08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > スポンサー広告 > title - 加計学園問題でこそ安倍叩きをやるべき! TOP > 時事:加計学園問題 > title - 加計学園問題でこそ安倍叩きをやるべき!      
  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

加計学園問題でこそ安倍叩きをやるべき! 

 私は、森友学園問題での安倍首相叩きの方は、その騒ぎ方に「卑劣」なものがあったと思っています。

 それは別に安倍首相や森友学園を擁護したくて言うのではなくって、疑惑の筋そのもののショボさに反比例してあれだけ騒ぐということは「コスプレ的な戦前を踏み絵にして、政府を制限し、国家に縛られないようにしておこう」という大衆の都合の力学がその背景にあったようにしか見えないからです。

 それは本当に、(汚い言い方ですみませんが)ウンコみたいな精神集合体なのですよ。



 しかし、一方。

 第二の森友学園問題とも言われる

「加計学園問題」

 は、騒ぐべきです!

 これで安倍首相を叩くべきです!

 積極的に「炎上」すべきです!



 そもそも、森友騒ぎで安倍内閣が潰れても潰れなくても何一つ意味なんてなかった。

 が、仮に加計学園問題で安倍内閣が潰れれば、これは日本国家にとって大きな意味を持つでしょう。

 また、もしこれで安倍内閣が潰れはしなかったとしても、加計学園問題が騒がれる「度合い」は森友学園騒ぎを凌駕しなければならないはずなのです。


月光工場


 もっとも、現時点ではこの加計学園問題とて、確かに疑獄の筋としてはショボいし、朝日新聞の「文科省内部文書」とやらが本当かどうかは知れない。

 でも、たとえ内部文書がどうであっても疑獄の筋は残るのです。

 また、証拠というのは本当とエセが混ざるものでもあるはずで、仮に一つがエセだからと言って、その次が本当でないという話にはなりませんでしょう。

 それに、日本国民は森友学園であれだけ大騒ぎしたのであるから、当然、これくらいの無理筋でも同等に騒いでもらわなければ困る。



 森友学園は、無理筋な疑獄を騒ぐことで「戦前コスプレ右翼」を「踏み絵」にして「政府を制限」して「徴兵される確率を1%でもさげておこうとする」みたいな「無自覚的な大衆の都合」の力学が確かにあった。

 ならば、加計学園の無理筋な疑獄でも、「国家戦略特区」を「踏み絵」にして「規制緩和、構造改革、自由貿易主義的なものを反省しておこう」という力学にすることは理論上『可能』なはずです。


 ・


 ただ、もちろんこれは「理論上には可能」ということであって、おそらく「加計学園問題」は「森友学園問題」に比して100分の1くらいにしか燃え上がらないでしょう。

 何故なら大衆にとって、

X「戦前コスプレ右翼を踏み絵にして政府が個人(自分)を制限しないように牽制する」

 ことの方が、

Y「国家戦略特区を踏み絵にして規制緩和、構造改革、自由貿易主義的なものを反省する」

 ことよりも100倍気になることだからです。


 すなわち、この砂鉄のようにバラバラな大衆の個々の無自覚な都合上、

X:Y
 =
100:1
 =
「森友学園問題の燃度」:「加計学園の燃度」

 というくらいなもんでしょう。

 本当に、どーせその程度なんです。



 私は本当に、こうした大衆クソ力学をどうしたら駆逐できるか……という類いのことばかりを考えているのです。

 もし仮に万が一、加計学園問題が森友学園問題騒ぎ以上の炎上の体を見せたら、そういう意味でも大きなことだと思います。


(了)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事:加計学園問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

かけ学園で安倍たたき?
センスなさ過ぎです。

通りすがり #- | URL | 2017/05/20 12:24 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/356-bdf34093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。