09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 憲法:日本国憲法問題 > title - 【第1回】日本国憲法の諸問題(議論の本位を定ること)      
  

【第1回】日本国憲法の諸問題(議論の本位を定ること) 




 ※この記事『日本国憲法の諸問題』は、昨年よそ様のサイトへ寄稿した論考の原版です。読み返してみたら我ながらなかなか良いことを言っているように思われたので、引用のくどい部分をカットしたりなどの手直しを施しつつ、当ブログにも載せていこうと思います。
 また昨今は、イスラミックステイトの件もあって、「憲法を安全保障の問題に集約しすぎた姿勢」がよりいっそう横行しているようにも見受けられますので、これを期に「憲法」の問題についての論に厚みを出せるように勉強していきたいと思っている次第でございます。



【第一回】 議論の本位を定ること

 憲法と聞けば、皆さんはどのような問題を思い浮かべるでしょうか? 巷で「憲法の問題」と言えば、すぐに九条を連想する人が多いように思われます。確かにこの九条……とりわけ二項は凄まじい文言です。特に、集団的自衛権の事が話題になっている昨今、憲法問題とは九条の話題だということが半ば大前提とされてしまっているように見受けられます。

 正直に言えば、私自身は九条の文言が大嫌いですし、集団的自衛権の問題は日本の国において大変重要な課題であると思います。
 しかし、憲法問題における意識があまりに九条の議論に終始してしまうかくのごとき状態はいかがなものでしょうか? なんと言っても日本国憲法は、前文、一章~十一章(1条から103条)まであるのです。その全容を概観せずに細部末端のみ取り上げる姿勢は、その細部における議論すら空転させてしまうのではないでしょうか。

 このことを具体的にいえば、九条ばかりにとらわれて、日本国憲法の全体に張り巡らされた純粋近代主義的な『理念』が無批判に享受されてきてしまっていることが甚だ問題だということであります。また、日本国憲法の持つ理念……根幹を論ぜずして九条だけを論じても、結局はただの罵り合いに終わるのみだということすら言えます。

 或いは、ここに九条の問題にかんしてだけは同じ意見(たとえば二項の削除)である者達があったとしても、その憲法理念に対する根本が違えば、それは立場の違う者として認識せらるるべきであるはずです。それを九条問題の雑漠たる立場の腑分けのみで議論を始めてしまっては、議論の本位を定める事は国が滅ぶるまでないでしょう。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト

Category: 憲法:日本国憲法問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/243-898728dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)