09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 未分類 > title - 妹にアベノミクスなどを解説してみた(後編)      
  

妹にアベノミクスなどを解説してみた(後編) 

・『妹にアベノミクスなどを解説してみた(前編)』の続きです。




妹:「じゃあ、アベノミクスってのはどんな感じなの?」

俺:「あのさ。イントネーションが違えよ。『アベノ・ミクス』じゃなくて、『アベ・ノミクス』な」

 杏子は、細かいところを指摘された事に少々機嫌を悪くしたようだったが、ちょうど煙草を吸い終わった彼女にもう一本マルボロを差し出すと、素直に発音した。

妹:「アベ・ノミクス?」

俺:「そうそう。つーか、『エコノミクス』って言うだろ。だから、レーガンのエコノミクスは『レーガ・ノミクス』だし、安倍さんのエコノミクスは「アベ・ノミクス」なんだよ」

妹:「えっと、エコノミクスってなんだっけ」

俺:「経済学とか、経済分析とかって意味だけど……まあ、日本人が英語なんて知らなくたっていいよな」

妹:「うん、英語わかんないし。それより、結局、その安倍さんの経済ってどんなんなの?」

俺:「……うーん」

 実を言うと、この問いに答えるのは随分と面倒臭い事のような気がしたから、何とかはぐらかそうと思ってイントネーションの違いなんてどうでも良い事を指摘したのだった。
 だが杏子は、台所の窓から差し込む陽がチンダル現象を作っているのを背に、ロックミュージシャンのようなふわふわな栗毛を前へ垂れさせ、鋭い目をもってギロリといった風にこちらを睨む。
 これは、きちんと解説しないと、怒られそうだった。

俺:「えっと、聞いた事あると思うけど、『アベノミクスの三本の矢』って言うよね? 『金融政策』『財政政策』『経済成長戦略』って」

妹:「うん、言う言う」

俺:「アベノミクスっていっても、その中でどれにどう肩入れするかってので、随分話が変わってくるわけさ」

妹:「ふーん」

俺:「まず、デフレ脱却にはとにかく『金融政策』で日銀がお金を沢山刷って云々……ってなると、これは『リフレ派』の論理になるのね。どういうことかって言うと『世の中のお金の量を増やせば、その分お金の価値が下がるはずだから、裏を返せばお金に対して物の価値が上がるだろう』って理屈なのよ」

妹:「えっと、ちょっと待ってね……うん、そっか」

 杏子は、少し頭に理屈を巡らせるかのように唸ったが、すぐに二、三頷いた。

俺:「でもさ、これは『政府はお金の量さえ上手くやっとけば、あとは自由な民間市場が上手い事やるもんだ』って事を前提にしてる話なのね。リフレ派からすると、悪かったのは『物に対するお金の量』であって、『民間市場そのものが失敗する』っていう事は想定してない。これはさっき言った中で言うと『政府よりも、民間をより信用する』って指向が強いわけさ」

妹:「ああ、そうか」

俺:「だけど実際、『自由な民間市場』が上手くいくとは限らないよな。例えば、日銀がお金を刷っても、世の中でお金が回るとは限らないだろ?」

妹:「うん」

俺:「日銀がお金を刷ると、その円で普通の銀行が持ってる国債を買うのね。そうなると、普通の銀行の中にあった国債がお金になるってことだから、実際は『日銀がお金を刷る』っていっても、『銀行の中のお金が増える』って事だろ」

妹:「それは学校で習った気がする」

俺:「うん、公民系の教科で『買いオペレーション』ってやるよな。だけどさ、普通の銀行はそれこそ民間企業だから、利益を出さなきゃいけない。でも、デフレだと他の一般企業で『投資をして、生産を増やす』っていう流れが無いわけさ。何故なら、需要より生産が多くなっているのがデフレだから。そうなると、いくら銀行にお金があっても、貸し出し先がなくて、お金は海外へ行っちゃうよねっていう話がある」

妹:「お金が日本で回わらなかったら意味ないもんねえ」

俺:「そうそう。実際そういうことが起こってたんだよ。小泉さんの時に。だから、政府の支出で強制的に『国内で足りない需要を埋める』っていうのが二本目の矢の『財政政策』なわけだよ。つまり、政府が公共事業とかでお金を使って、『自由な民間市場の失敗』を『修正』するって話なんだけれど、これはほとんどケインズの論理なのね」

妹:「さっき言ってた、『ケインズはどっちかっていうと政府の権限を多く持たせる考え』っていうのはそういうことかあ」

俺:「うん。で、『自由な民間市場』を好むリフレ的な人は、アベノミクスの中でも一本目の矢の『金融政策』に思いを寄せる。逆に、『政府の権限』を強く持たせるべきだとするケインズ的な人は、金融政策にも賛成するけど、『財政政策』に重きを置く立場になって来る。だから、アベノミクスっていっても、『民間か、政府か』の立場によってかなり違いがあるんだよ」

