09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 未分類 > title - 基本的な考え      
  

基本的な考え 


日本が日本であるために

 当ブログはタイトル通り、「日本が日本であること」へのこだわり(ナショナリズム)に高次の「基準」を置いています。
 これは、人間として生まれたからには「私」の運命(我々の場合は大きな領域で「日本」というネイション)に強いこだわりがなければ、真、善、美にこだわる事もまたできないという人類普遍の理を根拠にするものです。また、地球がかように狭くなった以上、ネイションの保守には強いステイツ(政府)もまた必要不可欠だというのが当ブログの立場です。

 そして、真、善、美にこだわる意思を持たない卑俗な生ける屍の群れを「大衆」と呼ぶことを許していただければ、大衆による「政府権限の剥奪」と「政府へのケンリの請求」が、今日のあらゆる問題における諸悪の根元であるとも断定できます。
 よって、当ブログでは「大衆」を一貫して仮想敵とみなし、「大衆理論を圧殺する」ということに力を傾注している次第であります。



大衆理論圧殺のための具体的な立場

一、構造改革、行政改革、政治制度改革、郵政改革、農協改革……などなど改革と名のつくあらゆる「平成の諸改革」に全て反対。

一、徴兵制の必要を主張。
一、核武装の必要を主張。
一、軍事立法の必要を主張。

一、大東亜戦争を「日米100+70年(継続中)戦争」と考え、日本の勝利と独立を祈願。
一、司馬史観からの脱却の必要を主張。

一、政府の権限と支出の拡大(大きな政府)を主張。
一、資本主義、自由市場主義、民主主義への懐疑。
一、既存の国内産業既得権益とコネ、シガラミを擁護。
一、自由貿易に反対

一、アベノミクスにおいては第二の矢「財政出動」を最重視し、ケインズ政策化させることを主張。
一、リフレ、ダメ、絶対!
一、軍備増強と公共土木事業を重視。
一、国債の増刷とのセットでの、財政ファイナンスとしての金融政策には賛成。(政府が円を刷って、政府が使う)

一、長期的には消費税の増税に大賛成。
一、長期的には所得税と法人税の増税の必要も主張。

一、政治家、官僚組織に対する寛容の必要を主張。
一、政治家の定数拡大と中央官僚組織、軍事組織の強靭化を主張。
一、中央の指導と援助による各地方の発展と、各地方による中央政府組織形成の均衡を志向。
一、前項の目的を達成するため、道州制に反対。

一、皇室を尊重


関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/223-c87b3fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)