07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 未分類 > title - 核ゴミについて      
  

核ゴミについて 

一連の原子力発電反対ブームでにわかに注目を浴びている原発の核ゴミ。特に、使用後にガラス固体化する高レベル放射性廃棄物に焦点が集まり、「核ゴミを未来の世代に残すのはよくない」という声がつとに上がっている。(少し前まで環境左翼くらいしか騒いでいなかったが)
ここでは、その核ゴミの話が「脱原発」の正当性を支えるものにはならないということを述べたい。


結論から言わせてもらうと、「もう遅い」ということだ。
つまり、核ゴミは、もう出てしまっているのである。約五十年前に日本で原子力による始めの1ワットが発電されてから、これを処理するか、日本が滅びるまで保有するか、どちらかをしなくてはならないことは決定しているのだ。
もうすでに、我々が「核ゴミを残された世代」なのである。
また、核ゴミは原子力発電だけではなく、原子力の兵器、つまり原子力空母、原子力潜水艦、こういったものでも当然出ることも申し添えておく。

だから、核ゴミの処理は大変な問題ではあるけれど、原発をやめることで得られるのは、「核ゴミを処理する分量が減る」だけであって、処理しなくてはならないのは規定事項であり、処理をする分量を減らして軽減されるリスクはたかが知れているのである。

そもそも、原子力は永遠のエネルギーではない。ウランは2百年程で枯渇すると言われているし、その前に生産地が分散されなくなれば原子力の意義が半減し、淘汰されていくものである。

仮にあと五十年、原子力発電がエネルギー分散において有効に機能したとして、部屋一杯の核ゴミのガラスが部屋2つ分になったところで、及ぼす影響は(小さくはないけれど)限定的である。もう一度言うが、どちらにしろ処理をするか、保有するかしなければならないのだから。

簡単に言えば、原子力の事故が起こったからといって、原子力発電を辞めたとしても、核ゴミの問題からは逃げられないということ。
原子力発電の力で国家独立性を保ってきたのに、事故が起こったからといって急に引き返すことができるなんて甘い現実は存在しないのである。



日本が日本であるために・トップページへ



ランキングにご協力くださいこれをポチと押してブラウザの戻るで戻っていただければ、ランキングが上がるみたいなので。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 環境・資源・エネルギー

Janre: 政治・経済

Tag: 原子力発電  原発  高レベル放射性廃棄物  政治  エネルギー  福島原子力発電所  原子力行政  東電  ウラン  原発事故 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/4-c1cd0915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)