03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

日本が日本であるために

主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。

 

安倍首相への大衆的評価の無意味 



 私は基本的に、「安倍首相を支持する」あるいは「安倍首相を支持しない」という平民の声には、一切の意味を認めません。

 まず、我々国民の一人一人は、基本的に内閣総理大臣の選定に直接関与する権利はない。我々は国会議員の選定に責任を持っていますが、内閣の選定に関しては国会議員へ責任を委託している。そうした議員内閣制度の上で間接性を担保し、「大衆」の醜さを抑制する機能を担保しようとしているのだから、むやみやたら滅法に平民の一人一人が直接ピーピー政治や内閣へ口を出して良いはずはないのです。

 いいですか。そもそも、内閣に対して口を出すべきなのは国会議員なのです。とりわけ「自民党」という既存の政治組織がするべきことでした。

 特に自民党の議員が昭和時代まで発揮してきたのは、「地域共同体やコネやシガラミや既得権益を代表する」という政治力学だった。これが「内閣」と「議会」の拮抗を生み、国民の常識を中間団体を介して生かし、議論の前提や政権運営の安定性を確保してきたのです。
 しかし、(小選挙区制度の導入も無視はできませんが、)何と言っても地域共同体、産業共同体そのものが超近代(ウルトラモダン)の帰結として崩れ、自民党の政治共同体も組織の力を失ってしまいます。

 よって、小泉政権以降、内閣の力が強大になったように見えるのは、共同体に力がなくなったがゆえに議会に力がなくなって、相対的に内閣が権力を保持するようになったからなのです。

 ですから昨今の政治的様相を、安倍首相個人の人格が「良い」ないしは「悪い」などというところで説明しようとしても、そもそもあまり意味がないでしょう。
 要するに、内閣に対して拮抗すべき自民党……ひいては国民共同体の網の目が崩れ、残った権力の座が「人気者としての首相」という階級だけになってしまったということなのですから。
 このことを「安倍首相が素晴らしいから良いことである」と評価しても、「いや、やはり安倍首相の考え方そのものが劣悪なのだ」と言い張ったとしても、現実を適切に描写しているとは言いがたい。だって、そこには見逃すことのできない齟齬があるでしょう。


 かつての自民党内で行われていた「党」と「内閣」という勢力の拮抗の論理は失われてしまった。ですから、本当に必要なのは、どのようにそうした政治力学を下支えする共同体を再構築するか……という気の長い話であるはずなのです。

 さて、ここで気をつけてもらいたいことが一つ。
 すなわち、ここで「大衆市民言論」にだけは、主導権をとられてはならないということです。 
 大衆市民言論というものは、そもそも基本的に無い方が良いものなのですから。

 大衆市民言論とは、結局のところインテリとインテリのシンパで構成された有象無象なのです。

 今回の安保法制の件でピーヒャラ国会の周りを取り囲んだ青二才共。
 あるいは、若造のネットウヨクによるよくわからないデモ。
 はたまた、橋下市長の大阪都構想の応援へ熱をあげた若者たち。

 そういった群れを成してされる政治活動には一切の価値がないことを、私は強く確信しているのです。
 彼らは今は若いので、コトの恥ずかしさ、晒している醜態のおぞましさに気づかないのかもしれません。が、大人になって反芻したとき、確実に赤面せざるをえなくなるに決まっているのです。(もっとも、死ぬまで成熟しないのであれば、それはそれで幸せかもしれませんが)

 また、それを「今の若者にも希望が持てる」などと理解ある大人ぶって評す輩も、まことにケシカランことだと思います。大人なら、群れて政治活動をしようなどという若い連中など、「愚かな真似はよせ」と叱り飛ばさなければならないと思うのですが。



(了)


スポンサーサイト

Category: おススメ記事

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/284-3aee3982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)