04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治:思想、大衆民主主義批判 > title - あらゆる市民的政治運動に価値はない・日記      
  

あらゆる市民的政治運動に価値はない・日記 



 今朝少し雨が降ったようで地面が少し冷えました。
 暑さもちょっとだけマシになったようでありがたいです。



 私の住むところから車で20分ほど行くと、太平洋に辿りつきます。
 その海沿いの道を行って、コンビニに立ち寄ると、こんな田舎にも安保法制反対運動がやられていました。

 国会前とは比較になりませんが、5名ほどの50代、60代の男女が代わり番でマイクを握り、海の民へ「訴え」を起こしていた。
 醜いです。



 これに対して、「安保法制賛成運動」というのもあるらしい。
 直接は見たことがないが、そのビラのようなものをネット上ですがみたことがあります。
 すなわち、
「安保法制があれば、みんなで安全を守れるようになり、抑止力がつき、戦争のリスクが減ります」
 と書かれていた。
 醜いです。



 私は、こうした「市民政治活動」みたいなものが、左右にかかわらず大嫌いです。何故、ああやって群れてモノを言うのでしょう。

 彼らは、インテリの拡声器にすぎません。
 インテリの拡声器にすぎないにかかわらず自分で自分を政治的実践性のある、ノンポリよりは意識の高い者であると思い込んでいる。

 いいですか。
 基本的に、庶民は政策的知識など持っている必要もなければ、世に訴えたり、政府に請求運動などする必要はないのです。
 そんなものは余計なもので、もっと言えば、自意識過剰の産物でしょう。


 もちろん、それは私もそうです。
 このブログなんて、意味はない。
 また、私の政治についての関心など、世の中で一縷の価値もないのです。
 ですから、私は、私のために考え、書いているのであって、別に自分の訴えが政治的に実現されることを政府に求めてなどいません。
 よって、政治家、官僚、産業……などなどといった存在には、私は最大限の寛容精神を発揮するものであります。私は、自分が彼らを糾弾したりするほどの「身分」にはないことを知っているからです。



 海の向こうでは、無価値な政治運動の金切り声をよそに、荷船が汽笛をあげていました。



(了)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治:思想、大衆民主主義批判

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

今回は一部異議あり、かな。

>基本的に、庶民は政策的知識など持っている必要もなければ、世に訴えたり、政府に請求運動などする必要はないのです。

まあ、江戸時代までならそれで通用したでしょう。
ですが明治維新が起きて日本は(不本意ながらも?)民主制になってしまったので、そういう「庶民」が存在するようになったということでしょうね。

あと「現代社会における庶民」は「政治家や官僚以外の人々」を指すのですか?「学者」も除かれますか?
官僚や学者は一応、エリート教育を受けた上でその職業に就きますが、政治家の場合は「いわゆる普通の人」が(数か月間の準備を経るにせよ)政治家に転身、ということもありますよね。
「庶民」の中にも一定数は「政策的知識を持つ人≒政治家になりうる人材」がいないと、政治家の子供しか政治家になれなくなってしまうと思いますが・・・石川さんはそれを良しとしますか?

あと、時々自虐的っぽい物言いをされるのはまあ「そういう芸風なのだ」と解釈しておきます(笑)

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/08/09 15:57 [edit]

補足と言うか・・・

上に書いた「政治家の子供しか政治家になれなくなる」は正確な言い方ではないかもしれません。

ともかく「現代における庶民」の定義をはっきりさせていただけるとありがたいです。

kappa #NbShkeg2 | URL | 2015/08/09 18:25 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/307-80077c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)