03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

日本が日本であるために

主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。

 

愛知県民からみた大阪都構想・2 



 たとえば、我が愛知県にも「中京都構想」なんて話がありました。
 2010年に、愛知県知事の大村秀章が知事選挙へ出馬する際の公約に掲げていたという経緯がありますので、まあそういう話があったということは確かなんです。

 しかし、そんなもん誰も本気にしちゃあいない。当初からお題目みたいな話であったし、今じゃあ構想の体をなしていないですし。

 まあ、そりゃあ当然ですよ。

 というのも、(これは、愛知県民にしか分からない感覚でしょうけれど)「名古屋市」という範囲、行政単位、共同体は、それ自体に大きな「性格(キャラクター)」というものがあるのです。

 そもそも、会社を「法人」という風にして有機的な性格が付与されるように、共同体にはその共同体そのものが生物のような格調を帯びるようになりますね。ですから、都道府県であろうと、市区町村であろうと、それぞれの制度的行政単位と不可分な形で有機的な「性格」というものができあがりますでしょう?

 愛知県であれば、日本国の中で「愛知」という共同体に生物性が帯びるのと同時に、名古屋市だとか、豊田市だとか、瀬戸市だとか、常滑市だとか、という市区町村ごとの生物性を帯びるようになる。
 また、それぞれの市には各種各様の特性があり、権力の均衡があり、役割分担がある。しかし、だからこそ、それぞれの市は平等ではないし、平等である必要もないのです。だって、共同体の性格が違うんだから。ピッチャーに向いていて目立つ奴もいれば、分析の得意なベンチウォーマーもいるに決まっている。

 そして、「名古屋」という性格(キャラクター)には単に愛知県の中の「一つの市」ということ以上の意味があるのは明白です。愛知県は、名古屋以外に都市はありますが、名古屋は別格だとみんなが思っている。
 これは、おおよそ「県庁所在地」という事に留まらないのです。
 おそらく、「名古屋」というキャラクターは、「愛知」というキャラクターと同等かそれ以上の強さをもっています。それだけの歴史もある、伝統もある、人間交際の網の目もある。

 当然ながら政令指定都市ですし、日本有数の大都市である。また、そういう名古屋という大都市の「核」があることによって、周りの市区町村も自分達の役割を演じることができるのです。これは、統治の恩恵の一つともいうものであり、そのくらいのことは愛知県民であれば大体皮膚感覚で分かっている。



 そういう「名古屋」という性格(キャラクター)は、いわばこの地域の文明的の財産ですよ。これの解体は我々の存立に関わるが故に、タテマエの題目以上の域は出なかったのです。要はキレイ事の領域であり、本気の話にはなりようがなかった。
 だって、名古屋という性格(キャラクター)を保つには、「名古屋市」という行政単位にそれ相応の「権限」があってこそです。つまり、名古屋という単位で振るう事の出来る権限が保障されていなければ、そのキャラクターは持続不可能なのです。何故なら、確かに共同体は生物的であっても、それを構成する個々人の人間というものがあり、恣意があるのですから。それを、もし「名古屋」という単位で振るうことのできた権限を「愛知県」という広域行政に移譲すれば、名古屋の中で行われていた密な都市的人間交際は土台を失うのです。

 それほど、「行政的権限」というのは共同体の維持や人間の交際に密接で、だからこそちゃぶ台をひっくり返すような「行政の改革」はしちゃいけないのであります。
 いくら「役人なんか気に食わない」と思っていてもね。



 加えて言えば、中京都構想の場合、当初積極的に打ち出したのは大村秀章という「愛知県知事」の方だったことにも注目してもらいたいものです。これは当然の話で、名古屋の権限を愛知に移譲するのが都構想なのであるからして、ごく順当にいけば広域行政の知事の方が乗気になるのは当然でしょう。

 しかし大阪の場合、都構想を唱えているのは大阪府知事ではなく、大阪市長だというから本当に病的という他ありません。
 まあ、こうした「大阪市廃止」を大阪市民が喝采する病的な状況は、「行政から権限を剥奪し民間へ流すことが、効率的で進歩的で自由で民主的である」といったような、平成大衆ガキ理論から来ているわけだから、大阪市民だけが悪いというわけではないのでしょう。日本人全体も、しばしば今の大阪市民のようになり、政治制度改革だの、郵政改革だの、政権交代だのといって改革、改革、改革……と、ことごとく全て失敗してきたのですから、人の事ばかりは言えません。



(つづく)
スポンサーサイト

Category: おススメ記事

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

な〜んにもできない名古屋よりは大阪はマシだよ
河村があれだけ頑張ってるのに市民は見殺しかよ。
大阪からみて可哀想に思うわ。

ななし #- | URL | 2015/04/01 06:26 [edit]

