03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

日本が日本であるために

主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。

 

改憲の基準は何処にあるのか――大阪都構想と憲法改正 



 少しややこしいことを考えてみます。でも、気合を入れて書いたので、どうかお付き合いください。


 まず、いま、保守の言論の中にこういう考え方があるように見受けられます。


「憲法改正のためならある程度のことは許される」

「何故なら、この憲法では国を守れないからだ」


 というような。

 確かにこういう態度は一理はありますよ。
 でも、その「憲法改正」と「ある程度のこと」の天秤が狂っているように私は思われるのです。
 そしてこの天秤が狂っているということは、保守めかして改憲をいったところで、護憲サヨクと同じ穴のムジナということになる。いや、むしろ理屈が通って一貫性のあるだけサヨクの方がマシということにすらなりかねない。もちろん、理屈が通っていて一貫性があっても根本で日本という単位にこだわらないのがサヨクであるからして、結論は間違っているのですよ。でも保守派ないしは一般日本人はサヨクを「お花畑」と、笑えるのか。私は目くそ鼻くそだと思う。

 たとえば、憲法改正のことを言う人は世の中に結構いますね。
 しかし、改憲を言いながら、「憲法をどう変えるのか」「憲法とはどうあるべきか」という基準……すなわち『国家の歴史的規範感覚』を論ずる人は稀です。

 おそらく多くは、「9条のせいで中国の脅威に対抗できない」くらいな漠然としたイメージで「この憲法では国を守れない!」と思っているだけではないでしょうか?
 でも、日本国憲法は9条だけで構成されているわけではありません。また、9条2項に問題があるにしても「国家の法の根本『規範』として、9条2項がどのように問題があるのか」ということを誰も考えないのはどういうことか。
 日本人は、単に「中国が脅威だから」「テロの脅威があるから」という現実の問題から改憲のイメージを都合よく作り上げているだけです。もちろん、現実から法の根本規範を導き出さなければならない部分もある事は認めます。しかし、憲法……あるいは憲法改正の基準というのは基本的には「国家の中に歴史的に蓄積された善悪、道徳の系譜」から『大義』を導いて設定されなければならないはずです。

 そもそも『憲法』とは、法の根本規範であるからして、法を定める基準となるものです。ならばその「法の基準となる憲法の基準は一体どこにあるのか」という事が考えられていなければならないはず。
 だってそうでしょう?
 法の基準のようなものが『文章』として定められているのであれば、何故そんな文章が定められていていいのか、という問題が絶対にあるじゃないですか。これは、もしこの憲法が「占領下に制定された」という「成立過程における大義の欠損」がなかったとしても、この問題だけは絶対にある。
 何故なら、憲法を記すのは、「記す」という行為であるから、どのような場合でも一時の人が記すことになる。すると、記す後に生まれた人、あるいは記す前に死んでしまっている人に対しては、記す権限は直接的に与えられてはいないということになりますでしょう。すると、何故その一時の人達だけに憲法を記す権限が付与されていて良いのか、という問題がでてくる。
 つまり、日本国憲法のように、文字で設定された『成文憲法』には、憲法を越えた崇高な基準……つまり「日本国憲法を超えるもの」があるとされていなければおかしいのです。

 よく言われることですが、例えばイギリスには成文憲法というものがありませんね。つまり、「憲法第一条、第二条」という風に条文は制定されていない。イギリスは不文憲法、つまり「文には定められていないけれど歴史的に我々はこのようにしてきた」とか「歴史の各ターニングポイントに、このような章典が出されている」といった『国家の歴史と伝統』を法の根本規範(憲法)としているのです。つまり、彼らは「彼らのこれまでの事跡と、今の自分たちとの間で整合性を取る」という所に『憲法』を置いているわけですね。

 私は別に、イギリスのようになれ、と言っているわけではないのですよ。
 ただ、日本のように歴史のある一時点から成文憲法が定められたとしても、「成文憲法の上位に不文憲法がある」と考えることはできるし、そうでなくてはならないはずだと言っているのです。
 何故なら、日本国憲法が出来る前から……もっと言えば明治憲法が出来る前からも、『日本』はあったのですから。

 要は基本的に、成文憲法(日本国憲法)の改正は、日本の不文憲法を『基準』として行われるべきだということです。



 こうした『基準』の事を考えずに、単に「憲法改正」の字面だけに涎を垂らす態度は、パブロフの犬が如き獣の振る舞いと言えます。

 だって、これはおそらく人類普遍の法則ですが、何かを「変える」という時は、「良く変わる場合」と「悪く変わる場合」がありますね。
 つまり、改憲と言ったって、「良く変わる改憲」と「悪く変わる改憲」があるはずなのです。

