05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 時事:加計学園問題 > title - 前川喜平・文科省元事務次官を証人喚問せよ!      
  

前川喜平・文科省元事務次官を証人喚問せよ! 

 文科省の元事務次官(事務次官=省庁側のトップ)前川喜平氏が「加計学園問題に関する文部省内の文章はあった」と口を割っていますね。

 さらに記者会見を開き、証人喚問に応じる意向も示している。

 この意義を、加計学園問題そもそもの流れから簡単に説明するとこうです。



1 安倍首相は、規制緩和策の「国家戦略特区」を利用し、加計学園(学長が首相の友達)に獣医学部の新設を許可するよう文部科学省へ圧力をかけていたのではないか……という疑惑があがった。

2 証拠として「官邸の最高レベルの意向だ」などという文部省内の文章があり、それがリークされた。

3 文科省は「調べた結果、あんな文章はなかった。ありゃデタラメだ」と言った。

4 前川元事務次官が「いや、ああいう文章はあったよ」と口を割り、証人喚問に応じる意欲を示した。


↓政治ブログランキングに参加中です
 にほんブログ村 政治ブログへ

マスク1


 加計学園問題の意義を突き詰めて言うと、

「既得権益を打破すると言われて進められた『岩盤規制の緩和』そのものが、既得権益である可能性を象徴的に表していること」

 です。

 だから、これはとてもとても重要な問題なのです。



 まず、この問題で「従来的な規制緩和論」の「岩盤規制をかける者」として想定されているのは「文部科学省」でしょう。

 そして、「既得権益」として想定されるのは「既に獣医学部のある大学」ということになります。

 で、文部科学省の張っていた「岩盤規制」が「緩和」されると、「既に獣医学部のある大学だけが持っていた獣医学部をやるという既得権益」が打破されて、「他の大学にも獣医学部をやるチャンス」が巡ってくる。

 そうなると、「獣医学部」の「供給」が増える。

 供給が増えると「獣医学部」の競争が起こって、経済的にも合理的になる。

 これが従来的な「岩盤規制を打破する」的な規制緩和論の筋ということになり、また、これがグローバリズムの「競争力」の筋にも繋がってきた。

(さらに言えば、この「規制緩和論」「グローバルな競争力」の筋は、「アメリカへ市場を開放することに対する屈服感を和らげる大衆的効果」とも繋がりがあったのです。)



 そして政治的には、こうした「規制緩和論」を「政治主導」で行うことが「民主的」で「合理的」で「正しいのだ」というような筋が張られてきました。

 しかしこれは、小泉政権、民主党政権を経て、おおむね失敗に終わったのが歴史であった。

 それでも、安倍首相ご自身を含めた「大衆」は、もはやこの「規制緩和」「政治主導」の「物語」を無自覚レベルで大前提しているので、国家戦略特区のような政策も大して違和感なく受け入れられてしまっていたのです。



 しかし、加計学園問題では、その従来の規制緩和論で「敵」と想定されていた「規制をかける者側(官僚側)」が反逆を起こした。

 それが前川喜平元事務次官ということになります。

 これは画期的なことなのです。

 だって、「岩盤規制を緩和する者としての官邸と専門家(政治主導や産業競争力会議的なモノ)」に対して「岩盤規制を敷く者(官僚や産業構造)」が刃向かう……というストーリーは、他で見たことがありません。

 私は純粋に、この「岩盤規制を敷く者(官僚や産業構造)」が「岩盤規制を緩和する者(政治主導や産業競争力会議的なモノ)」へ刃向かうところを応援したいと強く強く思うのです。



 もちろん、加計学園問題についてそういう応援の仕方をしている人はまれで、単に「安倍首相が気に食わない」というモチベーションで叩く人間が多数であることは承知しています。

 また、そうした連中は「安倍叩き」と同時に「官僚叩き」「自民党叩き」「既得権益叩き」にも「ヘイト」を燃やすことも承知しています。

 が、単なる安倍叩きのヘイトでも、上記ストーリーを完成させる力学となるならば肯定的に見ておこうとは思えます。

(※そこが、この問題の森友学園問題とは違うところです)



 逆に、ここで前川氏の人となりを「天下りモノだ」とか「出会いバーに行っていたヤツ」などとして文句をつけ、安倍擁護に回るのは卑怯です。

 というのも、(第一に「天下り」がそんなに悪いことであるとも思わないというのもあるのですが)ここではこの人自体がどのような人物であるかは関係がない。

 前川氏が「かつて文部科学省のトップであった」という事実は事実なのであり、その上で加計学園問題の「官邸の意向だ」という文章について知っているというなら、それだけで重大な証言と言えますでしょう。

 そんなに嘘だというなら証人喚問すれば良いのです。



 あるいは、「中国からカネを貰っているに違いない」みたいな話に至っては言いがかりでしかありませんね。

 こうした前川バッシングは「ホシュの安倍擁護」に加えて「規制緩和論擁護」の力学も織り交ざっているように見えます。



 ◇◆◇



 もっとも、私は「証拠不十分」や「これでは首相の責任とまでは言えない」という筋での首相擁護ならば、論理的には整合すると思うのですよ?

 しかし、規制緩和論を前提にした人間が、安倍擁護のホシュ派に媚びを売るように「前川氏は中国、韓国からカネをもらっているに違いない。それだけ安倍さんが怖いのだ」みたいなことを言うのは、まったく噴飯ものと言う他ないのです。


(了)


ご覧いただきありがとうございました!
よろしければツイート、シェアのご協力お願い致します↓

関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事:加計学園問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

某大型掲示板などは精神衛生上、あまり見ないようにしているのですが、やはり「中国からカネを~云々」という擁護論が存在しているのですね。
“彼ら”の安倍擁護論って、数パターンしかないんじゃないですか。毎回同じことを言っている気がします。
やはりネットというものは、人々の思考を恐ろしく「単純化」させてしまうようです。

pen_nat #- | URL | 2017/05/28 09:05 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/365-8ad13a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)