09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 時事:加計学園問題 > title - 国家戦略特区のガキ性      
  

国家戦略特区のガキ性 

 国家戦略特区のガキ性は、

 特定の区域で「政府が統治権力を手放す」

 ことによって、「グローバルな競争力をつける」

 という思想構造にあります。



 これは単に、

「労働者をコキ使えるように、労働者を保護する法律を緩和する区域としての問題」

 ということに留まらない。



 むしろ、平成で言われてきた「経済思想」を、集約して純粋化したものが国家戦略特区というものだというふうに見ておくのが適切なのです。



 そのストーリーは、「規制緩和」で日本の構造を改革して、経済におけるグローバルな競争に勝つ……というもの。

 そして、これは人生で一度も「規制緩和」「構造改革」「グローバリズム」などという言葉を使わなかったり、大して意味を把握していない者でも、

 社会人としての「処世」

 で、そのストーリーを前提して時事諸々を語ってきたのであります。

 その上、大衆はそのような前提で集約された「改革」が民主的に断行されてゆかないことに不満を述べ立てたりさえした。


ゴリラ



 平成大衆市民は、自分が恩恵に授かっている既得権益以外の既得権益を「ズルい!」と述べ立ててきました。

 で、「政治権力が既得権を構成し、経済合理性を阻害している」という経済ジャーナリズム的な物語を好む。



 また、国内の既得権益の打破の理論は、常にグローバリズムを引き連れてきた。

 この辺りは、「日米構造協議」や「年次改革要望書」など以来の関係性であるから、

「冷戦構造が弱まった中でも、徴兵される確率を1%でも下げておきたいからアメリカに軍事依存しておきたいので、市場開放で屈服しておこうとする力学を、グローバリズムの想定でゴマかしておく」

 ために、規制緩和の方向性に合理性を付与してきたのかもしれない。


 なので、

1 「規制緩和構造改革で既得権益を壊したい」→「グローバリズム」

2 「グローバリズムで徴兵される確率を1%でも下げておきたい」→「規制緩和、構造改革へ合理性を言う」

 という二つの大衆力学が、この方向性を押し進めていった。

 少なくとも、私には平成という時代はそのように見えた。



 そして、この平成の時代を用意したのは、丸山正男的な「日本的な組織を脱して、近代民主主義の合理性を極めるべき」という民主主義的なインテリ思想でもあった。

 政治における民主主義の徹底は、経済における民主主義の徹底とほぼ構造としては同じなのです。


 ・


 しかし、よくよく考えてみれば、真の日本の庶民の生活は「政治的な既得権益」の中にあったのです。

 各地方共同体や産業の構造に「政治的既得権益」として残された「封建的前提」が、政治の基盤になり、市場経済の土台にもなっていた。

 そこから切り離された「バラバラな大衆」は、原理的に言うと「どうなってもいい者」でしょう。

 だって、国民が国民であるのは、国民的な慣習を土地や共同体、組織などに埋め込まれて存在しているからであって、そこから切り離されて「バラバラの大衆」と堕したならば、「単に日本国籍を持った人間」ということになるから、そんな連中が別に死のうが生きようがどうでもイイじゃないですか。


 ・


 第一、既得権を打破してそこから個人として自由になりたい……だんて思想を好むのは、10代後半から20前後のガキの仕方というものです。

 10代後半から20前後のガキは、自分を縛る前提がいかに不合理であり不条理であるかという屁理屈を述べ立て、そこから自由になりたいということばかりを請求するものでしょう。

 子供なら仕方ありませんが、それを大人になっても続けているのが「平成の大人」なのです。



(了)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事:加計学園問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/357-34ed3522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)