FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

日本が日本であるために

 

TOP > スポンサー広告 > title - 若者の希望のために「15兆円補正予算」  TOP > 経済:デフレ問題 > title - 若者の希望のために「15兆円補正予算」       
  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

若者の希望のために「15兆円補正予算」  



 若者に希望がないということが言われる昨今ですが、それは世の中全体の「需要」が少ないからです。

 需要が少ないということは働く者の

「席」

 が少ないということであり、少ない席を奪い合うということは、

「働く者の立場(とくに新人)」

 は、低下していきます。


 ので、逆に言えば「需要」さえあれば、若者に「席」を与え「希望」を与えることができるのです!



 しかし、需要は放っておいてできるわけではありません。

 需要不足のなかでは、事業者も消費者も「コストカット」の方が合理的なふるまいだからです。

 だから、誰か一番需要できるヤツが率先して「コスト」を費やし必要がある。

 それが「政府」です。


 まずは「政府」が需要しなければ、事業者や消費者もカネを使ってくれません。

 一番体力のある政府が、まず率先して「国家の需要」をしてくれないと、みんな需要しないし、需要しないということは、若者の「席」と「働く者」の席は締め付けられるばかりです。


 だから!

 真に若者の希望のためを思うなら、

「政府は補正予算で15兆円使う」

 べきなのです!

 逆に言えば、補正予算で15兆使わないということは、

「日本の若者の首を濡れた真綿で締め付け続けている」

 ことになるのです。

 我々は20年我慢したが、この20年で得られたものは何一つなく、人心は荒廃し、自殺者は増え、もう限界です。

 でも、1月の通常国会で

「15兆円の補正予算」

 が組まれれば、日本経済は首の皮一枚つながり、若者は別に外資系企業に屈服しなくても、「日本人」として誇りある仕事と生活を担保できるようになるのです。

 ですからみなさん!

 来年の1月の通常国会までの2、3ヶ月。

「政府は補正予算で15兆円出せ!」

 と、まずはSNSでつぶやきまくってください。

 ブログをお持ちの方は

「政府は補正予算で15兆円出せ!」

 という思いのたけを書き綴りましょう。

 絵の得意な人は「政府は補正予算で15兆円出せ!」と標語ポスターを書き、歌が得意な人は「政府は補正予算で15兆円出せ!」と歌いましょう。
 動画CMを作れる人がいればなおよいですね。

「政府は補正予算で15兆円出せ!」

 関連でなにか作った人は教えてくだされば、ここでも宣伝させていただきます。


(了)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 経済:デフレ問題

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/415-16928302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。