主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。
プロフィール

石川

Author:石川

全記事表示リンク




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。


 今日はコメント返信を通じて論じたいと思います。

黙れ民主主義――庶民、大衆、統治者の定義

 でいただいたコメントにお応えいたします。

 まずこちら。



>この関係(統治者と庶民)は人類が存在したその瞬間からあったに違いない

ここは異議ありかも。
そういうものが誕生したのは農耕社会になってからだと私は思います(貧富の差もその頃から生まれたようですね)




 確かに、学校などでは農耕社会から支配者階級ができて、貧富の差ができた……という風に習います。
 しかし、それは太古には人間は「牧歌的な自然状態」のようにあったのだという発想から派生しているのだと思います。

 ものすごく端折って言いますが、いわゆる「社会契約」というものの前提として、そうした太古の牧歌的な状態を置く。その場合、農耕文明以前の社会での支配者階級の不在を想定しておくと、現代社会においてケンリの請求に都合が良いという関係があるのです。
(もちろん、「社会契約」は思考実験でありますが、太古のユートピアをイメージすると、より「請求」に都合が良いということです)

 また、それはそうとして、歴史というのはストーリーの想像力なくして成しえません。
 私は
「農耕文明以前は支配者はおらず、格差もなかった」
 という状態は、想像できないのです。

 何故なら、人間は単体では他の動物よりも明らかに弱い。
 ある程度の集団生活を送っていなければ、動物に捕食されてしまうでしょう。
 そして、集団生活を送る以上、そこには必ずヒエラルキーが生じるはずです。
 よって、「統治者目線」と「庶民」というものがホモ・サピエンスに進化する以前からあったと考えるのが想像に合致するというわけです。



ところで、日本共産党(及びその系統の方々)はかつては実際に「暴力」によって主張してきたわけですが・・・
それは石川さん的には「あり」なんですか?
あさま山荘事件みたいなのも?



 これについては、簡単なことです。
 私は、やるなら暴力でやらなければ卑怯だと言いましたが、「暴力であれば何でもよし」とは言っていません。
 でも、暴力でされているならば、それは良きものを生み出す可能性もあるということを言っているにすぎないのです。
 ですから、暴力であっても悪いことはある。

 ただ、民主主義的に、「群れて平均人としての請求をしている」場合は、良い結果をもたらす可能性はゼロだ……というだけの話なのです。
 何故ならそれを構成する人々が、暴力を伴う場合に比べて極めてローリスクで好き勝手なことを言えてしまうからです。


 つづいて別の方からいただいたコメントです。



ところで、ここでは「生まれた時にあったものを当たり前として受け取る」ことは、いかに自分が恵まれているか、どんな責任があるのかを確かに見えなくします。
しかし同時に、その時よりもより良い状態をつくり、それをまた当たり前として受け取る新世代が生まれることで、更に良い状態となる…という連鎖が続くことは私のような庶民には進歩だと思えます。

例えば日本人の(時には過剰な)きれい好きは、物質的に豊かになった世代に生まれた世代がより(よく見られるために)きれいに…と目指した結果としてあるのではないでしょうか。
このような良質な大衆への迎合も、あるように私には思えるのです。
少々例えが庶民的で、ここでの論点である「文化的画一性への反駁」とはいささかズレがありますが…



 これは、根本的に深めていかなければならないところでしょう。
 ですから、端折ってとりあえずのお応えを申し上げます。

 コメントにあるような「進歩」の文脈は、おおよそ『限定』された物事については、なるほどその通りです。
 例えば、清潔さということについては、弁証法的に、今日よりも明日という進歩を想定しうる。

 しかし、社会のあらゆることも、その一つのこと単体で成立しているものではありません。

 すなわち、清潔さも、その周辺事情であるところの水の問題から政治の問題まで様々なこととの連関で担保されているわけです。
 ですから、社会のあらゆる項目がそれぞれの論理の積み重ねでそれぞれ独立しているという前提があれば、進歩主義的な想定は成り立ちえます。が、実際そうではない。

 例えばローマ帝国において、それまで階級の高い者だけが享受していた浴場について、大衆浴場を作り、より公衆衛生を高めるようにした経緯があります。
 その限定された営み、事業自体は、弁証法的に考えて、進歩と見なしうる。

 しかし、ローマ帝国自体は衰亡していきますね。
 それは大衆浴場は、ローマ社会によって成り立っていたが、そうしたことが後の世代の者には実感もクソもないので、大衆浴場を当然のモノとして思い、ローマ社会全体をどうするかという真剣な思いがなくなっていったからです。
 これは、物質的なもののみならず、「民主制度」という制度についても同じことです。

 歴史上のすべての文明が、進歩し、没落していきます。
 中には戦争でいっぺんに滅ぼされた文明もありますが、多くはこのように、広い意味での社会の大衆化、民主主義化、技術礼賛、信仰蔑視、暴力の敬遠……などから内部的に国家が離散、霧散していく。