 だのに、「憲法をどう変えるか?」あるいは「その良し悪しの『基準』は何処にあるか?」という議論は誰もしない。
 もっとも、憲法を変える良し悪しの『基準』なんて人間には明らかに出来ないのだとは思いますよ。が、少なくとも変える良し悪しの基準を考えもしないまま「憲法改正」とだけのたまうのは、単なる「保守っぽい層」へ向けての媚びでしかないでしょう。(また逆に、それは良し悪しの基準に思いも馳せずに「護憲」とだけのたまう態度ともなんら変わるところではないです。)

 ですから、私には、どうにも昨今世で言われているような『憲法改正』は、結局の所、憲法改正という語感に一種の夢をのせているに過ぎないように思えてならないのです。



 たとえば、いわゆる大阪都構想の騒ぎがありましたね。これにおいて、

「大阪都構想そのものについてはよく分からないけれど、憲法改正には維新の党の力が必要だから住民投票は可決された方が良い」

 というような言説が至るところでされていたように思えます。
 これの根拠は大きくいって二つ言われてきました。すなわち、


1「大阪都構想が否決されると、憲法改正に協力してくれそうな橋下徹が失脚し、中央議会の維新勢力も護憲にまわってしまうはずだ」

2「大阪都構想の住民投票可決は、国民投票可決の予行演習となるはずだ」


 大抵、こんな調子でした。

 そして、菅官房長官の種々の発言に象徴されるように、内閣は(一枚隠れた形ではあるものの)大阪都構想に協力的でありました。自民党大阪府連は大阪都構想には反対だったのですから、これは「同志を後ろから鉄砲で撃つ行為」と評されて仕方のないものです。
 でも、この内閣による、大阪市や自民党大阪府連に対する不義理を、多くの人々は「憲法改正の為なんだからしかたない」で納得していたわけです。

 要は、「いわゆる大阪都構想は確かに欠陥だらけなのかもしれないけど、憲法改正の為に維新の党の力が必要なのだから大阪がどうこうなどというのは目を瞑っておけよ」ということでしょう。これは結構、多くの人が言っていたと思いますよ。
 さらに日本人が狡猾なのは、「大阪都構想で大阪がどうなるかもやってみなければ分からないのだし……」と裏切り感を緩和させる理屈まで立ててくるところにある。これの欺瞞的なのは、大阪都構想がどのようなものか少しも知らない者でもこういう事を言うからです。知らないのであれば「やってみなければ分からない」と思うのは「知らないから」でしょう。だって、知らないのに、何で「やってみなければ分からない政策」かどうか判断できるのですか。確かに、すべての政策は「やってみなければ分からない」のかもしれませんが、そこまで開き直ったらあらゆる政策に対して良し悪しの判断を下す必要がなくなるという話になるではありませんか。
 もちろん、人は世の中のすべてのことを把握することは出来ないのですが、少なくとも知らないのであれば黙っているべきなのであり、黙るということは「やってみなければ分からない」などと無責任な事を言わないということなのです。

 まあ確かに。もし仮に「大阪の存立」以上の天に則した崇高な目的があるのであれば、「大阪を見捨てる」ことは政治的な振る舞いとして是認しうることだとは思います。
 例えば、これによって「真に日本の脊椎が定まり、百年単位で日本国民全体の統合や信義を保つことができるような憲法ができる」というのであれば、大阪を犠牲にしたってよい……どころか、名古屋を犠牲にしたって、東京を犠牲にしたって、日本人の八割、九割の生命を犠牲にしたって構わないと思いますよ。真に日本の脊椎が定まれば、一割くらいの日本人が生き残っていさえすれば大丈夫でしょうから。

 しかし、大阪都構想のケースで、「大阪市の存立」よりも上位目的だと世で設定された「憲法改正」は、論理関係から言うと非常にチープなものと言わざるをえないところに大問題があります。
 何故なら、第一に、「橋下維新がなければ、憲法改正に協力してくれなくなってしまう」という前提で「憲法改正」を考えるとなると、それは「憲法96条の改正」を言っていることに過ぎなくなるからです。

