05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 未分類 > title - 日本民族超優秀説      
  

日本民族超優秀説 

 引きつづき、「外国人労働者受け入れ拡大」という考え方の問題について。

 労働供給力不足があれば、そのつど外国から出稼ぎを集えばよい……という強い主張をお持ちの方には無理にと申しませんが、そうでもないという方はどうかランキングにご協力ください。お忘れにならぬよう、押してから読んでいただけると嬉しいです。





1img_1277.jpg


 前回、外国人労働者受け入れ拡大の件で最も問題なのは、「その時々で労働供給力の足りていない部分に、外国人を適宜投入する」という発想そのものであると論じました。


 そもそもお気づきでしょうか? 
 新成長戦略の外国人活用の話は、「これが移民政策か、そうでないか」という焦点で議論されてしまっているということを。
 肯定する者は「移民政策ではない」といって肯定するのだし、否定する者は「移民政策だ」といって否定する。つまり、これを「移民政策」として肯定している者はほとんどいないのです。

 もっと言えば、「外国人労働者受け入れ拡大は、移民政策だ!」と糾弾する者でも、一方で「これが外国人の短期の出稼ぎの活用で済むのであれば良いが……」という前提に立っている事が少なくない。
 別に「安倍首相批判」をしても良いのですが、それに熱中するあまり移民政策としてこれを批判することに固執し、「外国人の出稼ぎの活用」という考えの方はボンヤリと受け入れられてしまったら、元も子もありません。
 この事はよぉく考えてもらわねば困るのです。



 なにはともあれ、根本的に「労働供給力の足りていない部分に、外国人の出稼ぎを活用する」という考えは、『市場』というものに対する誤解なのです。
 この考えは、「自由市場の合理性の為に、人間が世界中を動き回れる」という前提に立ったものです。この場合、労働力の需要と供給における偏りや斑(まだら)な部分について、外国人やグローバル人材を『調整弁』として活用してみせるという『合理性』であります。
 確かに、日本で短期的でも稼ぎを上げたい貧乏な外国人はいくらでもいるでしょう。また、日本人では賃金を上げねばやりたがらないような仕事を、安い賃金でやってくれる外国人労働者は、企業にとって大助かりでしょう。
 しかし、日本人がやりたがらない仕事を外国人が安い賃金でやり、日本人は各々の日本人のやりたい仕事を……それこそ「日本人高度人材」としてやってゆく……というような事で、市場の相貌を保っていけるでしょうか?


 ここで、仮に、日本民族が民族的にとても優秀で、外国人に比べて、ほとんどが「高度人材であり得る」という空想をしてみましょう。
 すると非高度人材のやるような「便所掃除」のような仕事は、地球上に数多いる日本民族以外の劣等な民族を派遣し、適宜従事させれば良いということになる。というのも、日本民族は優秀であるから、「高度人材」として、高度な仕事に従事すれば、高度な付加価値を産みだし、高度な給与を獲得でき、高度な消費行動を行うことができる……という事になるからです。ただ、かくも優秀な日本民族は一億二千万人ほどもいるらしいから、日本国内に限れば「高度な仕事」は行き渡らないかもしれない。ならば、今度は、地球上で高度人材の高度人材たるを発揮できる所へゆけば良い、というような話になってくる。

 この「日本民族超優秀仮説」の上で、以上のようなイメージを抱いている人が多すぎる気がします。
 ここまで極端でなくとも、労働力の需要、供給の偏りを、「貧乏外国人の出稼ぎ」や「高度グローバル人材としての日本人」というものの交換で埋めようとする姿勢には、これに類似した世界観が根本にあるはずです。
 あるいは、その日本民族優秀説は、「平均的にはそうなる」という風に平均型として前提されているのかもしれません。ですから、外国からも高度人材を受け入れるという構えをとるのです。つまり、グローバルな基準で高度と低度の人材を行き来させるのだとしたら、「平均的」に日本は『高度』の方の輩出源になるはずだ、という根拠のない自信が前提とされているから、これが国力をあげると錯覚をするのでしょう。

 まあ、いいです。その「日本民族が超優秀である」という私の右翼心を満たしてくれそうな仮定をひとたび採用してみるとしましょう。
 しかし、たとえこの仮定に立っても、その国境を越えた人材の交換は、「市場の相貌」を『混沌』に近いモノへとすると断言できます。

 何故なら、労働力の需要、供給は、市場における様々な経済活動との連関で行われるものだからです。
 たとえば、労働力の需要は、企業の投資や生産計画に関わりがあります。企業の投資や生産計画は、市場における長期的な『需要』に対する見込みによって決定されます。需要の最も大きな要素は人々の消費活動です。そして、消費は労働力供給者によってなされる部分が最も大きい。

 つまり、外国人出稼ぎ労働者についても、彼らは労働者としてやってくるのと同時に、消費者としてもやってくるのです。(もしかしたら投資家でさえあるかもしれません)あるいは、日本人がグローバル人材として海外へ飛べば、その分の期待されていた日本人的消費が市場から消失することになる。(彼らは地球上には存在するのだから、彼らの飛んだ先へ輸出をすれば良いという考えは、消費行動にかんする誤解です。個人の消費行動が、環境に支配されているという常識を無視してもらっては困ります)

