06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 軍隊:軍事制度 > title - 自分的論点羅列・日記      
  

自分的論点羅列・日記 

ここでは、いま論じておかなければといういくつかのことを、ごくザックリと書き留めておくことにします。
 粗雑で乱暴な論になりますが、概観ですからご容赦ください。




 このブログでは何回も言ってきたことですが、私がこの世で最も嫌いな言葉は、
「民主主義」
 です。
 そう。民主主義という言葉は、私の逆鱗に触れます。

 つづいて、二番目は、「自由」
 三番目は、「基本的人権」

 別に偽悪で言っているのではなく、これらの語が我々人間を生きながらにして殺しているとしか考えられないからです。



 これに関連して、「憲法」あるいは「立憲主義」というものが語られえます。
 民主主義は嫌いな私でも、立憲主義というものなら認める用意はある。

 しかし、最近、「憲法は統治権力を縛るものである」という話がまことしやかにされているのを聞きました。
 主に憲法学者がしている話が、SNSやネット上でリフレインされているのだと見受けます。

 そりゃあ、安保法制が日本国憲法に違反しているという点だけには一理があるとしても、しかし、

「憲法は統治権力を縛るものである」

 という考えかたは、人間的に絶対に間違っています。

 これについては『憲法学者と安保法制』で少し論じました


 でも、後日もう少し丁寧に論じる必要があるでしょう。

 時間の関係上、今日は下の動画を紹介しておくに留めます。

【柿沢未途】憲法改正論と首相公選制【西部邁】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17740792




 つづいて、国際政治。
 いわゆる「集団安全保障」という話の欺瞞です。

 私は、いわゆる「集団安全保障」という国際社会は存在してこなかったのはもちろん、未来永劫やってこないと考えます。
 また、やってきたとしても、それは唾棄されるべき「文化的のっぺらぼうな地球」になってしまうに違いないのです。

 我々が考えるべきなのは「勢力均衡(バランス・オヴ・パワー)」で各国間の緊張状態の中で、国家独立性を高めてゆくことなのです。

 しかし、保守派は「アメリカ(西側)を中心とした集団安全保障の未来」を先に想定しているし、左派は「みんな平等な集団安全保障の未来」を先に想定している。

 でも、それらは双方お花畑なのです。歴史にそんな理想的な人類の最終到達点など想定しえません。




 さて、そして、こうした軍事、国際の話は、経済とも繋がりが出てくる。

 たとえば、「集団安全保障」というヴィジョンは「TPP」のヴィジョンと酷似している。(このことも丁寧に論じたいところです)

 あるいは、TPPを基礎にした輸出主導の成長論は、異次元金融緩和という「リフレ派」の議論とも通じる。
 リフレ派の議論は、「経済における自由」と「消費者選好による民主主義」と考えかたとして繋がってくる。
 そして、それはやはり、日本国憲法の考え方と似通っているのであります。


 このように、政治哲学から、軍事から、外交から、内政から、経済から色んなものが間違いだらけなのであるから、こうした大衆性を一気に完封するくらいの気でやっていくらいの気概がなければ、到底正気を保っていけません。



(了)


関連記事
スポンサーサイト

Category: 軍隊:軍事制度

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

「民主制」という呼び方もありますが

藤井厳喜先生は数年前の動画セミナーで
「みんな民主主義と言っているが、正確には民主制だ」
と言っておられました。「民主制」に関してはどう思われます?
「民主制」だと「イデオロギーと言うよりはあくまでも制度」って感じだし、欺瞞っぽさは薄れるような。

>「憲法は統治権力を縛るものである」

これはいわゆる「サヨク弁護士の皆様」が好んでお使いになる言葉のような。うん。何と言うか、ものすごく「勘違い」の入った表現ですね。

「アメリカ(西側)を中心とした集団安全保障の未来」
これは要するに「連合国史観に基づく、偏ったもの」ですよね。国連(正確にはUnited Nations=連合国)憲章の「敵国条項」に未だに日本が入っている状態で↑のような「集団安全保障」を是とするなど、おめでたい限りですね。(あくまで『暫定的なもの』と割り切った上で是としている方々もいらっしゃるんでしょうが)
(また、とある保守系の若手代議士さんで『敵国条項削除』を呼び掛けている方もおられますが、まだまだそういう政治家さんは少ないようです)

あ、西部先生×310氏の動画は後でゆっくり見ます。

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/08/08 01:44 [edit]

追伸

動画見ました。「民主制」という言葉は西部先生も使っておられましたね。

それから、上のコメントで「みんな民主主義と言っているが」は正確には「デモクラシーの訳語として民主主義という言葉が使われているが」だったように思います。
そのセミナー動画が見つかったらご紹介しますね。

最新記事へのコメはまた改めて。

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/08/08 11:53 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/305-344fd6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)