09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 軍隊:軍事制度 > title - 安保法制運動と集団安全保障の欺瞞      
  

安保法制運動と集団安全保障の欺瞞 



 安保法制への反対運動はムカつきますね。
 でも、「安保法制でリスクを減退できる」という賛成派の理屈もムカつくのです。


 そうだ、安保法制反対をピーピー言うくらいだったら、いっそのこと日米安保からして反対してはどうなんでしょうか。

 実際、安保法制という法制自体は別に何ら一切問題はありませんでしょう。
 問題は、「集団安全保障」という欺瞞なわけです。

 よりアメリカの召使としてお役に立てるように、あるいは国際社会の多数派から仲間はずれにされないように……そうすることが、国民の生命と財産を守るという話になる。今の安保法制における「リスクを減らす」という理屈は、要するにこういう話なわけでしょう。

 我々には、イラク戦争の事例が脳裏にある。
 イラク戦争にひっついていくことが、アメリカへの覚えよろしき召使度を上げることができるので、ひっついていった。
 こういう文脈で「リスク」が減ってよござんすという程、日本人は骨の髄まで召使に成り下ったわけで、安保法制もそういう文脈であることには違いない。

 でも、こういう発想はどうでしょう。
 例えば、イラク戦争のようなことが起きた時、「イラクの味方をする」という発想です。
 アメリカを敵に回すかもしれませんが、こちらも不屈の構えでアメリカ基地に対峙すれば、そうそう言いなりにならずとも済む様になるでしょう。

 それは言い過ぎだとしても、こういう疑問は確かなもののはずです。
 すなわち、「中国に対する抑止力」を考えるのはまことに結構なことだが、「アメリカに対しての抑止力」はどう考えているのか、ということ。
 これは安保法制に賛成でも反対でも同様に突きつけられている問題ですよ。



 ちなみに私は、集団安全保障ではなく、「バランス・オブ・パワーポリティクス」の発想を目指すべきだと思っていて、それは伊藤貫先生が随所でおっしゃられていることです。以下に、氏が西部邁ゼミナールにご出演された際の動画一覧を貼り付けます。

西部邁ゼミナール 伊藤貫一覧



(了)


関連記事
スポンサーサイト

Category: 軍隊:軍事制度

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

まあ、今の段階では

「ベスト」を選ぶのは難しいから「よりマシな選択肢」を選ぶしかない、ということなんでしょう。

「イラクの味方をする」か・・・
今から10年後、20年後、或いは30年後にはそれぐらいの気骨のある日本政府が誕生しているかな?或いはもっと先かな?

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/07/20 15:40 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/282-00210c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)