 そして、市場への人の出入りによって消費の性質があまりに様々に移り変わってしまうとすれば、需要にかんする見通しはごく不透明なモノになる。こうした不確実性が増せば、実体経済への投資は抑制されます。
 これを簡単に言い換えれば、市場を構成する「人」がそんなに簡単に出たり入ったりするのであれば、そこでどのような消費活動が行われ、どのような価値が前提とされるかという事について予測を立てようがないということ。


 結論を言えば、現実世界で「市場の相貌」は硬直的でなければならないということに尽きます。「硬直的」と言って言い過ぎなら、「弾力的でなければならない」と表現しても良いでしょう。
 で、なければ、市場のさまざまな経済活動において、予測が成り立たなくなってしまうのです。予測が成り立たない状況では、人は何もしない事を選択します。つまり、貯蓄や内部留保が増え、投資は減るのです。(経済学で習う、貯蓄イコール投資は短期では成り立たない)


 おそらく特に冷戦崩壊後、日本人は「自由市場、自由市場」とのたまってきたのでしょう?
 しかし、『市場』が適正に機能する為には、市場を市場として成り立たせる「土台」が必要なのです。その「土台」とは、共同体とか国家のことです。

 さらに、そもそも共同体と国家が、市場の土台となりうるのは、「慣習、慣例」や「歴史、文化」や「道徳、偏見」や「生活スタイル」といった所までをある低度共有することになるからです。それは、人々の経済活動が、人々によってある低度予測されうる為の条件でもあります。

 そして、この条件は、人の「定住」を前提としなければ成り立ちません。
 当たり前ですが、人が地球上を飛び回る事を前提とすれば、「共有」の前提もなく、「国家、共同体」がないが故に、「土台なき市場」という事になってしまいますでしょう。
 この『土台』の保守の為、人の出入りは制限されていなければならないのです。

 土台なき市場でもそれが自由な市場であれば均衡しうる……と考えるのは、「理性への過信」と呼ぶべき態度なのですから。



(了)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

シンポジウム「あなたの街は大丈夫? 多文化共生と地方自治体の真実」

関連イベント紹介失礼いたします。

移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会 (愛称: 八重桜の会)は、地方自治体における多文化共生政策および一連の外国人優遇政策・定住促進政策をテーマとしたシンポジウムを開催します。

維新政党・新風の鈴木信行代表、埼玉県の鈴木正人県議会議員(無所属)、大田区議会議員を13年務めた犬伏秀一 日本維新の会衆議院東京都第4選挙区支部長をお招きし、今自治体で何が起きているのか、私たち住民に何ができるのか、政府の国家戦略特区や外国人労働者受け入れをはじめとする一連の成長戦略が、こうした地方自治体の現状とどのようにつながっていくのか、政治の立場からお話いただきます。

日時・場所
平成26年8月16日(土)13:45-16:30 (懇親会17:00-)
深川江戸資料館 小劇場
〒135-0021 東京都江東区白河1-3-28

主催: 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会(八重桜の会)
http://www.sakuranokai.org/
Facebook: https://www.facebook.com/groups/403012403133962/

講師:
鈴木信行氏 (維新政党・新風代表)
http://www.shimpu.jpn.org/

鈴木正人氏 (埼玉県議会議員、無所属)
http://www.trans.ne.jp/masato/

犬伏秀一氏(日本維新の会 衆議院東京都第4選挙区支部長、前大田区議会議員)
http://www.inubushi.com/

モデレータ: 金子宗徳氏(月刊国体文化編集長、里見日本文化学研究所主任研究員)
http://blog.kanekomunenori.net/?pid=1

時間割:
13:00-13:45 設営
13:45-14:00 開会・連絡事項
14:00-14:30 講演(鈴木代表)「自治体における 外国人優遇政策(生活保護、社会保障、留学生補助金などの実態)」
14:30-15:00 講演 (鈴木県議) 地方議員の観点から
15:00-15:30 講演 (犬伏前区議) 地方議員の観点から
15:30-16:20 パネルディスカッション・質疑応答(モデレーター調整中)
16:20-16:30 連絡事項・閉会
17:00- 懇親会(実費、任意参加)

費用: 1,000円(資料代)

お申込み: 資料の用意の関係上、予定がわかっている方はできるだけ事前登録お
願いいたします。こちらのフォームよりお申し込みください。
https://creativesurvey.com/reply/b1788d76a8855fb4a5bbf2bbc13566

協賛
新しい歴史教科書をつくる会
維新政党・新風東京都本部
鎌倉の教育を考える会
小金井市青少年育成協議会
笹竜党(ささりんどう)
自治基本条例に反対する市民の会
真の人権を考える日本国民の集い
多文化共生を考える会・鎌倉
北陸3県有志の会(行動する北陸)

お問い合わせ:
八重桜の会 info@sakuranokai.org

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※妨害行為につきましては、警察を含め厳しく対処させていただきます。あらかじめご了承ください。

八重桜の会 #hRpcN5AQ | URL | 2014/07/19 10:56 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/196-30b5ef83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)