05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 憲法:日本国憲法問題 > title - 憲法問題と属国民のホンネ      
  

憲法問題と属国民のホンネ 

 
 そもそも私は、日本国憲法というシロモノが大っ嫌いなのですが、まずここでその「私なりの憲法の嫌い方」というのを簡単に開陳しておくのも、無駄なことではないでしょう。
 
 と言うのも、世の中の多くでされている九条二項の「非武装、不交戦」と、前文二段落目の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し、我らの安全と生存を保持しようと決意した」という二つのポイントは、別に日本国憲法における腐食の震源地ではないと考えるからです。
 
 そして、私から見ると、九条二項や前文二段落目の「平和を愛する諸国民……」の方ばかり論じられて、その腐食の震源地があまり論じられていないというのは、少なからず不満なのです。
 

 にほんブログ村 政治ブログへ
 
 ピストル

 
 確かに、九条二項の非武装、不交戦は激烈なものがありましょう。
 
 でも実際、今の日本も戦車や鉄砲で武装しているし、平和を愛する諸国民などと本気で信じている者はリベラルですらごく少数だと思います。
 
 リベラル……というより、多くの現代日本人は、「徴兵される確率を一パーセントでも下げておきたい」というような下等な心持ちから、「日本国憲法によって政府を制限しておきたい」と考えていやがるだけでしょ?
 
 だから、自衛隊が国民(自分)の安全と生存を護衛してくれる領分については、リベラルも現代日本人も強いて反対はしないのです。
 
 そんな中、安倍首相を含めて現在の保守の滑稽さは、架空のサヨクを敵に見立て「この憲法では国民の安全と生存を守れない!」とやるところだと思います。
 
 
 
 すなわち、現代の日本人ですら、九条二項と前文二段落目だけはお題目として、実質的にある程度無視する……というような(狡猾な)常識は持ち合わせているのです。
 
 これは現代でも、保守も、リベラルも、フツーの人も、おおよそ一致して、暗黙に了解していることです。
 
 そりゃあそうですよ。
 
 だって、「九条があるけど、外国が攻めてきたらどうするの?」くらいのこと、小学生だって思います。
 
 でも別にそれは「立派な常識」などではなくって、単なる反射的な「生き残り勘定」でしょう。
 
 問題と言えば、まずここが問題なのです。
 
 つまり、現代の日本人も、「外国から攻められた時には、国民(自分)の安全と生存を守れ!政府!」と請求することだけは余念がないということに過ぎないということ。
 
  そしてそれは、自衛隊の最大目的を「日本国民一人一人の安全と生存を守る」ことへ置くことを前提とするような態度を容認してしまうことにもなりかねません。
 
 そもそも、生命以上の価値を設定せず、こうして自衛隊を「公営用心棒」のように前提する仕方は、「日本人の生命によって日本人の生命を守る」ということに最終的な正当性を見出だしえませんから、してはならないやり方だと思うのですが……。
 
 
 
 ただ、このような不道徳な常識の上ではありますが、日本国民は現在であっても「九条二項と平和を愛する諸国民の前提はある程度無視する」という暗黙の了解の上で日本国憲法を使っている。
 
 すると、もし、日本国憲法の根幹が、九条と平和を愛する諸国民にあるのだとすれば、別に憲法がこのままでも問題はないということになりますでしょう。だってそこはある程度無視して使っているんですから。
 
 不都合があれば、内閣法制局の解釈でもっと無視してゆけばいいだけということになる。
 
 
 
 ただ、それでも日本国憲法がクソッタレ憲法なのは、平和を愛する諸国民のタテマエの、さらにもう一つ奥に別の重大な「腐りの震源地」があり、それが我々の『属国民のホンネ』とも言うべきものにとって極めて都合のイイものだからです!
 
 
 
 なるほど、みなさん前文でも二段落目の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し、我らの安全と生存を保持しようと決意した……」という部分についてはいろいろおっしゃる。
 
 しかし、ならばそもそも、このあまりにも有名な「平和を愛する諸国民……」という部分は、一体どういう文脈の上で書かれなければならなかったのでしょうか?
 
 当然、ある文章の二段落目を理解するためには、一段落目を読めば良いのです。
 
 そして、前文一段落目の核心部分はここにあります。
 
《政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。》 (日本国憲法・前文 第一段落目)
 
 ここです!ここです!日本国憲法はこのテーゼから始められているのだし、憲法全体のキモ中のキモ、核心中の核心、腐食の震源地もここなのです!
 
