09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 経済 > title - 貨幣についての考察      
  

貨幣についての考察 

 現在我々が使用している紙幣及び貨幣――日本円は、何故日本円として使う事が出来るのか。
 そんな事を、小学生くらいの時に誰だって疑問に思ったことがあるだろう。

 だって、例えば一万円札は、一万円札自体として何か用途があるのかと言えば、ほとんどないのである。鼻紙として使うにも、不衛生にすぎるくらいだ。
 それでも、一万円を差し出せば良い飯が食えるし、もっと集めたら車や土地や家だって買える。円のために、額に汗して働いて、預金残高が増えれば胸が熱くなるのだ。
 まことに複雑怪奇ではあるまいか。

「日本円は、日本銀行の借用証書である」
 という言葉を聞いた事があるだろう。
 それは確かにそうなのだけれど、にわかには理解しがたいものだ。
 何故かと言えば、その発行した借用証書で何を借用しているのか、よく分からないからである。まさか円で円を借りるという理屈が通るはずがない。

 昔は、金(ゴールド)を借りているという建前があった。円を日本銀行へ持って行けば、金に換えてもらえるというアレだ。
 金本位制というヤツである。

 だが、たとえ金本位制度の中でも、人々は「よし、この『円』というヤツはこれくらいの金に交換できるものだからこれくらいの価値のある物だ」という風に考えて、円を使っていたのかといえば、決してそんなはずはない。
 それは、『円』であるからこそ円の価値を思っていたはずだし、もし、円の価値が「金に換えられるから」という所に真に依拠していたのならば、人々は円ではなく、金そのものを持つはずだからだ。
 例えば、もし、俺が金鉱を掘り当て、ほとんど無尽蔵の金を保有したとして、『α』という「本券一枚、金……グラムにて交換可」などと書かれた判子入りの証書を流通させたら、日本政府から独立して日本の紙幣流通を支配できるか。
 出来るわけはないのである。
 何故なら、例えば俺が、証書αをもって、文鎮と交換したとする。その文鎮と交換してくれた人は、すぐに俺の所へ来て、金と交換してくれと要求するに決まっている。


 そもそも、金貨や銀貨、銅貨まで遡っても、貨幣の価値は、金や銀や銅のそのものの価値より高いものであった。

 ある国が金貨Xを鋳造したとして、金貨Xは一枚百グラムの金を使っていたとする。すると、金百グラムと交換できる物と、金貨X一枚で交換できる物では、後者の方が高い価値となるものなのである。
 当たり前だけど、そうでなければ、『偽金』など意味を成さないのだ。
 だって、百グラムの金を持っていて、それを『金貨』という形に偽装するとより価値の高いものになるからこそ、偽金を作る犯罪が成り立っていたのだから。

 つまり、貨幣は、そもそも金(ゴールド)そのものの価値の反映ではなかったのである。

 では、貨幣は何によって価値なるものを生じ得ているのか。
 結論は実は当たり前で、『感情的信仰』と『流通』だ。
 例えば円は、「大勢の人が円に価値があると思い込んでいて、円によって取引している」からこそ、価値があるのだ。
 つまり、共同体の中での、ある種その紙幣に対する価値の共通な信仰と、大量の数の流通という実体的な現象そのものが、紙幣の価値なのである。

 これは、金貨だろうが、金本位制だろうが、管理通貨制度だろうが、同じである。この点においては、貨幣の材質が紙か金かというだけの違いでしかない。


 ただ、ここでもう一つ疑問が出る。

 何故、「価値がある」という感情を人々に信仰させ、「経済活動においての流通」という実体を形成するというような魔法じみたことが「出来ているのか」という問いである。

 だって、もし俺個人がβという紙幣を発行して、「はい、これは価値のあるものだから、君ら取引に使いなよ」と言っても、絶対に流通なんてしないし、紙幣に対する価値の感情的な信仰も生じない。
 紙幣は、予め、天が一定の範囲内の生活民に対して「これは価値のある紙ですので、皆さん取引に使いましょう」と規定してくれているものなどでもない。
 じゃあ、何の根拠と前提があって、この貨幣という魔法のような実体が維持されているのか。
 答えは実はとても簡単なことだ。


