09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 未分類 > title - 私の選好とは何か?      
  

私の選好とは何か? 

 私は、何かしら『正統』なるものに『制限』されてはじめて、『私』を得たと感じることができます。
 逆に、正統なるものの存在があやふやな状態ーー自由な状態では、『私』は極めて窮屈な思いをするのであります。
 私を窮屈にしているのはつまり、「大衆の選好」なるものです。

 と、いうわけで、今回は「私の選好とは何か?」ということについて。


 そもそも、このブログを選好して読んでいるわけではない……という方には無理にとはいいませんが、そうでもないという方はどうかランキングにご協力ください。お忘れにならぬよう、押してから読んでいただけると嬉しいです。





倉敷

 個々人の自由な選好を最大限に重んじようとするのが、市場原理主義の持つ(隠された)倫理観ということでありましょう。
 しかし、皆さんは、「何でも自由に選んでよろしい」と言われながら、実は自分でなんか選んでいないような心持ちになった覚えはありませんでしょうか。

 そもそも、人は、空白の中で物事を考えたり、選んだりしているわけではありません。「私」や、その「選好」とは、常に私が経験している「世界」に応接しているからこそある。
 故に、私の「選好」は、私外の世界が、この私をどう限定するかという所と不可分かつ相互依存関係にあるはずでしょう。

 つまり、もし私を取り巻くこの世界が『正統』を失ったら、私の選好も『正統』を失うのです。
(と、言うより、既に世界が正統を失っているから、私は、「正統の基準」を持っていないのです。私は、この事が悲しくて仕方ない。)


 正統なる「制限」が取り払われると、人は瞬間「自由」になった気がするのかもしれません。
 が、正統なる制限が取り払われても、「私からはじまり私に帰結する選好」など存在不可なのだから、人の選好は新たに別のモノに『制限』されるようになる。

 それは、極めて猥雑で、不正統な、『大衆の選好』というものです。

 つまり、「正統」を取り払ってしまうと、「大衆が求めているモノ」こそ、個人の選好の基準となってしまう。換言すると、個人は「正統」から解放されると、次に「大衆の選好」に制限されるのであります。
 この場合、「大衆の選好」こそ、最も権威あるものとして個人を制限するようになるというわけです。

 また、大衆の選好が社会の「平均」であるなどというのは大きな誤解です。あるいはそれは、市場原理主義を楯に政府から権限を剥奪せしめんとする大衆の方便です。
 大衆の選好は、単に「大量の人が選んだモノ」というだけですから、実は誰も選んでなんかいないのですから。


 既に、この日本は、正統なる選好の基準を失っているので、最も権威ある選考の基準は「大衆の選好」ということになっている。
 それは、学校や職場などといった、ごく狭い社会体に及んでいて、誰もが「大衆の選好」通りに消費せざるをえなくなっています。しかも、それを「自分が選んだ」と思いこんでいるのです。

 私は、「大衆の選好」などという不正統なものを基準にして選択などしたくない。ましてや、大衆の選好に屈服してとった行動を「私の選好」だと換算してもらってはたまらない。

 私はもっと、正統なものに制限されたいのです。

 百姓階級はこうあるべきとか、高貴なる階級はこうあるべきとか、真理を探求すべき学者はこうあるべきとか、男はこうあるべきとか、女はこうあるべきとか……そういった『偏見』が社会の中に確固として威厳を持っていて欲しい。また、そうした『偏見』は、共同体の中で、閉鎖的、排外的に、独自に、歴史的に、抑圧的に育まれたものでなければならない。そして、生まれた瞬間から、それが私を制限していなければならない。

 さすれば、私は、その偏見に「従う」か「刃向かう」か選択できるではありませんか。勿論、何でもかんでも偏見に従って選好することもなければ、何でもかんでも偏見に刃向かって選好することもないでしょう。
 ただ、こういった選好の方が、「ほんとうの私が選好した」と言えるのです。



