08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > スポンサー広告 > title - 消費増税反対論に潜む醜悪な態度・改 TOP > 政治 > title - 消費増税反対論に潜む醜悪な態度・改      
  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

消費増税反対論に潜む醜悪な態度・改 

 今日も、昨今の『消費増税への反対』に対する批判を。

 何度も言うようですが、俺は「出来ることなら消費増税の『時期』は、来年の四月より延期した方が良い」とは思っています。何故なら、来年の四月にデフレが解消しているとは思えないからです。

 しかし、昨今の風潮でめちゃくちゃ気にくわないのは、単に「税金が上がるのがイヤでムカつく」とか、そういう心根でいるに過ぎないのにも関わらず、理屈としては『デフレで増税はダメ論』を上っ面だけ借りて、何事か国家趨勢のあれそれを考えている風体を装う輩が多い事です。


 まず、よく聞く、「デフレだから、消費増税に反対する」という言葉遣いは明らかにおかしいでしょ?
 それを言うなら、「デフレだから、消費増税を『今』やるのに反対する」なんじゃないでしょうか。

 おそらく前者のような言葉遣いをする連中は、デフレとか関係なく、消費税そのものに反対なんでしょうね……いや、別にいいのですよ。消費税そのものに反対の立場である事自体は。
 ですが、そもそも心根として「デフレとか関係なく、消費税そのものに反対」なのに、口に出す言葉としては「デフレだから、消費増税に反対する!」と叫びのたまうというのは、あまりに卑怯で卑劣な態度ではありませんか。
 その誤魔化しの醜さ、汚さは、正直に言えば「万死に値する」と思います。犬畜生ですら、こういった連中よりは恥を知るということをするんじゃあないでしょうかね。




 また、「今はデフレだから、消費増税の時期としては適切ではない」という話の組立は、

「消費増税という心理的圧力が、家計の消費を減らすだろうから、つまりは民間の総需要が減り、需給ギャップが広がる可能性があって、需給ギャップが広がれば価格も下がり、就労者の所得も企業の利益も下がるから、かえって政府の税収も下がるはず……」

 っていう事でしょう?

 つまり、「国家全体の『供給』が過剰で、『需要』が少ない時」に、さらに『需要』が減るのはマズいって事です。

 しかし、この組立上、「消費税によって家計の消費が減ること」はあくまで『一因』の域を出ない話ですよね。
 何故なら、国家全体にとっての『需要』とは、『民間の需要』に限らないからです。
 公的な需要ーーつまりは『政府の需要』だって需要ですよ。

 すると、「デフレだから消費増税を今やるのに反対!」と叫んでいる人は、少なくとも同じ『勢い』をもって「もっと政府支出を増やせ!」と叫んでいなければ、おかしいはずなんですよ。
 だって、国家全体の事を考えて「デフレ」=「需要不足」が問題だから、「消費増税を今やるのに反対」と言ってるんでしょ?だったら、政府支出による『需要増』についても同等以上の思い入れがあって然るべきはずじゃないですか。

 しかし、この両者に対する世の中の大多数が宿す熱量には、どう見ても大きな温度差があると評さざるをえないわけです。
 消費税の話題に関しては怒気すら含まれているように見受けますしね。

 この温度差は何なんだろうか……と考えると、やはりそこには「自分が消費したいから」「自分が好景気を享受したいから」という心根の方が先にあって、「我々庶民が多く消費していくことが、国家全体の需給ギャップの改善に役に立つんだ!」といった筋の、甚だ都合の良い『愛国心』の発揮の仕方をしているのだという風に思えてならないわけです。
 同じ需給ギャップの問題でも、政府の支出の話題の方は直接自分自身に恩恵を及ぼすという風に感ぜられないので、そちらには、げに麗しき『愛国心』とやらは発揮されないのでしょうね。


 何度も同じような事を言うようですが、これがもし、「自分が好景気の恩恵を受けたくて、多く消費できるようにして貰いたいので、デフレ脱却を希求する」と正直におっしゃっているのであれば、何も文句はないわけです。
 しかし、口では、「デフレは国力を下げるので、消費税を今上げる事はダメだ!」と、さも「国家全体のあれそれを憂いております」ってな調子で叫びのたまうわけでしょう?
 この誤魔化しも相当に劣悪で厄介な態度だと思います。もっと言えば吐き気を催します。

 おおよそ、こういった輩は、前回述べたような税率の本来の意味、『政府の適正規模』という長期的な国家のビジョンへ思考を及ばせるなどということはしないのでしょう。何故なら、そういった長期的な国家のビジョンは、明瞭に今の個人個人へ恩恵をもたらすといった風には感ぜられないからです。
 もし、『政府の適正規模』に対しての何らかの見解があって、(デフレ下でのタイミング論を述べるに正当性のある)「長期的には増税へ賛成」の者であれば、「税率を上げるタイミングといっても、事は政治なので、理想通りいかない事もあるだろう」といった、政府に対する寛容の姿勢も幾ばくか生じるはずです。
 少なくとも、口角泡を飛ばし、政府や政治家に怒り猛って「消費増税反対!」を怒鳴り散らしたりはせぬでしょうよ。




 俺は別に、「多くの国民に税や経済や政府の適正規模についての深い思慮」を求めているわけではありません。多くの人は、毎日普通に働いていて忙しいのですから、政治の事についてかかずらわっている暇など、あるはずもないからです。

 ですけど、自分にとって都合の良い、単なる『政府への請求』を、どこかで聞きかじった中途半端な理屈でもってハリボテの装飾をして、愛国者やインテリの風体を装う小市民ほど、醜く浅ましいものはないと思います。

 基本的に概ねの個々人は、政治について意見する立場になければ、その必要もないんです。一個の男子が、女子が、家が、店で、会社で、学校で、地域で普通に生活を送るだけで、無意識にじゅうぶん国家に対する責務は果たせているのですから、無理してよく分かってもいない『政治』について意見を述べ、あえて自らを醜く貶める必要などあろうはずもないと、俺は思います。



(了)



※お読みくださってありがとうございます。少しでも記事にご賛同いただけましたら、ランキング、ツイートなど、ご支援いただけたら大変ありがたいです。どうか、お願いいたします。
また、いつもご覧くださっている方、ご支援くださる方には、重ねて御礼申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/103-a070223b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。