 貨幣の信仰と流通は、『国家』の歴史的枠組みという大前提の中で、その中央政府の権威及び権力を根拠にしている――のである。


 当たり前のことだ。
 中央政府の圧倒的な強さという権威の下に発行する貨幣だからこそ、その統治下の構成員たる国民が共通認識として信仰(信用)をもつのだし、中央政府の行政権が確固としていて巨大な財政支出やルール、規制を強制できる立場にあるからこそ、貨幣を流通させることができるのである。
 つまり、我々が我々の貨幣を使用できるのは、国家と中央政府というものが存在していてくれているが故に享受できている『統治の恩恵』の一つなのである。
 本っ当に、常識で考えて当ったり前の話しではなかろうか。

 しかし、そういうことが嫌いな連中というのは、いつの時代にもいるのだ。そういうこと、というのは、「国家という大前提の枠組み」や、「中央政府の権威と権力」のことである。

 昨今、日本銀行の独立云々という話しを喧しく述べ立てる輩が少なからず存在するが、彼らは何をもってそういう事を言うかといえば、『中央政府が嫌い』なのである。
 中央政府、もっと言えば「予算を立てて執行する与党及び官僚という行政府」に、端的に言えば「刷った貨幣にて財政を執行する」という統治裁量を持たせたくない。
 彼らアナーキストの思考回路は、つまりこうである。
「刷った貨幣にて財政を執行する裁量など持たせたら、権力者どもは必ず無尽蔵に貨幣を刷って無駄遣いをしまくるに決まってる」
 と。
 もう、そんなに政治家や官僚に統治されるのが嫌いなら、日本から出てけよ――と、まずは言いたくなるというものだ。
 貨幣経済という、中央政府が存在しなければ絶対に存在しない『統治の恩恵』を享受しておきながら、それが「誰かが指導しなくとも当たり前に存在するものだ」という勘違いをして、貨幣経済の根幹たる中央政府へ敵対して権限を取り上げようとする。

 まるで、親の脛をかじっていながら、それが当たり前のことだという勘違いをして、罵声を浴びせかける中学二年生のようだ。
 中学二年生ならばまだ可愛げがあるが、いい大人が中央政府に対してはいまだ反抗期を抜けだせずにいる様は、ある種のグロテスクさすら感じると言わざるをえない。


 さて、もう一度言うが、貨幣の存在は中央政府の権威と権力を源泉としているのである。
 口では「日本銀行の独立云々」と言いながら、真に国家や中央政府から独立してしまって、日本銀行が日本銀行として存続しうるかと言えば、絶対に出来ないことを誰しもが実は分かっている。
 だって、日本銀行は別に歴史的権威の根拠を持っていないし、軍隊の保持諸々の統治権力を持っていない。
 日本円が、「日本のお金ですよ」といって流通しているのは、日本銀行が日本政府に帰属しているからという大前提をまず一つ明確に認識しておかねばならないところだ。
 何故、そんな当たり前の事から言うかといえば、『中央政府嫌い』が度を越して、通貨発行権という国家主権を、「国家からすら独立、分離」させて、「貨幣があたかも天から与えられた前提であるようにする」ということを理想にするイデオロギーが存在するからである。
 あれだけまざまざと大失敗したユーロを、未だに羨ましがる輩が存在すること自体、正気の沙汰ではない。ユーロは、通貨発行権という主権を、国家からすら独立させてしまったという点において明らかな失敗なのである。
 だから、日本銀行の独立を言う者達の中に、日本銀行を日本国や中央政府の帰属からすら独立させた「天からの泉」のようにする空虚な理想を思い描く者がいるのではないかと、疑ってしまうのである。


