10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

日本が日本であるために

 

TOP > 経済:反グローバリズム > title - グローバル化とグローバリズムの違い      
  

グローバル化とグローバリズムの違い 


 世間では、

「グローバル化(グローバリゼーション)」

 と

「グローバリズム」

 は同じような意味で使われることが多い。

 これは教科書などでさえ用法が曖昧だったりします。

 ですが、これら2つは、ちゃんと区別をつけて使用すべきだと思います。


障子


「グローバル化」

 というのは、「観察者」視点でその現象を指し示す言葉です。

 すなわち、

「(国境を無視して)地球規模的に、情報、モノ、人、資本が移動するようになってきている『現象』」

 というふうに、社会的な「現象」を指す名詞でしょう。

 この単語そのものに価値判断はないのであって、つまりこれだけでは「良い」とも「悪い」とも言っていないという名詞なのです。

 これは例えば、台風という名詞が、「熱帯低気圧の発達した現象」を指し示す名詞であるのと同じです。

 すなわち、当然ながら、このグローバル化という現象をどう見るかは前後の文脈によって変わる。


 ◆


 逆に、「グローバリズム」というのは、「特定の進歩観」を前提した「イズム(主義)」を表す言葉です。


 すなわち、

1 (国境を無視して)地球規模的に、情報、モノ、人、資本が移動するようになれば……

2 ……情報、モノ、人、資本は(平均として)個々の合理的判断の下に均衡するから、地球全体として効率的な資源配分(パレート最適)が実現するはずだ……

3 ……ということを大義名分として、この大義名分の下に決定せられると想定される「価格決定」や「情報、モノ、人、資本の移動」が、「最も正当である」と前提して……

4 ……各国の政府が、国家の産業や地域の既得権益を保護するために敷く規制を「不正当なもの」として糾弾し、これを剥奪しようとする『主義』。

 というふうに、「人類」の「進歩観」としての合理体系を有したイズム(主義)を指し示す名詞です。


 ですから、この単語には、グローバル化という現象を指す意味に加えて、

「グローバル化を進歩として前提し、その実現のために経済から国家を退場させようとする主義」

 という意味合いがある以上、その主義の上では「グローバル化」は「肯定すべきものである」と前提されていることになります。

 また、この主義の上では多分に、

「人間が合理を基礎に、国家から逃れられること」

 を肯定的に見る、ホモエコノミクス(経済人)としての人間性礼賛が底流にあるのです。


 ◆


 で、問題は、なぜ「一般的に広く」この両者が曖昧な使われ方で、同一視されているか……というところです。

 それは、日本人の多くが、別に主流派経済学者でなくとも、新自由主義者でなくとも、経済学を学んでいなくとも、

「ナチュラルにグローバリスト(グローバル主義者)」

 だからであろうと、私は強く疑っています。

 つまり、グローバリズムという語を「イズム(主義)」として理解できないのは、もはや日本人にとってそれが当たり前すぎる「進歩観」として、無自覚的に埋め込まれてしまっているからではないか、ということ。

 無自覚的に当たり前の進歩観として前提しているものを「イズム(主義)」として相対化するのは難しいことです。

 それは、民主主義を「イズム(主義)」として相対化するのが難しい のと同じです。



 あるいは、こういう可能性もあります。

 つまり、日本人の多くは、ある社会現象が起これば、それに従って進んでいくのが「人類の進歩」であると前提してしまっているという可能性です。


 と言うか、「人類は進歩するものである」というストーリー、

「進歩主義」

 が、多くの日本人の脳の底に前提されてしまっているから、

「進歩する人類の起こす社会現象は、大枠でいって正しい」
 
 という回路が、ほぼ無自覚的に埋め込まれているから、


「民主化」という現象が起これば同時に「民主主義」が進歩観として前提されるので「民主化と民主主義」という言葉の区別がされなくなる

 のと同じように、


「グローバル化」という現象が起これば同時に「グローバリズム」が進歩観として前提されるので「グローバル化とグローバリズム」という言葉の区別がされなくなる

 という話なのかもしれません。


(了)


関連記事
スポンサーサイト

Category: 経済:反グローバリズム

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/388-c89b2075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)