09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治 > title - 首相の靖国参拝についての世評      
  

首相の靖国参拝についての世評 

 12月26日、安倍首相が靖国神社を参拝されました。
 今回はこれについて。


 どうかランキングにご協力ください。お忘れなきよう、押してから読んでいっていただけると嬉しいです。










 俺は、靖国神社のまるで天を縁取ったかのようなあの大きな鳥居が好きだし、(大東亜戦争の指導者を含めて)戦没者の霊が合祀されているということに深い尊崇の念を抱いています。

 それに、総理大臣が靖国神社へ参拝することに対して、『現在生きている国民』が外交関係への懸念を理由にこれを非難する権利などない、とも思っています。当然のことですけれど、現在生きている国民は、靖国に合祀されている霊がいなければ、今存在していないのですから。

 また、「時期の意味が分からない」だとか、「言っていることがあんまりにリベラル」だとか、「保守迎合の気がある」だとか……保守派の立場からでも色々な批判のしようがあるかと思いますけれど、俺は基本的に安倍首相の靖国神社参拝を『擁護』します。
 そりゃあ総理大臣が靖国神社へ参拝するなんて当然至極のことですが、それを不自由たらしめてきたのは外国の懸念を楯にお花畑的反戦を叫びのたまわってきた大衆の中の一団なのですから、そうした不自由な立場での参拝であることに考慮を配さないわけにはいかない。何故なら、自分がその立場になった時に、果たしてそのように出来るかは分からないからです。いくら「出来る」と叫んでも、その言に担保を付与することはできないでしょう。




 ただ、「首相の靖国神社参拝」といえば、小泉首相の靖国参拝の時のような「保守の悪合同」が思い起こされ、これには危惧を覚えます。
 このことで表面的に『保守』が寄り集まってしまい、そしてリベラル色の非常に強い『改革』で政府の権限を剥奪していってしまうという、わけのわからない「悪合同」のことです。

 政権発足一年、すでに安倍政権でも同じような「保守の悪合同」が起こっているわけで、「首相の靖国神社参拝」の一方で「新自由主義的な構造改革と親米」がより強い気を帯びてなし崩し的に採択されていってしまうのではないか……という危惧は抱いておくべきだろうとは思っています。




 勿論、これは安倍首相がどうという話ではなく、むしろ『安倍首相を保守の星として祭り上げる一部の保守層』が大騒ぎするに違いない、という危惧なのです。
 そうした輩は、時には内閣と対峙する「国会や政党や官僚機構」すら首相の敵として認定し、さらにはまるで「自分の意見」が「安倍首相の意見」であるかのように語りだします。


 それは、安倍首相と保守の印籠の威を借りて、そっと自分の意見を織り交ぜるという甚だ卑劣な手法をもってなされる場合すらあるのです。

 例えば、26日、産経新聞の号外を書いた者は、

<米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。>

 といったような事を述べたてておりました。

 この記事を見た善良な国民は、安倍首相が靖国参拝をされた事を純粋に喜んだ上で、「なるほど、そういうことでのTPP交渉参加や親米基調だったのか」という思考の方向へ引きつられてしまうでしょう。もっとも、これはとどのつまり「アメリカに媚を売っておけば、チャイナに文句言われても大丈夫」という卑屈な論理以外の何ものでもないのですが、それ以前に「それが安倍首相の考えであるかという根拠はない」って所が巧妙にぼやかされているのです。




 つーか、この産経の記事には、マジで「ざまあ見ろ」と言ってやりたいですけれど、アメリカは首相の靖国参拝に文句を言ってきましたね。それもずいぶんとオフィシャルに強烈に言ってきました。国務省が「失望した」とまで言っているのですから。

 俺は、この点に強く強く注目しています。

 勘違いしてほしくはないのだけれど、俺は別にこれをもって反米を煽ろうというのではないし、アメリカが文句を言ってきたことでアメリカを罵りたいのでもありません。
 というか、アメリカが日本に対してどう処しようと、それはアメリカの問題であって、外人である彼らにどうこう指図する権利が俺にあろうはずもありません。