妹:「じゃあ、当の安倍さんはどうなの?」

 当然、そういう質問になる。
 しかし、俺にとって、これこそが『上手く説明できる自信がない問い』なのだ。
 なんと言ったって、このブログでも、安倍さん自身の経済への態度を上手く解説できているとは言えないと反省しているくらいである。
 どう言ったものかと、俺も二本目の煙草を取り出し、火をつけて、一吸いした後こう返した。

俺「俺は安倍さんじゃないから、安倍さん自身が実際の所どういう考えで言っているのかは分からないけど……でも、そうだな。比較論で言うと、例えば、安倍さんと麻生さんだと微妙に経済思想が違うのね」

妹:「あ、アニキ、それ前から言ってたよね」

俺:「うん。安倍さんは、麻生さんに比べると金融政策の方に思い入れがあってリフレ派っぽい所がある。安倍さんも財政出動には長いこと肯定的ではあるんだけどさ」

妹:「じゃあ、麻生さんはケインズ寄りって事?」

俺:「つーか、麻生さんが総理大臣やってた時に、対リーマンショックでやった経済政策があるでしょう?あれは、ケインズだよ」

妹:「ああ、そうなんだ」

俺:「うん。政府の権限を発揮して、強制的に公共事業で国内の需要を補填して、民間市場の失敗を修正するって話だったから。それに、麻生さんは、自分が総裁に就任した時に自民党の中のスピーチで『ケインズで行く』って言ってたからね」

妹:「そっか。麻生さんがテレビとかで『独裁者』とか言われたりするのは、そういう事があるからなんだ。政府の権限を強く発揮する、みたいのがあるから」

 この発言は、このブログをご覧になっている皆様へ誤解を与えるであろうから一言つけくわえておこう。
 杏子は、麻生氏がテレビで独裁者という風に言われる事を、必ずしも悪い事として言っているのではない。
 むしろ、テレビで独裁者と言われる事は良いことである、くらいに思っているのだろう。

俺:「そりゃあ、あんまり政府の権限でガンジガラメじゃあどうしようもならないだろうけど、だからといって、何でも民間の自由にしときゃ上手く行くなんて話、あるわけないだろ? だけど、どうも世の中全体に、『民間の自由にしてる方が素晴らしい』みたいな風潮があると、俺は思うわけさ」

妹:「なるほど」

俺:「アベノミクスの三本目の矢は『経済成長戦略』じゃん? これが結構、いろんな考え方ができる自由なものだから、厄介なんだよ」

妹:「だろうね。『経済成長戦略』だけじゃ、どんな戦略かわかんないもん」

俺:「うん。例えばさ、経済成長戦略の話題で『規制緩和』ってあるでしょう。あれは、『過度な民間市場への信用』からくる理屈なわけさ。つまり、『政府から規制の権限を取り上げて、民間の自由にさせれば、新しいビジネスアイディアとかイノベーションが起こって、生産性があがるはずだ』っていう話なんだからさ。でも、これって滅茶苦茶ガキくせぇ論理だと思うのね」

妹:「うん」

俺:「普通に考えればさ。『政府が国家経済の発達するような規制を敷く』っちゅー戦略をたてるのが、『経済成長戦略』じゃん。つーか、日本の経済が上手く行ってた時は、通産省やら国土省やらがそういう戦略を立ててたらしいし。でも、『規制緩和が経済成長戦略だ』って理屈は、『政府が戦略を立てる権限を放棄するのが戦略だ』って話でしょ。よく考えりゃおかしな話だけど、世の中全体が『政府は悪で非効率』『民間は善で効率的』みたいに思ってるから、『経済成長戦略』の議論がそういう方向へ引っ張られちゃうのよ」

妹:「確かに」

俺:「TPPとかも、そういう話の上にあるって考えるのが適切だと思うぜ。関税だろうが、保険だろうが、投資だろうが、TPPは、『政府の権限を剥奪して、自由市場に委ねた方が成長する』っていう間違った思想からくるんだからさ」

妹:「そーだね」

 さて、長く話している内に、ここでどうやら杏子の方がだれてしまったようである。
 ただ、ここで俺はちょうど二本目の煙草が吸い終わり、アベノミクスについての解説も一通り済んだと思われたので、経済の話しをやめにした。
 そして、俺はその後、彼女の「韓国がいかに酷い国か」という話しを、おとなしく聞いていたのであった。




関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/59-adeca54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)