09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治 > title - 天皇誕生日の次の日がクリスマスイヴであることについての考察      
  

天皇誕生日の次の日がクリスマスイヴであることについての考察 

 今日は12月23日、天皇誕生日だ。

 実際の所、この12月23日の次の日が、24日のクリスマスイヴであり、25日がクリスマスであるという並びは物凄い物がある、と思わないだろうか。
 つまり、天皇の誕生日である23日はこれといって意識されず素通りされ、イエス・キリストの誕生日を祝う24、25日に、世の中全体が沸くという、ある種集団狂気のような状態を、日にちが並ぶ事によって、あたかも指示棒でまざまざと指摘されているような形になっているということを。

 いや、ここでは別に、「天皇誕生日を祝わない日本国民はケシカラン!」というような説教を垂れたいのではない。
 誰が画策したというはずもないのに、「日にちが並んでいる」というこの奇跡的な状態が、我々日本人に対して皮肉を発しているという面白さについて、述べているのである。
 当たり前だけど、12月23日が天皇誕生日になったのは、平成に入ってからであり、つまり、平成に入った途端、日本国民への痛烈な皮肉が、まざまざと浮き出た形になっているのだ。

 勿論、日本人は『イエス・キリストの誕生日』としてクリスマスに騒いでいるわけではないし、そもそもイエス・キリストに対して尊崇の念の欠片でも持っている日本人など、探す方が難しい。
 俺なんて子供の頃は、「クリスマスっていうのはサンタクロースの日なんだ」と思ってたぜ。
 また、「きよしこの夜」を歌う日本人は、「処女が子を産む神話」に心震わせているわけではない。つーか、俺ら日本人がそんなもの信じる義理なんていないし。(俺がドイツ人やアメリカ人だったら信仰するし、信仰しませんなんてのたまう同国民がいたらぶっ飛ばしたいとおもうけどね)
 というか、「ああ、今日は聖母マリアが処女なのにキリストを産んだという、聖なる日だなあ」と感じ入って歌うものだということすら知らない人の方が多いのだ。
 俺は子供の頃、「きよし君という男の子の夜」という朗らかな歌だと思っていた事を、ここで白状する。

 つまり、我々にとってのイエス・キリストというのは、「存在したかしなかったか良くわからない人だけど、キリスト教というよその幾つかの国々の国体の根幹を成している宗教の教祖様ということになっている大昔の人」としか言えない。外人が彼を大切に思う気持ちは尊重するけど、俺自身はキリスト教文化圏に属しているワケでもないので、イエス・キリストに対してただの一ミリも尊敬していないし、そもそも興味がない。そりゃ当たり前である。


 だがーーというか、だからこそ、ワケが分からんとは思わないか。

 いわば、日本人にとってのクリスマスは、「何の根拠もなく、ただ皆が騒いでいるから、騒いでいる」というだけの話なのだ。
 ちょっと冷静になって考えてみれば、完璧におかしい。ワケが分からないのだ。

 よく、「日本の神道は多神教でなんでも宗教を受け入れられるから」みたいな論を聞くけれど、それも明らかな欺瞞だ。
 だって、別に仏教のように宗教的な感覚として組み込み、受け入れているワケではなく、ただなんとなく騒いでいるだけなんだから。それに、仏教は、かなり国策として受け入れた面が強いのである。
 また、キリスト教の一神教は、他の神と併存できる観念ではないからこそ、唯一絶対神なのだ。
 多神教っちゅうのは、そういった観念までスイスイ便利に呑み込めるほど万能なはずはないなどということは、論理を考えれば常識として分かるはずである。


 俺が物心ついた時は、当然平成であったから、23日が祝日で、その次の24、25日が祝日でないーーけれども騒ぐのは24日という所へ、子供ながらにヘンテコな感じを抱いていたものである。

 いわんや、平成元年を、大人の状態で通過した人々は、その年の23、24、25日を、どのような心持ちでだったのだろうか。
 やはり、少しドキリとしたんではなかろうか。
 自分らは、何をやっているのだろうか、と。
 口に出す者がいなかったのは容易に想像できるが、皆心の中では一抹の疑問が沸き上がっていたーーのであって欲しい。

 それとも、天皇の誕生日という国家的な行事よりも、世界統一宗教たるキリスト教の祭事を受け入れることのできる我々日本人は、なんて地球規模的で、民主的なのだろうとでも、感じ入っていたのであろうか。

 いや、そうじゃないな。

 きっと、誰も何も、そんなことは欠片も頭に上ることなく、ただ、息吸って、吐いて、性なる夜に興じて、頭空っぽにしていたのだろう。
 じゃないと、少なくとも我々にとっては空っぽの祭事であるクリスマスーーいや、クリスマスイヴに、ここまでの熱狂をもって、キラキラと、ガヤガヤと、囂しく、阿呆のように、国民が一斉に前の日の天皇誕生日を素通りするほど、熱中するはずなどないのである。



関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・時事問題

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/45-636c6395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)