 俺の興味関心は、常に俺の国である日本の国の事であります。

 俺が今疑っているのは、共同通信社の世論調査で、「首相の靖国参拝については、外交に配慮する必要がある」という回答が69.8%を占めていたという絶望的な結果に関してです。
 そもそも、靖国神社のあり方は、我々の伝統と国の体系に関わる根本的な問題であるから、それについてよそ者へ配慮などしては我々の独立問題に関わります。これは、国家をやっているのであれば明白、というよりは自明の理です。
 しかし、さらに俺が疑っているのは、「アメリカの機嫌を損ねた」という所が、この69.8%の大きな理由になっているのではないかという所なのです。
 具体的に言えば、「伝統と国の体系の維持」は「アメリカの機嫌を損ねず、自分個人の身が危険にさらされない範囲でよろしく頼む」というように、メチャクチャ都合の良い本音を腹に据えている大衆が、相当数存在するんじゃあないか……という疑義です。

 勿論、俺にこれを証拠立てる術はないですが、しかし、もしチャイナや韓国が文句を言ってきただけなら、七割の人間が「外交配慮」について危惧するなどということはあり得ないのではないでしょうか。だって、別段の思想信条を持たない多くの日本人は、実のところチャイナや韓国の事など、まるっきり関心はなく、視野の外で、意識外で、好きも嫌いも良いも悪いも無いのですから。
 素直にこの七割の数値を捉えれば、「安倍ちゃん、靖国参拝するなら、アメリカの機嫌を損ねないようにしてくれたまえよ」という風に考えている輩の多さ故であると、分析するほかないでしょう? また、首相の靖国神社参拝そのものを不支持するものは、47.1%に留まっているところを見ても、なおさらそのように考える他ないのです。

 さらに言えば、きっとそういった連中の中でも、常から首相に「靖国参拝」を求めて保守ツラ掲げていた野郎も絶対いたはずです。そうした輩は、いつもは「首相は何で靖国を参拝しないんだ!」と文句を言っておきながら、いざ首相が参拝して、そしてアメリカが文句を言ってきたとなると、途端に梯子を外すわけです。




 当然ながら、俺はこの疑義が見当はずれであることを望みます。そして、こんな意地悪な口ぶりをして、ここで言いたいのはとどのつまりこういうことです。

 それは、
 小泉政権での靖国参拝では保留されていた、
「日本人は、アメリカが行くなと言った場合においては、首相の靖国神社参拝をどう捉えるか」
 という圧倒的な問いが、今提示されているのだ――という事。

 ここを、ナアナアにされては困るのです。
 せっかく、アメリカが文句を言ってきてくれたのですよ。
 俺たちは、いつかはこの問いに結論をださなければならないのだし、そして多分、もうゴマカシが効かない段階に入っているのでしょう。

 冷戦のパワーバランスは「人類の進歩と調和」の方向性ではないし、冷戦そのものが二十年以上前に終わっているのだから、東西の対立構造で回る世界ではなくなっていると、いい加減気づくべきです。
 チャイナ(仮想ソ連)が社会主義側で、アメリカが自由主義陣営……といった区分の上で、「我々は自由主義側だ!」とのたまうようなお花畑的保守観は、錆にまみれた旧貨のごとく現実世界では流通しなくなっているのです。
 アメリカとチャイナの親和性は、少なくとも日本とアメリカの親和性より明らかに高いのですから。





 俺は、首相がどういう算段で、またどういう心持で靖国神社を参拝したかという事について、何か代弁めいた論じ方をしたくありません。
 イチ平民にそんな資格も能力もあるはずはないし、第一、そうした代弁を元に首相や内閣を否定したり肯定する事は、デマゴギーの悪因になりかねないと思うからです。

 ですが、世の中で蔓延る、「安倍首相の靖国参拝」に対する「論じられ方」からは、もろ手を挙げて日本政府を擁護したいと思っています。

 第一に、マスコミの分かりやすい批判からの擁護であり、反戦の理屈をチャイナや韓国の批判に代弁させようとする傾向からの擁護。
 第二に、普段は靖国参拝に肯定的な者で、アメリカの不審を買ったからといって梯子を外しにかかる者達からの擁護。

 この二点からの擁護はどうしても提示しておかなければ気が済みません。


 そして、そうした擁護とあわせて提示しておくべきものとして、第三に、
「アメリカからの不審を一時的なノイズのようなものとして重要視しようとせず、直視しようとせず、ナアナアに、うやむやにしながら、『チャイナや韓国に向かって、毅然と靖国参拝する安倍首相』の像(イメージ)をいまだに掲げている連中の、都合の良い思考回路」
 を非難しないわけにはいかないのです。

