『絶対値』が増えても、民間に相対した政府の規模が今のままでは、『国家の統治』がままなりません。


 よって、景気が良くなって税収の絶対値が増えても、増税は必要なのです。
 消費税はもちろん、所得税、法人税なども税率を上げるべきです。
 GDPにおける政府支出の割合を適正な値まで戻し、政府統治の強度を適切なだけ確保しなければ、(政府と民間を合わせた)国家全体として国力を高めて行くことはできないのですから。



(了)



※お読みくださってありがとうございます。少しでも記事にご賛同いただけましたら、ランキング、ツイートなど、ご支援いただけたら大変ありがたいです。どうか、お願いいたします。
また、いつもご覧くださっている方、ご支援くださる方には、重ねて御礼申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

No title

>平成以降の減税で「GDPにおける政府支出の割合」が低下してしまったことが

低下していませんよ。増加しています。だから財政赤字が増えてきたのです。

逆です、逆。
政府の支出の割合が増え、肥大化しているから民間が貧しくなり、停滞しているのです。

1970年頃のように政府を小さくして、国民を豊かにすべきです。
重要なのは、政府を最小限にし、国民の自由を拡大することです。

ふー #g/7TYBWA | URL | 2013/10/23 01:10 [edit]

Re: No title

ふー様へ。

以前も、同じように四、五通まとめてコメントをなさる『トミー様』という方がおられました。
同一人物かどうかは知る由もありませんが、仰っている事と内容がほとんど同じですので、このコメントへの反論は、以前トミー様のコメントにお応えしたものの方を参照していただければと思います。

トミー様よりいただいた一連のコメントへの返答
http://shooota.blog.fc2.com/blog-entry-93.html

後藤真(おーじ) #- | URL | 2013/10/23 11:56 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/101-8ea3d16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)