08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > スポンサー広告 > title - 政治散文、エッセイということ TOP > 日記:思考 > title - 政治散文、エッセイということ      
  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

政治散文、エッセイということ 


 進撃の庶民様にて『安倍政権に対する態度について』というコラムを寄稿しました。


http://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12294393653.html


 気合い入れて書いたので、どうぞご覧いただければ嬉しいです。


 ◆


 それにしても世の中は複雑です。

 複雑な世界から、国家、政治、経済を抽出したとて、それでもまだまだ複雑です。

 そんな複雑なものについて自分で納得のいくようなことを言うには、それなりに色々な角度から論理を引いて総合しなければなりません。

 だから、「散文」で書くというのは、自分なりにこだわりがあってやっているのです。



 でも、アカデミックな文章じゃない「散文、エッセイ、試論」というのはどんなに素人でも書けるは書けるものですよね。

 下手をすれば小学生にだって書けるかもしれない。

 だから、散文は一歩間違えると、とてつもなくチープな文章なる。

 そして、「チープ」というのは一種の罪なのです。



 対して、アカデミックな文章は、アカデミックな文章であるという一事をもってそれなりの質は保証されるものでしょう。

 形式というものが、割合きちっとしていますから。

 そういう意味では、アカデミックな論理を学んだ方が、社会的に伝達するためには効率的なのです。

「あ、彼の書くものは一定の質が保証されているな」

 と一目瞭然になりますし。



 でも、世の中全体を網羅するためには、散文や対話という、より一般的で広い形式を取った方が都合が良いのです。

 また、私は「政治、経済に関心のある人」という範疇を越えて一般性をもって読まれ、あらゆる人を説得しうる「エッセイ」が書きたい。

 ただ、すると私の文章がチープではないということを保証するものは何もなくなるということになる。

 これは結構困ったことなのです。



 まあそれでも、どーにか安っぽくならないためにはどうすればよいか。

 それは、色々な広い知見からこれを総合する中で自分的な魅力を発揮するということです。

 ここで注意が必要なのは、これは別に最初から「自分を発揮しよう」とするのではないということ。

 広く、様々な角度の知見を蓄える位相ではほとんどニヒリストとも言えるドライな視点からこれを多彩に捉える必要があります。

 だから、さまざまな知見の一つ一つはアカデミックであるべきなのでしょう。

 でも、最終的にそれら一つ一つを繋ぎ合わせ、総合する時にあたって、ようやく自分が出てくるというふうなのが理想的であるということです。



 私はそんなふうな文章を書きたいと思っています。

 そして、そういう「説得的な散文」で人の心を動かし、魅了して、少しでも大衆を浄化したいと思うのです。

 ただ、そんなことは何十年かかっても人間の能力上どだい無理なことであるから、あくまで理想なのですけれど。


(了)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日記:思考

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 1   

コメント

進撃の庶民様のブログは、昔はよく拝読していたのですが、「反安倍」が過剰になったと感じたあたりから足が遠ざかっていました。
私も安倍政権は嫌いだけど、それ以上に嫌いな「空気感」というものがありますので。
でも、石川様が連載なさるのなら、もう一度通ってみようかな…。

pen_nat #- | URL | 2017/07/23 00:13 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/395-2a6fbb72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。