 続いて、『財金分離』について思う大きな疑問。
 「予算を立て財政を執行する者」と「お金を刷って銀行へ注入する者」は、分けなければならない、というのが財金分離の趣旨である。
 これには一理を認めなければならないとは思うが、そもそも金融緩和策は財政政策の存在無しに取りようがないのではなかろうか。
 単純に考えて、日本国において円を恒常的に使っているということは、その円の量は長期的に増えていかなければならないはずである。何故なら、経済はインフレーションの下でなければ回らないからだ。つまり、何が言いたいかというと、日銀は「円を刷って適正な量、増やしていくのが仕事」だということである。だからこその管理通貨制度だろう。増やさなくていいのなら金本位制で構わなかったはずだ。
 しかし、そもそも日銀が刷ったお金をどのように流通させるか、という所をどう考えているのだろうか。

 自分が日銀になったつもりになって考えてみればよい。
 日銀としてお仕事をして、円を刷ったとする。
 さて、その刷った円を、如何様にして市場に流通させる?
 まさか円を刷るだけ刷って、倉庫にしまっておけば何か事が始まるだなんて非科学的な事を考えたりはできない。

 つまり、誰かに渡して使ってもらわなきゃ、刷ったってどうにもならないのである。
 じゃあ、刷った円を使って流通させるのは誰だ?

 まさか、日銀が刷った円を、日銀自身が何かを消費するために使うだなんて、あり得ない。それこそ、イチお役所機関に甚大すぎる権限を与えることになる。
 或いは、もしある日、日銀マンが俺の家にやってきて、「どうぞ、これ今日刷りたてのお金なので、どうか使ってくださいな」と円を渡しに来たら、そりゃあ俺は嬉しいけれど、隣の家の人は「何故あいつにだけ……」と不満を募らせるに違いない。

 よって、日銀が刷ったお金を、使って市中へ流通させるのは、中央政府の財政でしかあり得ないのだ。

「ただ刷っただけのお金を使えるだなんて政府はズルい」
 とか、眠てぇこと言ってんな。政府は、我々一人一人と同列ではないし、同列であってはならない。
 貨幣は、天から適切な量降って来るものではないし、刷って倉庫においておけば自然と流通するものでもないのだから、仕方ないじゃあないか。そもそももう一度言うが、貨幣は政府の統治があるからこそ、信仰され、流通するものなのであって、つまり神から授けられた前提ではなく、「政府による統治の恩恵」なのである。国家と政府があってくれているから、『円』を使えているのだ。
 つーか、中央政府以外のヤツに、刷った円を手渡しして使わせたら、そっちの方が大問題だなんてことは、常識でわからんもんだろうか。

 勿論、政府に直接、「はい、これが今日刷った分の円でして、どうか使ってくださいまし」と日銀からトラックで円を運んできて、その円を財政を執行する円の一部にあてる――などという泥臭いことはやらない。
 国債を刷るのである。国債を刷って、それを日銀が買う、という建前の上でやるのだ。これで結果的に、「政府権力が刷ったお金を使って流通させる」ということとほとんど同じ事になる。
 または、買いオペレーションである。『買いオペレーション』なんてスマートぶっていても、同じことだ。
 政府が刷った国債を銀行が買って、その銀行から日銀が国債を買う、というのが買いオペレーションである。まあ確かに、時間差はあるし、たいそう物価が上がった折には売りオペレーションに転じることができるという利点がある分、スマートといえばスマートである(買いオペ、売りオペという手段が日銀に強い権限を与えることにもなってしまっているが)。だが、「政府の権威と権力の元に刷ったお金を、政府が財政にて使って流通させる」という結果は一緒だ。


 そして、それで良いのである。

 というか、貨幣経済を続ける以上、それ以外に方法はないのだ。


 さらに、このように財政と金融は連関して統治せねばならない以上、共に「中央政府の傘下でコントロールする」という態度がなければ、貨幣経済を健常に統治するなんてできない。

 換言すれば、財政政策と金融政策は、共に中央政府権力である以上、(ある程度分離していても結構であるが)分離しすぎてしまっては元も子もない、ということである。


 もっと言えば、中央政府から金融政策への影響を取り上げて、分離させたある機関が「正しく機能する」などという保証は、どこにもないではないか。
 なぜ、中央政府の権威、権力から分離されたものについてはそんなに甘い幻想を抱くのか、俺にはサッパリ理解ができないのである。



関連記事
スポンサーサイト

Category: 経済

Thread: 政治・経済・時事問題

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/39-cc6be8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)