 そして、これは「属国民の刻印」とも言うべき「魔の裏取引」の言葉なのです!
 
 
 
 そもそも、(普遍的な体を取り繕おうとはしていますが、)これはどう解釈したって、先の大東亜戦争を指さして言っているとする他ないでしょう。
 
 つまり、『二度と戦争の惨禍が起こらぬよう』と言っているそれは、どう考えたって「大東亜戦争」を引き合いにして言っているのであり、また、その『政府』とは、「大東亜戦争を主導した政府のこと」とする他ない。
 
 すると、もう少し丁寧に表現し直してやればこういうことになりますでしょう。
 
「悲惨なる大東亜戦争を引き起こすような日本の悪い政府は『何者か』にやっつけられて、(平和を愛するはずの)非政府の日本国民はその悪い政府から解放され、解放された人々全員に主権があると確認された」
 
 と。
 
 
 
 ここでとりあえず、有名な憲法前文二段落目「平和を愛する諸国民」のタテマエが、何故必要とされたのかを考えてみましょう。一段落目→二段落目と読み進むのですから、これが正当な順序でしょう。
 
 そもそも、一段落目の「政府の行為によって戦争の惨禍が起こらないようにするよう、国民に主権が存することを確認し……」という裏取引を成立させるためには、「国民に主権があれば悪い戦争は起こらない」という前提が絶対に必要になりますね。
 
 すると、他の国家も「国民に主権がある限り悪い戦争は起こらない」ということにしなければ済まないじゃあないですか。
 
 そうでなければ、日本国民だけがとりわけ平和を愛しまくる国民という話になってしまう。
 
 ならば必然的に「あらゆる国家で、国民に主権がある限り悪い戦争は起こさない」=「あらゆる国家の諸国民は平和を愛する」ということになる。
 
 そして、それでも戦争が起きたのはそうした諸国民の「公正」と「信義」を「信頼」しない日本の「政府」があったからだ……という意味になるのです。
 
 また、これは暗に、「アメリカは民主主義の国であり、国民主権であるから普通にしていれば戦争を起こすはずはなく、日本の「政府」が侵略のために平和を愛する日本国民を戦争に駆り立てたから、アメリカとも戦争になったのである」という理論を支えていることにもなります。
 
 
 
 つまり、この有名な前文二段落目の
 
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して我らの安全と生存を保持しようと決意した」
 
 という文は、一段落目の
 
「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」
 
 の流れの上で、これを強く補足するものとしてあるはずだということ。
 
 
 
 要するに日本国憲法というのは、第一にGHQが「アメリカは、『平和を愛する日本国民』を、『戦争を起こす悪い日本政府』から解放した『解放軍』なのだ」と言いたい都合のためにしつらえられたもののはずなのです。
 
 でも、そのこと自体は別にどーでもイイこと。
 
 憲法前文は完全無欠にGHQが書いたものを直訳しただけなんですから、これがアメリカにとって「認めさせたいストーリー」から書き始められているというのは、ごく自然かつ当たり前のことでしょう。
 
 
 
 問題は、第二に、これが日本で生き残った「非政府の日本人」と「その子孫たちすべて」にとっても、一種都合の良いストーリーである可能性があるということです。
 
 その可能性とは、『戦争を起こす悪い日本政府』から解放された側の『非政府の国民』として解放民としての(属)国民主権を謳うことに、ウマ味を感じていやがるという可能性です!
 
 つまり、「解放軍の都合」と「解放民の都合」が合致して、あらゆる瞬間瞬間の戦後日本国籍民とGHQとの間で断続的に「裏取引」が成立してしまっている可能性。
 
 
 これは恐ろしいことです!
 
 
 そもそも、このストーリーを完全に呑んでしまった時点で、我々は『敗戦国民』から『属国民』へと成り下がるわけでしょう?
 