読ませて頂きましたが

政治ブログという割には、寂しさを感じさせられる内容ですね。
もしや反都構想ビジネス?と、疑いたくなる様な内容ですね。
まずは、都構想を唱えているのは大阪府知事じゃなく大阪市長だと言うから病的?ちなみに、現大阪府知事も都構想を唱えております。
前大阪府知事知事も唱えております。前々大阪府知事も唱えております。そして、戦後幾つもの機会で具体化はしませんが大阪府と大阪市の合併は唱えていた事実もあります。そんな、初歩的な事実誤認されている事自体、その場のノリで書かれているんだな~、と強く感じさせられます。このブログに権威が付くのはまだしばらく先のお話ではないでしょうか?
因みに、現大阪府知事は松井一郎、前大阪府知事は橋下徹、前々大阪府知事は太田房江になります。
愛知、名古屋のことは書かれている内容からして、一つの意見、感覚として、なるほどと思えます。
まず中京都構想の件ですが、実現しない最大の要因は大村知事に政治力がないという事が挙げられるでしょう。
次に、愛知県民が望んでいないのも一つの理由ですね。そこが、大阪との大きな違いです。読んでいると愛知県民が望んでいないものをなぜ大阪はするんだ?望むんだ?疑問に思われてるのか、地方自治の原則を逸脱してるのか分かりませんけどご説明しましょう。
愛知県の人たちが名古屋にステータスをお持ちになるのはよくわかります。愛知県の核になる大都市だからですね。逆に言えば周辺の地域はただの田舎。この事は岡崎出身の友達がよく言ってました。
私からすると、そんな田舎じゃないようにも思えたけど、だから名古屋に憧れを持つんだって。人口も普通にいるのにちょっと違和感が有りましたけどね。ところが大阪府民は大阪市に憧れているか?と言えばそうでもないんです。何故か?大阪府域全体が都市化されているからなんです。えっ?て思われるかも知れませんが、事実そうなんです。それは何故?大阪府の面積は愛知県の半分以下、35%くらいしかないからです。その地域に愛知県の人口より130万人くらい多い人が住んでます。加えて高度成長期以後兵庫県を含め周辺地域に多くの方々が移住してます。府下は勿論、兵庫県の川西市、宝塚市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市には元大阪市民は沢山います。45歳以上の方で出生地、本籍地が大阪市という方かなりの割合になります。このような現象は名古屋地区にも少なからずありますよね。次に大阪市域です。ここも、名古屋市の面積の7割程しかない地域に40万人ほど多い人が住んでます。この事から、当然の如く住環境に適さない地域が多くなり子育て世代を中心に、大阪に愛着のある方は府下の豊中市、池田市、吹田市、箕面市など周辺市へ、別にこだわらない、むしろ阪神間に憧れる方々は兵庫県へ移住するわけです。JRなら大阪駅の2駅先は尼崎です。在阪大手私鉄なら、梅田起点や難波起点から電車に乗り各駅停車でも10分もすれば、大阪市域を出ます。この事から府下に住んでいる方からすれば、大阪市と周辺市の区別などはあまり意識がない大阪府下にいれば大阪人なのです。そして親、あるいわ祖父母はかなりの割合で元大阪市民なのです。そこが名古屋と違うところです。ちなみに大阪市の面積は横浜市のちょうど半分しかないのです。簡単に言えば周辺市5つ分くらいを合わせた分くらいが、他の政令指定都市と同じくらいの範囲になる訳です。ならば、周辺市を合併して、大阪市を残せばいいんじゃないか?と言う議論になります。それは無理です。何故なら一つの政令指定都市の人口がざっと400~500万人になります。基礎自治を行うには適正どころか住民の声など聞けない上、税収にも問題が生じます。合併大阪市が市民税として大半の府民税をも持って行くことになり、縮小大阪府の税収が激減し大阪府から交付税として各市町村渡るはずの交付金が確保出来なくなるからです。だからと言って、大阪府が国に対して地方交付税交付金の増額を申し出たところで無理だし、何よりも他府県民に迷惑を掛けることにもなります。いわゆるスーパー都市構想ですね。個人所得で言えば累進課税を否定しているようなものです。
以上のことから、狭い大阪府域の大半が大阪市化しているので、大阪市を含め周辺市を今の市よりも基礎自治の権限を拡大させる特別区制度を導入し、とりわけ基礎自治体を運営するには大きすぎる現大阪市を五つの特別区にわけ、政令指定都市としての広域の行政は大阪府がやっている部分と重なるので一元化する。重なりあってた部分は違う組織で行っていたのでチグハグになっていたものを解消出来るようになる。そのはじめの一歩 がこの5月17日の住民投票で決めようとしている事です。

まつ #- | URL | 2015/04/02 00:08 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/252-152bd93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)