07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 歴史:近代、大東亜戦争 > title - 歴史認識問題について、大まかな考えをまとめてみた      
  

歴史認識問題について、大まかな考えをまとめてみた 

 これまで、このブログでは歴史認識問題を取り上げてこなかったが、徐々に論じていけたらいいなと思う。なので、今回は、自分なりに『歴史認識問題』についての大まかなアタリをつけていきたい。


 まず、俺が学校で習ったり、小さな頃から大人達が述べていた『歴史』というものの中で、どうしても気にくわない具体的な事から、おおまかに列挙しよう。



一、古墳時代、飛鳥時代以前、『日本史』と『日本列島史』を、ごちゃ混ぜにしている事。

二、フランス革命とアメリカ独立革命に対しての過剰な礼賛と過大評価

三、江戸時代および、幕末江戸政府への過小評価

四、倒幕と明治維新についての過大評価

五、自由民権運動や反政府運動に対する礼賛

六、社会主義運動や大正デモクラシーに対する礼賛

七、昭和前期政府と大東亜戦争に対しての罵詈雑言

七、戦後から今日にかけてへの過大評価




 こうやって気にくわないモノを挙げていくと、なるほど、俺が教わってきた『歴史』なるものの世界観は、概ね次のような誤った理屈の上に構成されているのだという事が見えてくる。




一、日本の歴史とは、「日本列島と呼ばれている空間の中で、人間がどのような行動をとってきたのかを科学的に検証したもの」だという前提に立ってしまっている。

二、その一定空間の中に存在する人間には、平等な『基本的人権』が与えられているべきだ、という前提に立ってしまっている。

三、平等な基本的人権を持った一定空間内に存在する一人一人が、平等に政治権力を行使する『人民主権』が良いことだ、という前提に立ってしまっている。

四、『基本的人権』を根拠にした『人民主権』が良いことだーーという前提から、それらにそぐう時代や出来事を「良いことと」とし、そぐわない時代や出来事を「悪いこと」と筋立てている。

五、時代が過去から現代に進めば進むほど、人間は「基本的人権や人民主権といった価値を理解し、科学によって不合理な矛盾を解消していっているはずだ」という進歩主義を前提にしてしまっている。




 以上である。
 そして、これがイコール、俺の考える『歴史認識問題』なのだ。

 つまり、歴史を筋立てて認識する為に、判断基準としている前提が『日本国憲法の価値観』に基づいてしまっている所が、問題の根幹であると考えるのである。


 そもそも、歴史を認識するーーつまり、「歴史を筋立てて考える」為には、『ある価値観の基準』が無ければ絶対に不可能だ。
 人間個々の能力では、「何にも寄らないで、属さないで、事実だけを科学的に偏りなく真っ直ぐに歴史を認識する」などという事はできないからだ。何故なら、個々の人間の思考は有限であり、何らかの基準なしで全ての出来事を捉えるなどということは出来ないからである。

 よって、「国家における歴史認識問題」というのは、「国家における価値観の基準の問題」とイコールなのである。

 本当は、我々が歴史を筋立てて認識する際には、『日本の憲法の価値観』を前提としなければならないはずで、『日本国憲法の価値観』を前提としてしまってはイケないはずなのだ。


 そういった観点で、これから少しづつ具体的な歴史上の出来事にも触れていこうと思う。



関連記事
スポンサーサイト

Category: 歴史:近代、大東亜戦争

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 2   

コメント

はじめまして

突然お邪魔いたします。

日本国憲法の史観というより、それも通り越していわゆるマルクス史観になってると思います。
私のようなオバサンが60年代に習った歴史は今ほど酷くなく、70年代以降かなり酷くなり、我が子の帝国書院教科書を見てひっくり返りました。まるで私の時代とはパラレルワールドの別の日本が存在してるかのようです。

最近の日本はGHQ押し付け価値観を通り越して、隠れた共産国に成り果ててる感じさえします。経済的豊か、全国どこも平均的生活があり、自家用ジェット乗れる程の金持ちも居らず、皮肉な事に旧ソ連が目指した理想に近い状態になってますよ。代わりに国民の気概や矜恃は失われている。
酷いものです。

紺屋の鼠 #4TUF.cSM | URL | 2013/05/13 11:48 [edit]

コメントありがとうございます。

紺屋の鼠様

 深みのあるご意見賜りまして、恐縮いたします。

 未熟な俺にとっては、『最近の歴史観に浸った世の中』しか実感することができないので、紺屋の鼠様の経験に基づくお話は大変参考になります。

 またご意見等いただきたくことができましたら、幸いに思います。

                                 おーじ

おーじ #S0/uLZQg | URL | 2013/05/13 13:01 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/60-5b91000e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)