 橋下系の維新の会が「改憲派なのだ」と人は言います。しかし、その改憲の中身を一度でも気にかけたことはありますか? それは、「首相公選制」や「一院制」といった直接民主主義的な方向性での「改憲」なのです。要は、ただでさえ過激な民主主義を推奨している日本国憲法を、よりいっそう民主的に『進歩』させようという手合いなのであります。
 ちなみに、人は「進歩」というものを何か良い考えのように言うわけですが、進歩という観念こそがサヨクイデオロギーの根本なのですよ? すなわち、人間には理性(悟性)があるので、歴史が進めば進むほど人類は良い社会を手にすることができるはずだ……というのが進歩主義です。すると、弁証法的に進歩する人類の歴史は、いつか『最終到達点』に達すると想定されるでしょう。その最終到達点を光の先として啓蒙するのが、要は左翼イデオロギーなのです。
 また、「民の一人一人に対して、平等に権限を振り分ける」というのが民主主義というイデオロギーですが、これも『進歩』の一つの類型だということは、よく理解されなければならないことです。

 そして、少なくとも『維新の党』に改憲の姿勢があるように見えるのは、この左翼イデオロギーの一つである『民主主義』の『進歩』を押し進めるような『改憲』を言っているからでしょう。勿論、大衆迎合で言っているのでしょうね。(また、このような進歩的改憲は、公明党も主張している「加憲」と何ら性質は変わらないのであります)

 つまり、維新の党については、この文脈上、96条……つまり改正条項を緩和させるという部分については、もしかしたら協力してくれるかもしれないという話に過ぎないわけです。

 そもそも日本国憲法の改正条項は、衆参両院で3分の2を得た所で、国民投票にかけることができるという形になっています。その後、国民投票で過半数を得れば改正ということになる。
 その「衆参両院3分の2」を「2分の1」に変えて、「国民の一人一人に決めてもらえるケースを増やす」というのが、一般的に言われている96条の改正案です。
 ですから、「国民の一人一人に決めさせればよい」という民主主義イデオロギーの発想なのです。また、維新の党としても、これならば維新的に大衆に迎合することもできる。

 そして、この96条の改正は、安倍首相も政権発足以前から言ってきたことでもあります。首相の場合、「大衆に逆らうことなく憲法に手を加える一手」としてこれを位置づけてきたのでしょう。まあこれ自体、非常に疑問視されるべき態度だとは思いますが、ここまで大衆化した日本の中で首相をやるという所を考えれば、こうした発想を持っていたこと自体は寛容に見るべきなのだと思います。

 しかし、そんな「チープな憲法改正」が、「大阪市の存立」と天秤に乗るかどうかといったら話は別です。そんなもの乗るはずはないのです。
 96条を変えるというのは、日本全体の屋台骨に何ら寄与はしません。憲法を変えやすくはするかもしれませんが、「変えてはならないもの」を設定するわけではないからです。

 ここで問題なのは、日本人は憲法についてすら「変えればよい」と思っていて、それを民主主義の原理で押し進めれば何とかなると勘違いしているところです。
 そういう風に勘違いしているから、「橋下維新の力を温存する為に大阪市の存立を犠牲にし、96条の改正を手伝ってもらう」などということが釣り合うと思われてしまうわけでしょう?



 さて、ここまで言ってもおそらくこういう反論がでるでしょう。

「いやいや。96条を改正することは、9条2項の改正に繋がるのである」

 と。

 確かに、私も9条2項は改正すべきだと思いますよ。
 でも、世の中で言われているほど、9条2項はそこまで大した話ではありません。
 つまり、仮に、大阪の犠牲を呑んで9条2項の改正が成ったとしても、これだって到底釣り合うものではないのです。

 あるいは、96条の改正によって、首相公選制や一院制などなど、より民主的な制度を大衆迎合的に設定されてしまう危険性と引き換えにしてまで、9条2項の削除にこだわっても到底釣り合うものではありません。

 というわけで、次かその次には、今回の話を9条2項と安保法制についての論に繋げようと思います。



(了)


スポンサーサイト

Category: おススメ記事

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

確かに

「『都構想』否決で維新の力が弱まれば憲法改正が遠のく」と言っていた方々は「維新が目指す憲法改正の方向性」については言及しようとしませんでしたね。

「改憲派」と言っても一枚岩ではないということは確かにこれまであまり問題にされてきませんでしたし、「どう改憲したいのか」は今後、もっと論じられるべきですね。

ところで「徴兵制」に関してちょっと面白い出来事があったので、そちらはまた別便で。

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/06/21 18:03 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/275-881982d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)