 そして、このような文明の進歩の後の没落に抗うためには、「弁証法的に社会が進歩してゆくという前提」そして「歴史の最終地点としてのユートピアが存在しうるという前提」が、間違っていることを把握する必要があるのだと、私は思うのです。




 最後になりましたが、お二人とも有意義なコメントありがとうございました。

(了)


スポンサーサイト
2015/08/19 00:35 コメント返信 TB(0) CM(2)
コメント
そう言われてみれば・・・
>「統治者目線」と「庶民」というものがホモ・サピエンスに進化する以前からあったと考えるのが想像に合致する

ニホンザルにも「ボスザル」というリーダーらしき存在がいますね、確かに。
ゴリラやチンパンジーも基本的にそういう感じのようですね。
「チンパンジーの群れは、複数のオトナオス(13~15歳以上)と複数のオトナメス(12~14歳以上)、ワカモノ、コドモ(5~8歳)、アカンボウ(0~4歳)を含む20~100人で構成されて」いたり
http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/kumasan/ja/about_chimp/
「ゴリラは家族からなる3~20頭の群れで生活しています。群れの構成はオス1頭と数頭のメスと彼らの子供たちで形成されます。群れはシルバーバックのオスが率います」だったり
http://www.tomorrow-is-lived.net/wildlife/mhaplorhini/r-gorilla.html
種によって微妙に違うのが面白いです。

ゴリラに関してはなかなか独特な社会のようです。「強い者が弱い者の意志を汲み取ろうとする」「弱い者が争いの仲裁をする」なんてことがあるようです。
http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000000225_all.html

一方「狩猟採集民社会」に関する研究資料も見つけました。
http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/3260/1/KH_027_4_003.pdf
ここの(PDFのページ数で)3ページ目には

>即時的収穫システムの狩猟採集民社会では,富,権力,威信などの点において平等主義が認められ,さまざまな実践によって平等性が維持されているとウッドバーンは主張する

>(同じウッドバーン氏の主張として)人々の関係は分配や相互依存を強調する一方,長期にわたって特定の他者と特別な関係を維持したり,特定の他者に依存することはない

とあります。この人の説では現代の狩猟採集民社会は一応「平等っぽい社会」ではある?
特に2番目に引用した部分では「長期にわたって特定の他者と特別な関係を維持したりしない」つまり「特定のリーダーが存在しない」ということを言っているようですね。

一方、6ページ目にはイヌイット社会において

>腕のよいハンターが食物分配を行うのは,それによって社会的に高い評価(prestige)を得ることができるからだという見解が存在している

と書かれていますが、そういうハンターは一応「リーダー的存在」ではあるのかもしれません。
同じページの最終行には

>食物分配が負い目感情や不均衡な社会関係を生み出す作用があり

とも書かれていて、それは市川さんという人が主張しているようですが、学者さんによって説が分かれているということなのかなあ(この文書は2003年に発表されたもののようです)

と、色々調べていくと面白いのでつい、URLをたくさん貼ってしまいました(^^;)

「暴力によって・・・」に関してですが、であるならば「暴力革命の成功例」はあるとお考えなのですか?あるということならその例を挙げていただければと。

>大衆浴場は、ローマ社会によって成り立っていたが、そうしたことが後の世代の者には実感もクソもないので、大衆浴場を当然のモノとして思い、ローマ社会全体をどうするかという真剣な思いがなくなっていったからです。

なるほど、これは今の日本社会の空気に似たところがあるかもしれませんね。
高度成長期の頃の日本人に比べると今の日本人は「物質的豊かさのありがたみ」は薄くなっているでしょうね。
2015/08/19 03:41 kappa URL [ 編集 ]
追伸:民主主義と言えば
先日、馬渕睦夫氏の講演で
「日本には元々、合議制民主主義があった。八百万の神々も天照大神の独裁でなく、神々が話し合って物事を決めていた」
という話がありましたが、この場合の「合議制民主主義」は「中央の支配者が民衆も巻き込んで行われるもの」ではなく、もっと小規模なものだったのでしょうし、石川さんが忌み嫌う「民主主義」とはまた違うんでしょうね。

また、こちらの対談動画
https://www.youtube.com/watch?v=cH9O-nAvjmA
の17分過ぎあたりから、青山繁晴氏が「昭和天皇の側近だった人から聞いた話」として
「昭和天皇は『日本をドイツやイタリアと一緒にされたくない、なぜなら日本は元々、民主主義の国だからだ』とお考えだった」
というエピソードを紹介しています。
昭和天皇がお持ちだった「民主主義」の定義はどういうものだったのか、興味深いところです。
2015/08/19 20:34 kappa URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/313-5f5a432f
Facebookはじめました
プロフィールです。Facebookをなさる方はこちらでもお付き合い願えればと思います!