03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

日本が日本であるために

主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。

 

【日記】橋下徹と「大阪都構想」 

 どうやら、大阪都構想を唾棄するということが、日本の問題を考えるにも構えとしてかなり重要なことのようであります。


 これは、大まかには「大衆」の愚劣さの問題であり、「改革」の浅はかな姿勢の問題です。
 間違いなく、平成の世に日本をここまで凋落、没落させてきたのはありとあらゆる「改革」であります。また、その改革の気分を推し進めたのは間違えなく「大衆」でした。政治権力は大衆の傀儡とされ、常に「組織解体の改革(過ち)」が執行されたわけです。それが実際にことごとく失敗しても、ことごとくその失敗は忘れさられた。それもそのはず、そもそも誰も何も本気で言っていなかったからです。
 ですが、本気でない、軽いノリでも、積もれば多数なのです。そして、現代社会の支配者は「多数」であるらしいので、結論は「本気でない軽いノリ」=「組織解体の改革」が採択される事になる。
 その上、「民意」や「世論」といった美しき羽衣を羽織ってすらいるから、さらに厄介です。


 橋下徹が、大衆迎合の天才……つまり、人間のもっとも劣悪な精神であるところの「本気ではない多数の軽いノリ」に迎合する天才であることは間違いありません。
 すると、橋下徹が正しいことを言ったりやったりする可能性は無いということになる。何故なら、大衆が正しい事を言ったりやったりすることは無いからです。

 すると、その「大阪大衆」と「大衆迎合の天才」の無価値な蜜月の向かう先は、「組織解体の改革」に決まっている。
 この場合、「組織解体の改革」は「大阪都構想」という名で下品な意匠が凝らされているというまでのこと。
スポンサーサイト

Category: 日記

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

アホやろ

なにが大衆迎合だよ

反対派がやってることそのものが大衆迎合を狙った、市民に物事を考えさせないようにする行動だろに。

くだらん記事書くなバカ

アホか #- | URL | 2015/02/21 07:52 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/234-f95edc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)