 こうした連中は、「アメリカはチャイナに気を使っただけで、本当に不審を抱いているわけではない」から、「安倍首相の靖国参拝は、アメリカとの仲を毀損するものではない」といった、あまりに都合の良い見方をします。これは、『自由主義陣営への帰属』と『保守』との連結を、いまだに無理やりに持続させようという心根をもって、事をナアナアに捉えているだけじゃあないんでしょうか。

 そうはさせてなるものか、と俺は思います。
 反日を叩く為に、保守が合同して、『親米』とか『自由主義陣営』とか『新自由主義』とか『構造改革(アメリカナイゼーション)』とか、そういう方向へ帰結してしまうという話を、これ以上続けさせてなるものか、と思います。

 今回の事のように、「アメリカおよびアメリカナイゼーションが、もはや現実的に『日本の保守』と連結しようがない」という事が明瞭に指し示されているにもかかわらず、「チャイナや韓国のムカつきっぷり」に目を奪われて、それは端論として処理されてしまいがちです。
 ネット上の単細胞な保守に多いですけれど、「自由主義陣営として、チャイナへ毅然と立ち向かい、靖国神社へ参拝する安倍首相!」のイメージを未だに引きずり、強調し、誇張するのは、本当にやめてもらいたい。
 その誇張の一方では、確実に、「自由主義陣営というフレームワークではやっていけそうもない」という現実が、都合良くうやむやにされてしまっているのですから。




 今年最後の記事にして、ずいぶんとややっこしい論じ方をしてしまいましたけれど、今回の首相の靖国神社参拝については、いろいろな視点からの議論に対する批評を同時に示さないとおかしな事になると思うので、どうかお許しいただきたいです。
 また、年を越してからも、首相の靖国神社参拝で起きた議論をなるべく丁寧に批評していきたいと思います。


 それでは、よいお年を。




(了)




←お忘れなきよう、押していってくださいませ。


※お読みくださってありがとうございます。少しでも記事にご賛同いただけましたら、ランキング、ツイート、Facebookなどで、ご支援いただけたら大変ありがたいです。どうか、よろしくお願い申し上げます。

また、いつもご覧くださっている方、ご支援くださる方には、重ねて御礼申し上げます。




↓ランキングの投票方法が分からない方はこちらをご覧ください
http://shooota.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 6   

コメント

No title

後藤様こんばんは^ ^

12月に入ってから仕事は朝から深夜までで、ネットから隔離された生活を送っていました。訪問できていなくて申し訳ありません!
私にとって2013年、一番大きな出来事&衝撃度は後藤様のブログに出会えたことです。
大晦日、実家にて酔っ払っていますが、一言お礼を申し上げたくて。

ありがとうございます&よいお年を!

今回のエントリーも秀逸でもっと多くの人に見てもらいたいです。
来年、保守論界においてよりいっそう後藤様が飛躍されることを祈念しております!

りょうすけ@政治初心者 #X.Av9vec | URL | 2013/12/31 21:47 [edit]

Re: No title

りょうすけ様、あけましておめでとうございます!

 去年は足繁くいらっしゃってくださって、とても嬉しかったです。
 私も、りょうすけ様の感想にハッとさせられる事が多く、記事のヒントにもなっていたので、助かりましたw

 今年もどうかよろしくお願い致します!

後藤真(おーじ) #- | URL | 2014/01/01 00:09 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/01/01 01:12 [edit]

Re: No title

ななしA様、あけましておめでとうございます!

 誤字ご指摘たすかります。
 今年も気合い入れて書いていきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いします。

後藤真(おーじ) #- | URL | 2014/01/01 01:25 [edit]

No title

明けましておめでとう御座います。
ご多幸をお祈りするとともに、
御活躍を楽しみにしております。

政治のレベルは国民のレベルのままだと思います。
おーじさんにはより以上のご鞭撻を賜りたいとねがっております。

今年も宜しくお願い致します。

ハシビロコウ #- | URL | 2014/01/01 08:31 [edit]

Re: No title

ウナさま、あけましておめでとうございます!

 去年はいろいろとお世話になりました。
 今年もどうか仲良くしていただけると嬉しいです。

 今年一年が、ウナ様さまにとって素晴らしい一年になることを祈願しております!


【紹介】
 ウナ様は、リンクに載せているハシビロコウのブログ主様です。ハシビロコウはとても素敵なブログですから、これをご覧の方に是非とおススメさせていただきます。

後藤真(おーじ) #- | URL | 2014/01/01 21:57 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/145-a1f1ace3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)