04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治 > title - 移民政策にかんする序章      
  

移民政策にかんする序章 

 これから、いみ……外国人労働者受け入れ拡大について、少し触れてみようと思います。これは、その序章。


 移民政策賛成……という方には無理にとはいいませんが、そうでもないという方はどうかランキングにご協力ください。お忘れにならぬよう、押してから読んでいただけると嬉しいです。





1674-ike-eme.jpg

 もっとも、「いみ……外国人労働者受け入れ拡大に反対!」などというのはおそらく大学生でも言える事ですのであまり話題にはしたくありませんでした。

 いや、そもそも、去年の始め頃に「アベノミクスを金融緩和重視で考え出す事」と、今年の「外国人労働者受け入れを含めた新成長戦略」とは完全に直結しているのであります。(間にTPPを入れれば分かりやすいでしょうか?)ですから、前者の流れを礼賛して「共通の事業」を無視してきた大衆には、後者を拒否するケンリはないのです。

 また、もし安倍首相を批判をするのだとしたら、「新成長戦略は、金持ち優遇で弱者をイジメだ! 安倍は人非人だ!」とやってもらっては困ります。
 安倍首相が非難されるとしたら、安倍首相が『大衆』あるいは『大衆の代弁者』となって三本の矢を放ちはじめ、「共通の事業」を指し示さなくなった所が焦点とされるべきです。新成長戦略は大衆理論の帰結なのであって、怒りでこの事を忘れてもらったら困る。
 言い換えれば、そもそも悪の根元は大衆なのであって、安倍首相は「首相でありながら大衆である」という所に限って糾弾せらるべきなのです。ですから、もし、その『弱者』が『大衆』なのだとしたら、弱者であったとしても安倍首相批判に走るケンリはない。「大衆的小市民」が、「大衆的首相」を批判する事は許されないのです。それらは共に『大衆』として糾弾されるべき側なのですから。


 そういえば、(人事の経緯からして別に擁護したい人物ではありませんでしたが、)白川元日銀総裁というのがいましたでしょう? 今の『新成長戦略』は、去年の重要な時期に「白川を討て」とイジメに走った小市民(あるいは傍観者)が今度はイジメられる番になったというだけ、という一面もあるわけです。そう、イジメとは順番で回ってくるのであります。散々人をイジメておいて、自分がイジメられる番になった時だけこれを拒否できるなどと考えるのは、あまりに都合が良すぎでしょう。
 たとえば、少なくともそうした小市民だけは、新成長戦略でもって淘汰されることを拒否するケンリは絶対にない。もうやり直しは効かないので潔く淘汰されるべきなのです。

 しかし、リフレ派および小市民ら(大衆)が、「頑張っている俺たちが報われないのは、日銀が仕事をしていないからだ!」と吐き散らかした帰結によって、放った矢の進路が180度曲がり傷つけにかかる対象は、彼らだけではないのが大問題です。

 つまり、歴史的な既得権益の下で、ふつうに黙って魚捕ったり、稲育てたり、モノ作ったり、運んだり、床屋やったり、饅頭作って売ったりしているだけで、おおよそ政治に口出しなどしない『庶民』にも矢は降り注ぐのです。
 あるいは、かくのごとく国家に矢尻の向く事は、国を造りあげてきた先人に対してはほとほと申し訳なく思うというもの。



 せっかくのアベノミクスを、リフレ派と小市民(大衆)が台無しにしてしまったこの一年半を振り返ると、いみ……外国人労働者受け入れ拡大を始めとする新成長戦略をどうこう言う気力は殆どなくなります。つまり、大衆を含めて擁護することになってしまうから。

 しかし、当ブログは一応『日本が日本であるために』と銘打っているわけですから、日本に保守すべき領域がまだ残されているという前提に立たねば何を言う意味もなくなってしまいます。つまり、この日本に、大衆ではない、『国家国民』の領域がまだ残されているという前提です。それは、国家の歴史的相続財産を既得権益として享受し、生活する、日本国民による共同体の領域のことです。
 この、国家国民の領域を、安倍政権を映し鏡とした『大衆』が破壊しにかかることに対する批判として、移民政策や新成長戦略をどうこういう言う意味が出てくるのであります。

 逆に、これより私が移民政策を批判する場合も、単に「何ら共通の事業に加わろうとしないくせに、弱いというだけでケンリを請求しにかかる小市民が、外人から迷惑を被る事を危惧して」のことではないのは、どうか分かっていてもらいたいものです。



(了)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/194-25cf1cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)