10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

日本が日本であるために

 

TOP > 未分類 > title - フジテレビ、デモ      
  

フジテレビ、デモ 

 昨日、韓国偏重のフジテレビで数千人という大規模なデモが起こった。よくやったと思うが、当然ながらテレビのニュースにはなかなかならない。


 テレビの力ってのは甚大でさ。どんなに視聴率の低い番組でも百万人規模の国民へ同一情報を発信できる。
 これは、テレビが連日「A」と言い続けていれば、国民の大半をAという意見にさせてしまう程の力である。これがいかに圧倒的で絶望的な力か想像がつくだろうか。

 十年ほど昔、「あるある大事典」という番組があった。これは、毎週1つづつ食材をテーマに、それがいかに健康によいかを述べる番組で大変な人気をはくしていた。ウチの家族や学校のみんなはその番組が好きだったが、俺は恐ろしかった。何故なら、その番組で取り上げられた食材は、次の一週間だけはスーパーで売り切れて買えなくなるという異常なことが起きていたからだ。ヨーグルトとか椎茸とか納豆とか、そんな普通な食材ばかりなのにだ。
 俺は、「そんなうさんくさい番組を信じるのはやめろ」と、家族や学校の友達に言い続けていたのだが、誰も聞かない。それどころか、馬鹿にするなと怒られることも多かった。
 しかし、「あるある大辞典」は、番組内のデータの改ざんが原因で打ち切りとなった。
 このことから分かるのは、国民はテレビが右と言えば、たとえデータをいじっていても一斉に右を向くし、左と言えば左を向く。「あるある大辞典」の内容は、単に食材と健康がテーマだったから、あまり問題視されていなかったが、これは視聴者の意見を一つに染め上げるテレビの圧倒的な力を示していた。

 そして、テレビ局のほうは、それを十分分かっている。だから、国民の九割九部が、「好きでもなければ嫌いでもないし、そもそも興味がない」韓国にしても、少しづつテレビで流していけば、国民はそちらを向くだろう、とタカをくくっているのである。

 こういうのって洗脳といわないかな。
 だって、テレビを見ていなきゃ韓国のものに触れる機会ってほとんどないし、テレビさえ見ていなければ「興味が無い」あるいは「ほとんど知らない」という状況にしかならないのだよ。テレビを見ない人からすれば、テレビを見ている人が、「韓国のドラマの何何が、kポップがこれこれ、で話題になっているらしいよ」と言っている姿を見ると、まさに複雑怪奇、超常現象、異常事態に見えるのである。

 「韓国のドラマやポップスのほうが質が高いんだからしょうがない」という意見をたまに聞くが、それは全然お門違いである。
 テレビドラマや、Jポップは、そもそも大衆文化なのだから、内輪で楽しむことが目的である。確かにここ10年あまり日本のテレビドラマやポップスの質は内輪で楽しむことも出来ないレベルまで劣化しているのは間違いない。でも、それならもう止めればいい。わざわざ韓国から輸入してまで必要なものでもないはずだ。もともと西洋の音楽の焼き回しに日本語を付けただけのものなんだし。

 また、「嫌なら見なければいい」というのは人間を個人でしかとらえられない想像力の欠如した意見である。よく、テレビの公共性という話が出るけど、その公共性というのは「日本国民における公共性」という意味だからね。外人がその公共性の中に入ってくるのには、一定の限度というものがある。嫌、なのは、自分が見るのが嫌だというのはもちろん、日本国民全体として、韓国韓国韓国、という番組を見せられるのが嫌だ、という意味なのである。

 俺は、ほとんどテレビをい見ないから、韓国ドラマもKポップもまともに見たことがない。そりゃそうだ。情報を選び取れるネットの人間にとってみれば、わざわざ韓国のものを選びとる理由がない。
 そういう人間から見てみると、世界に二百近くある外国のうち、何故韓国だけをこうもとりあげるのか理解不能極まりない。

 あと、俺自身は嫌韓というわけではないが、別に嫌韓が悪いこととは思わない。過度によその国に肩入れするよりは嫌いなほうがまだマシだからだ。というか、これだけ興味のないものをごり押しされたら、嫌いにならない方がおかしい。

ランキングにご協力くださいこれをポチと押してブラウザの戻るで戻っていただければ、ランキングが上がるみたいなので。お金はかかりません。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 芸能ニュース

Janre: ニュース

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/11-fe859c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)