03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

日本が日本であるために

主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。

 

日米同盟の強化は、対中抑止力にはならない 




 今日は昨日いただいたコメントにかんして考えてみようと思います。



>あと「あくまで現在取りうる『最善ではないが一番マシな』策として米国の力を借りるのだ」という意味合いにおいても「日米同盟の強化」は石川さん的には「ナシ」ですか?
今、そういう選択をしてしまえば未来永劫、そこから抜け出せないままであると?




 まず、私には、現在よりも「米国の力を借りる」ということが「最善ではないが一番マシな策」になりうるとすら思えません。

 おそらく、こういう場合に念頭におかれているのは「中国の脅威」なのでしょう。が、中国の脅威に対して「日米同盟の強化」はほぼ対抗策になりません。
 というのも、もし中国の脅威とやらで、日米同盟が役に立つとしたら、中国側が侵略の効果音をジャーンと鳴らしながら東京湾にでも乗り込んでくるような、明確かつ明瞭な侵略行為があった場合だけです。そういう明らかな行為を起こしたら、別に中国であろうとどこの国であろうと国際社会の非難を浴びます。こうした場合だけは、アメリカも日本に味方してくれるかもしれませんね。

 でも、中国がそんな阿呆のように攻めてくるなんてありえません。中国の領土覇権的な振る舞いは、いつもあくまで字面的には国際法を遵守したものなのです。つまり、俗にいう「グレーゾーン」というやつです。

 そして、日中の間で、このグレーゾーンの衝突があった場合、アメリカが日本を味方する可能性はほぼゼロと言っていいでしょう。
 何故なら、アメリカはそもそも中国と敵対しているわけではないし、中国と敵対するような理由すらないからです。また、中国は日本と違って核戦力を保持している。
 ですから、アメリカから見て、対日関係と対中関係では、どう考えても重んじるべき相手は中国なのです。日本は今のところ核を持っていませんし、どうせ刃向かってもこないでしょう。でも、中国は核をもっているし、アメリカも中国とは敵対したくはないと考えている。

 ですから、日本がいくらアメリカのお役に立ったところで、そういう召使(=日本)を助けるためだけに、「敵対しているわけでもない核戦力を持った国」(=中国)と敵対するリスクを追う蓋然性はまったくないのです。何故って、そんなリスクを追わなくても、召使はその後も召使を続けるほか生きていく道はないと考えているはずだし、仮に召使を失ったところで核戦力を持った国と敵対するよりは遥かにマシだからです。
 だから、アメリカが、日中のグレーゾーンにおいて日本に味方する必要性は、「日米同盟強化」では出てきません。

 そして、そういう必要性がアメリカにないことは中国にも当然分かっていますから、いくら日米関係を強化したところで抑止力になりません。子供だましにすらならないでしょう。

 だから、日米同盟の強化があろうと、中国の振る舞いは一緒です。すなわち、国際法を遵守しながら侵略をしかけてくる。

 ようするに、核武装もせずに、戦う覚悟もない国は、同じステージに乗ってすらいないので、「マシな策」などというものが残されているはずはないのです。



 ただ、このことで私は今の政府……首相や内閣、外務省などなどを責める気はないのですよ。

 何故なら、昨今の「さらなる日米同盟強化の流れ」というものは、単に「日米外交における敗北」というだけの話だからです。



 別に中国の脅威やテロの脅威で「日米同盟の強化」とやらが必要になったわけではないのです。

 そもそも、軍事的に依存している国に対して、外交で勝てるはずはありません。
 昔、石原慎太郎が、「日本も技術的な強みがあるのだから、アメリカへももっとモノを言えるはずだ」みたいなことを言って外務省を批判していましたが、そんなわけはありません。軍事的な牽制力の全くない丸腰の外交など、ローマとカルタゴの例を引くまでもなく、無力です。つまり、戦後一貫して日本はアメリカに対しては無力であり、日米外交は敗北のし続けであった。

 だから、日米同盟などと、「同盟」と銘打つ欺瞞は、政治家はともかく、少なくとも世間ではやめてもらいたいところです。
 そして、日米外交の敗北は今に始まったことではないし、「日米同盟強化」とやらも今始まったものではありません。

 要するに、「今、そういう選択をしてしまえば未来永劫、そこから抜け出せないまま」という時点はとっくの昔に過ぎ去っているのです。おおよそ日本はもう抜け出せないし、どう考えてもこのまま自然消滅するのが規定路線でしょう。


 また、日本が日米外交で敗北しているのは中国にもわかっているに決まっています。ならば、中国視点で見れば、中米外交を上手いことやりさえすれば、日米同盟など「のれん」に等しい存在でしょう。つまり、抑止力になんてならないということ。


 せめて、我々は、「日米同盟の強化」とやらを、中国やテロのせいにして誤魔化すのではなく、きちんと日米外交の敗北なのだと認識すべきです。
 というか、日本人は「日米外交の敗北」を認めるのは都合が悪いので、それを「中国やテロに対するベターな策」と結論付けているわけでしょう。そうやって自分たちの心が壊れないようにしているわけです。



 別に、日本の自然消滅の危機は昨今に始まったわけではなく、規定路線としてずいぶん前からある。消滅の規定路線の中で、まだ消滅はしていないという気になっているだけなのです。
 そういう中で、中国に対してだろうがなんだろうが、「最善ではないが一番マシな策」などあるわけはないでしょう。

 最小最低限の大前提として、「核武装」か「一億総特攻の気概」のどちらかがあって始めて、国家と国家のパワーバランスの論理に加わることができる。また、国家と国家のパワーバランスの論理の上にあってはじめて、「同盟」という言葉も意味がでてくる。
 ですから、そのステージにすら立っていない日本は、何をどう理屈をこねても、国際社会の波に黙って流されるほかありません。


 このことを、政治家が言えないのは当然です。(理解はしておいて欲しいと願いはしますが)
 でも、少なくとも政治家ではない言論人やらなんやらは、もう少しそこらへんを正直に言ったらどうなのだと思います。
 特に保守派はもう少しなんとかなりませんかねえ。

 だから、もし「誰が悪いか」と問われれば、「日本人みんなが悪い」と答えるほかないでしょう。



 最後になりましたが、コメントありがとうございました。
 コメントはこのように記事でお返事できることはございますので、皆様におかれましても忌憚のない意見をお待ちしております。




(了)



スポンサーサイト

Category: コメント返信

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

家畜左翼と同じだわ

座敷犬っていいよね、言いたい放題で責任なし。
現実の日本どう結局具体的には対応すんの?
答え出さないで偉そうだとも思わんだろね。
担当じゃないし、まさに捕虜収容所の結構な奴隷様ですこと、おほほほほ。

ギブミーチョコレート乞食 #5T4AZte6 | URL | 2015/07/31 11:23 [edit]

なるほど、そうなれば

「おそろしく長いスパンでわずかばかりの希望を持ちつつ今は耐える」か「ニヒリズムに走る」か、どちらかってことでしょうかね。

私は「アキラメロン」は食べたくないですけどね( ̄ー ̄)

あ、コメント取り上げていただいてありがとうございます。

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/07/31 22:56 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/296-d48d26d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)