主に政治、経済、時事、国家論についてなどを書きます。日本が日本である、ということを主軸に論を展開していきたいです。
プロフィール

石川

Author:石川

全記事表示リンク




にほんブログ村 政治ブログへ
↑↑↑↑ ブログランキングです。クリックしてブラウザバックしてください。


 今思えば私の子供時代、昭和後期から平成の初期……ほんの二十年から三十年前でも、昔の年寄りというのは、なんと立派だったことでしょう。

 昔の年寄りは、近頃の年寄りみたいにチャラチャラしていなかった。

 たとえ当時スマートフォンが市場に出ていたとしても、昔の年寄りは見向きもしなかったに違いありません。

 昔の年寄りは、新しいものに飛び付いていかないで、生活の色々なことを知っていて、場をわきまえるということが上手で、言葉づかいも巧みで美しかった。

 着るもの、身に付けるもの、所作、ふるまい、色々なところに土地や文化や人間交際の素養が息づいていた。

 そして、生活的に神仏を信じていたものです。



 そういうわけで、昨今はまったく決定的に年寄りが滅びた時代なのです。

 今の年寄りは単なる若者の劣化バージョンで、皺の出た分、若者に劣る存在でしかない。

 でも、そんな今の年寄りが可哀想なのは、別に彼ら一人一人が生まれつき悪いヤツだったから年寄りになれなかったというのではないからです。

 近頃の年寄りがチャラチャラしているのは、彼らが年寄りになるために得るべきリソースを、土地、国家、共同体から得ることができないまま浮遊した市民的人生を送らざるをえなかった結果、年寄りになれなかったということに違いないのです。

 すると、土地感覚、国家観、共同体の網の目がより霧散してしまった昨今を生きる我々は、その中でリソースをまったく獲得できていないことになりますから、もはや日本人は、子供は大人になれず、大人は年寄りになれない国家だということになります。

 30年後、40年後、私が年寄りになった頃には、少なくとも今の年寄りが年寄りでないという以上には年寄りでないだろうし、国土の上から日本の大人は消失しているでしょう。

 これは非常に醜いことです。

 国家が滅びてゆくというのは、人間が醜くなってゆくということなのです。


(つづく)
スポンサーサイト
2017/01/26 13:57 未分類 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/319-33a9e4d7
Facebookはじめました
プロフィールです。Facebookをなさる方はこちらでもお付き合い願えればと思います!