FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本が日本であるために

 

TOP > スポンサー広告 > title - 「政府に15兆円補正予算を求める緊急国民運動」グランドデザイン TOP > 経済:デフレ問題 > title - 「政府に15兆円補正予算を求める緊急国民運動」グランドデザイン      
  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

「政府に15兆円補正予算を求める緊急国民運動」グランドデザイン 



 これから2、3ヶ月、政治活動というのを始めることにしました。

 この活動を、

「15兆円補正予算を求める緊急国民運動」

 と銘打ちます。



馬車うま



 15兆という金額の根拠は、藤井聡内閣官房参与の言説より。


 私が見るに、「デフレが問題だ」という認識は広まりつつあるが、「政府内の力学」では十分な補正予算が組まれてこなかった。

 そこで、「短期的」で「具体的」な、炎上的、ポピュリズム的、国民運動を起こして、政策へ影響を与える必要があると考えたのです。



 そもそも私、嫌韓デモやら、シールズやら、森友やら、そーゆーのの盛り上がりには眉をひそめていたのですが(だから政治活動で群れるだなんて軽蔑してたのですが)、一方、いずれもその「熱量」だけは認めうるものがあるとも思っていました。

 ネットの波及力と、これに便乗する大手メディアという合わせ技は、大きな社会的熱量として、信じられないほどのパワーを秘めている。

 そーゆー人々のパワー、熱量をもっと健全な形で、国家、国民の活力に繋がる形で活かせないものかということも、私はずーっと考えていた。



 そこで、この度、

「15兆円補正予算を求める国民運動」

 というものを提唱し、扇動して、短期的、炎上的に巻き起こそうと思い立ったわけです。



 どうして、この「15兆円補正予算 」に焦点を当てて運動しようかと思ったか。

 それは、以下の理由です。


1 請求内容がワンフレーズでわかりやすい上に、めちゃくちゃ具体的で曲解しようがない

2 その上、キャッチーで流行らしうる語感がある

3 短期的かつ具体的に「15兆円補正予算」だけ合意すれば、いかなる考えの持ち主もこれに参加しうる(ので、広く数を動員できる)

4 ケインズ政策は苦しい立場で働く者たちの感情に訴えることもできるので、ネット動員しうる

5 長期デフレの下、「ケインズ政策を求める表現的ストック」のようなものも貯まってきている雰囲気がある

6 15兆というのは藤井聡参与の発言を背景にしているので、政府内の活動に呼応しやすい

7 大きく盛り上がれば、補正予算に影響を与えることができる

8 活動がダイレクトに国家国民のためになる、今まさに肝となる政策課題だから

(※というか、ここで10兆規模の補正予算が出されなければ、日本経済は本格的に転げ落ちていってしまう最後の分水嶺のように感じられます)




 この活動は、最終的には1月に「15兆円かきぞめ」でもして「国会前15兆円請求デモ」を起こすことが目標です。

 が、とりあえずはネット上でできることから始めます。


 つきましては協力者を集いたく存じます。

 どういう形で協力者を集うかは、もう少し練りますので、しばしお待ちを。

 が、先に率先して

「政府は補正予算で15兆出せ!」

 と、どんどん叫んでくださると、とても助かります。



(了)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/413-7e284940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。