05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 憲法:日本国憲法問題 > title - 憲法記念日を記念して、日本国憲法が廃棄される事を祈念する      
  

憲法記念日を記念して、日本国憲法が廃棄される事を祈念する 

 お久しぶりです。今日は憲法記念日ですから、廃憲論を。

 日本国憲法に不満があるという方は、どうかランキングにご協力ください。お忘れなきよう、押してから読んでいっていただけると嬉しいです。





yuuhi


 私は、日本国憲法を廃棄すべきだと考える日本人の一人であります。

 しかし、それは「憲法9条2項の戦力の放棄」に反対してというだけのことではありません。
 勿論、9条は問題ですが、それは表面のごく一部であって、そこに目を奪われて根本へ議論が向かわないことも大変問題であるように思われます。もっと言えば、憲法問題を9条問題――自衛の問題に集約させる態度は、「日本国憲法全体の内容そのもの」の問題を考えることが、日本人民諸氏にとって不都合である事を大衆本能で察知してのことであるように疑われてならないのです。
 そういうわけで、極論、私にとって憲法9条とか集団的自衛権で日本人民の生命が守られるとか、そんなことはどうでもいい話なのであります。

 また、この憲法が大戦後の占領下にアメリカ人が草案したものであることをもって、「憲法の押し付け」に反発をしているわけでもありません。
 そもそもこれでは、押し付け憲法の論理を展開すればほぼ必ず出てくる反論、「それでも内容がよいのであれば良いじゃないか」という話を論駁できません。
 ですからこの際、占領下にてアメリカの草案を下に作られた事も横に置いておいた方が良い。

 何といっても真の問題は、日本国憲法の「内容が悪い」という事なのですから。




 日本国憲法における最悪の問題は、「国民主権」と「基本的人権の尊重」の文脈が最悪であることについてであります。
 何故なら、文脈上、これらは「日本列島にいる人間」のために国家及び政府が存在していることになってしまうからです。

 前文では「ここに主権が国民に存することを宣言し」とされています。勿論、このことだけをとってみれば、別に当たり前のことでしょう。あらゆる時代、あらゆる国家において、仮に主権なるものがあるとすれば、それは国民の集団表象(集団意識)にあったと考える事ができるからです。たとえ絶対王政の下であろうと、それが独立を保持した国家体系を持っているのであればそれは国民主権と言えるのです。
 ですから、国民主権という単語自体に問題があるわけではない。というより、国民主権という言葉は、ほぼ「国があります」といっているだけなのです。

 しかし、ここでよく考えていただきたい。
 国民主権という概念を、ひとつでも具体化しようとすると、当然ながら「国民とは何か」という正統性の話題に行き着くはずでしょう?
 ですから、ごく常識的に考えれば、「国民主権」という言葉があれば、それに続いて「国民とは何か」が記されていなければおかしい。 しかし、この憲法では、10条「国民たる要件は、法律でこれを定める」と言っているのです。

 これをおかしいと思うのは、私がおかしいからでしょうか?

 だって、法の根本規範として憲法があり、その規範の根拠(主権)を国民においているのにかかわらず、その国民が何であるかは法律(国籍)によって規定されるというのですよ。完全に堂々巡りの論理であり、普通に考えれば破綻しています。

 しかし一つだけ、この破綻した堂々巡りを終着させる狡猾な方法があります。それは、「国民主権」を「人民主権」とすり替えて捉える仕方です。国民を、「国の歴史的経緯や抑圧の体系に組み込まれている民」とするなら、人民は「単に日本列島という一定範囲に存在する、日本国籍をもった人間」の事であります。
 そして、その人民に主権があることについての根拠は、「人権」にあるということにされるのであり、つまり、法の根拠は「人間の権利」にあるという事になってしまうのであります。

 これが憲法における根本問題なのです。

 つまり、日本国憲法によると、国民主権とはいいながら「国の体系」というものは法に介在してこないという話になるわけです。

 また、これは「人民が政府へ権利を請求する」ことに関しては非常に都合の良い話であります。何といったって、法の根拠は「人間の権利」であり、その「人間の権利とはなんであるか」という解釈は、人民の多数が決めるのです。そして、政府は彼らの請求に答える都合の良いサービス機関ということになっている。

 ですから、日本に住む日本人民諸氏は、アメリカから押し付けられたはずの憲法を、後生大事に一言一句変えずに保っているのであります。何故なら、日本人民の多数にとって日本国憲法が都合の良いものだったからです。
 日本国憲法は今を生きる多くの日本人民の一瞬一瞬にとっては非常に都合が良く、そして96条の憲法改正の手続きも、「今生きている日本人民の多数」を代表する上下院の三分の二と、直接の過半数によってのみ変えることができるという仕組みになっているのですから。



 そして、今さかんに言われている集団的自衛権の問題や9条の問題ですが、それは一応こうした日本人民の都合からも請求されうる話ではあるのです。
 それは自衛隊を「公的用心棒」と捉える姿勢であり、単に日本人民の生命の保全を請求しているに過ぎないのかもしれない、という疑惑です。
 9条の改正や集団的自衛権そのものは大変重要なことだと存知ますが、もしそれが単なる日本人民の生命の保全の請求に応えているにすぎないのならば、たとえ9条二項が改正されたとしても、害悪のほうが大きいのかもしれません。つまり、国民主権と基本的人権の尊重の文脈がより実体化されていってしまうという点で。



(了)




関連記事
スポンサーサイト

Category: 憲法:日本国憲法問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/170-f43dc371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)