(了)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

「すべての官公立施設からすべてのテレビを撤去せよ」

>焼身を 出来ぬ我が身の ふがいなさ
>生ある限り ユダ金撲滅 >芭蕉
>芭蕉さん 最高の詩 同感です。 >豚朕勘
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201407/article_30.html

>芭蕉さん
>豚朕勘さん

わが身を焼く前にB-CASカード破棄NHK解約解体して似非日本人政府ユダ金スパイ憲法違反内乱罪外患罪公務員と戦争犯罪人在日米軍をことごとく投獄または国外追放し、日露安保条約平和通商条約を結んで福一を石棺桶化してから死にましょう。



日本国公務員全員に告ぐ。官公庁施設備品としてテレビを一台でも購入設置すれば直ちに公金窃盗不正使用の刑事汚職であり、憲法99条違反である。

また公務員が職務中に1秒でもテレビの画面を視聴すれば直ちに職務怠慢、公務遂行義務違反であり懲戒免職である。

テレビのようなまったくものの役に立たない、しかも人体に有害極まりない電気毒物を、憲法によって国民全体への奉仕が義務付けられた公務員の公務遂行施設官公庁が国民が納めた税金を使って購入設置してNHK受信料を払い電気料金を払うことは、重大な憲法違反の公金窃盗である。その施設に所属する公務員全員連帯責任で懲戒免職相当である。

直ちに全国すべての公金で運営される官公庁施設からテレビを一台残らず撤去しNHK解約しリサイクル業者へ売却して売却益を購入損金の補填に充てよ。足りない部分は当該施設の職員全体で等分に俸給から返還補填せよ。

行わなければ公金窃盗で刑事告発して公務員全員懲戒解雇する。


NHKは総務省直轄の法人組織であり国家予算から運営資金を計上しているのであるから、NHK職員は全員主権者国民が納税して形成した公金から俸給を受け取る「公務員」である。NHK職員には全員憲法最高法規99条によって憲法擁護遵守義務が科せられている。

さて放送法なる違憲立法によって受信料を徴収しているNHKが、税金で購入した公用車両のカーナビや税金で購入した公用携帯電話からNHK受信料を徴収すればそれはただちに公金窃盗というNHKの刑事犯罪に当たる。

そういう事実があれば直ちにNHKを公金窃盗で刑事告発して解体する。違憲立法放送法を悪用して国民の財産から受信料を盗み続けてきた総務省を刑事告発して、NHK開局からこれまでに詐取した受信料累積全額国庫へ返納させる。期限は2年以内。すべての公務員を管轄する総務省の犯罪であるから、すべての公務員俸給を減額して賠償金支払いに充てる。2年もあれば十分賠償できてお釣りがくるよ。

通りがけ #- | URL | 2014/07/07 22:34 [edit]

No title

上のコメントの方、
ものの言い方がまるでフランス革命で馬鹿騒ぎしてた左翼連中と同じですな。

かなり公務員を目の敵にしているが、実際に公務員の仕事見たことないでしょ。
私は何人か知っているが、彼らもいろいろ思い通りにいかない中で、なんとか足掻いているのが実情。中にはダメなのもいるけど。
そもそもそんなに文句があるなら、政治家に直訴するのが筋。

それと、どの官庁のどの部署にもテレビあるし、しかも、毎日つけてるよ。
だって国会中継みなきゃ。
町役場ですら、訪ねてきた住民のためにテレビ設置してニュース流してるのにw

この手の人って、ちょっとでも気に入らないのがあったら、何でもすぐ解体って叫ぶよね。メリットには一切触れずに。
しかも解体したあとの展開については絶対何のアイデアも出さない。
気に入らないものは壊して壊しておしまい。
対象が違うだけで、言ってる事やってる事が左翼と一緒。

プー太郎 #- | URL | 2014/07/31 04:30 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/189-3443cf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)