08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > スポンサー広告 > title - 【読感文】藤井聡『プラグマティズムの作法』 TOP > 未分類 > title - 【読感文】藤井聡『プラグマティズムの作法』      
  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【読感文】藤井聡『プラグマティズムの作法』 



 今日は、京都大学の藤井聡教授の『プラグマティズムの作法』というご本の読書感想文を。

 プラグマティズムという語は日本語だと、実用主義、道具主義、実際主義……などという風に言われます。ですから、この題名から、単に「物質的、数値的に実用的で役に立つことをやれ」というような自己啓発的な内容を思い浮かべるかもしれませんが、ここで言われる「プラグマティズム」とは、そういうことではありません。

 簡単に、私流に要約させていただくとこうです。

 力と効果は不可分である--つまり、全ての行為(力)は、実は何らかの意味で実用的(プラグマティック)にしか存在しえていない。また、その実用(効果、目的)も、より上位の目的が前提されていて、さらにその上位の目的の目的の目的の……というように言語的な物語が(意識的にせよ無意識的にせよ)前提にあってはじめて行為(力)という概念は存在する。だから、力を考えずに効果だけを論じたり、効果を考えずに力を考えることは、人間の実際を反映していないという意味で虚像だ、というのがプラグマティズムなのです。
 そして、その効果(目的)の効果(目的)の効果(目的)……と突き詰めていくと、人は誰しも無意識的にせよ抽象的な神秘の領域(世界観)から物語上の目的が下ろされている、と考えざるをえなくなる。さらにここでは、善の世界観に帰着するプラグマティズムと、悪の世界観に帰着するプラグマティズムが存在することを前提にしています。
 この本で提示されているのは、こうしたプラグマティズムを基礎とした哲学的な人間の解釈と、この人間解釈上で言える二つの「作法」についてであります。
 第一の作法は、その行為(力)がいかなる効果(目的)を持っているか、さらにその効果の効果の効果……という物語的経路がいかなるものかを「自覚」しようとすべきだ、という作法。
 第二の作法は、その自覚された物語経路を、正統なる信仰の体系に沿わせようとする……つまり、善の世界観を持つプラグマティズムにせしめようとするべきだ、という作法であります。


 私がこの本をはじめて読んだ時は、いわゆるプラグマティズムの哲学と、ウィトゲンシュタインの哲学を関連付けて論じている所に面白味を感じたものでした。そうした藤井教授の言葉遣いの妙は、本を非常に取っ付きやすくしてくれています。また、その意味でプラグマティズム入門、ウィトゲンシュタイン入門としても有効ですよ。


 加えて最近、この本を読み返して、以下の二つのことを考えたので、それを今回の感想と致します。

1、
 まず、こうしたプラグマティズムの作法を考えた時、物語経路の自覚と、善なる世界観に帰着しようとする意思の、どちらが欠けていても作法に合わないということに注意が払われるべきということです。というのも、それならばプラグマティズムの作法に欠けた人間というのは二種類いることになりますでしょう?
 要は、無自覚か、開き直っているかの違いなのですが、この事は同じく藤井教授の『大衆社会の処方箋』で述べられている大衆の分類、つまり「自己閉塞性」と「傲慢性」に関連付けて考える事ができる。
(『大衆社会の処方箋』の読書感想文もまた書こうと思います。)

2、
 このような、ウィトゲンシュタインの言う「語りえぬもの」といった神秘の領域を前提としたプラグマティズムを考えると(あるいはプラグマティックに力の効果から神秘の領域を想起するとなると)、やはり西洋人のような「神(ゴッド)と私の関係」を、我々日本人は持ち合わせていないし、持つべきでもない……という問題に突き当たります。
 これは、我々日本人が近代(モダン)というものに直面して以降一貫して抱え続けている問題で、だからこそ我々は「語りえぬもの」をあえて語らねばならなくなっている。
 しかし、この神秘の領域をあえて語ろうとすると、何となくボンヤリした話に見えてくるのが難しい所。でも、ほんとうのほんとうは、確かなるもののはずなのですよ。
 藤井教授は、この『プラグマティズムの作法』において、それを「太陽」という言葉で表現しました。しかし、太陽の事を持ち出した後半は、パースやウィトゲンシュタインを持ち出した前半よりも評価されていないという風に聞き及んでいます。そういう事を聞くと、本当に難しいなあと思うのですよ。と言うのも、この本で藤井教授がほんとうに言いたかった事は、「太陽」のことに違いないからです。



プラグマティズムの作法 ~閉塞感を打ち破る思考の習慣 (生きる技術! 叢書)





関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/247-cca0d46e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。