 でも、このストーリーは、我々にとって蜜のごとく甘く、真綿のごとく重たく、傾国の美女のごとく媚びついて、これを保持するためならばあらゆる道徳をズルズル手放してしまえるほど魅力的です。
 
 クセになり、いつの間にか「決して手放したくない」と思う麻薬のようなストーリー。
 
 そして、七十年もたつと、慣性の法則によって、これが当たり前の基準と前提されてしまうようにもなる。
 
 また、このストーリーに反しないという基準の上で道徳がしつらえられるから、かつての道徳が不道徳に、かつての不道徳が道徳に……と、道徳の価値反転現象が起こってくる。
 
 道徳は暴力と切り離され、薄っぺらになり、人間は安っぽくなる。
 
 何故こんなことになるかと言えば、このストーリーが「属国民として安全と生存を保持するため」には極めて都合が良いからです。
 
 あえて、「悪い政府」をやっつけた『何者か』を強調しさえしなければ、『何者か』の暴力的背景の加護の下(あるいは『何者か』をも包摂すると空想された地球、集団安全保障的な国際社会なるものの加護の下)、我々は解放民としての(属)国民主権を謳い続けることができるのですから。
 
 さらに言うと、属国民主権としての最大のウマ味とは、「自分たちで組織した政府によって、暴力に関係する道徳を判断しなくても済む」という怠惰のウマ味です。
 
 そもそも、「暴力に関係する道徳を自分たちで判断するために、国内の最大暴力機関を背景として政府を形作らなければならない」というのが独立国であることの一番の大変さであるわけです。
 
 だが、属国民でありさえすればこれを最終的に政府によって判断しなくても『何者か』が基準を決めてくれるから楽チンというわけです。
 
 でも、これでは人間として死んでいますでしょう。
 
 
 
 私は、この恐ろしさを、昭和時代までの日本人はどこかで察知していたように思われるのです。つまり、「自分のホンネがもしそのような邪悪なモノから来ているのであったらどうしよう……」という恐れです。
 
 これが、昭和期の日本人の、良心と換算して然るべき『常識』というものだったのではないでしょうか?
 
 そして、月視点でこのことを望めば、この常識が霧散した時点で日本は敗戦国から属国に成り下がったのであり、属国に成り下がるということは長期的に見て日本をあきらめるということなのです。
 
 
 
 ・
 
 
 
 上記のごとく、天地に誓って日本国憲法はクソったれ憲法です!
 
 何故なら属国民のホンネにとってこんなに都合のイイものはないからです。
 
 
 
 だから、「このままなんとなく日本国憲法を容認する」という態度だけには抵抗しなければならない。
 
 でも難しいのは、昨今保守派に跋扈するような「日本国憲法を変えれば何かが良くなる」という雰囲気に流されるわけにもいかないということ。
 
 と言うのも、大事なのは「属国民のホンネに逆らうこと」であり、その「改憲」がより属国民のホンネを延長させるためのものであったなら、それは「日本国憲法をより日本国憲法にしている」だけだからです。
 
 たとえば、「9条2項を維持して自衛隊を明記」などという安倍首相の改憲案などはまさにそれです。
 
 これは、「属国民のホンネの都合を補強している」ことであり、すなわち「戦後レジームを補強している」ことに他なりません。
 
 
 
 繰り返しますが、大事なのは「属国民のホンネに逆らう」ということなのです。
 
 改憲の基準はそこにあるべきであり、属国民のホンネに逆らう改憲が「良い改憲」であり、属国民のホンネを補強する改憲が「悪い改憲」なのです!
 
 
 
 ただ、法律上ではこれは無理なのだということはわかっています。
 
 何故なら、日本国憲法には改正条項というのがありますが、ここでは最後に時の国民に対して国民投票にかけることとなっている。
 
 すなわち、国民投票で過半数を得るような改憲しか、法律上はなされないのです。
 
 
 
 しかし、その「時の国民」に対して「属国民のホンネ」という話をしても、みんなニヤニヤと話を逸らしたりしてゴマカすでしょう。
 
 ゴマカしておかないとみんな心が壊れてしまうから。
 
 すると、「属国民のホンネに逆らう改憲」というのは、法律上では論理上、絶対不可能ということになってしまう。
 
 我々は国家が霧散し切るまで属国民をやり続けるほかないということになってしまう。
 
 
 絶望というのは、こういうことを言うのです。
 
 
 ただ、それでも日本をあきらめない以上、我々は我々自身の『属国民のホンネ』と闘い続けなければならないのですけれども。


(了)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 憲法:日本国憲法問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/361-eeb25665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)