05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治 > title - 都議選での共産党躍進の意味と計画経済性      
  

都議選での共産党躍進の意味と計画経済性 

 国政選挙直前の都議選は、国政選挙そのものを占う意味でも大いに注目される選挙です。
 そんな中、先日行われた都議選にて、自民党は圧勝しました。これは、多くの人が予想していたように思います。
 ですが、一方。共産党が議数を伸ばすだなんて珍事を予測していた者はあまりいなかったのではないでしょうか。

 共産党は、自民に次ぐ議席獲得で、民主や維新、みんな等々を抑えました。これは、俺にとってとても印象的なことでした。

 と言うのも、この共産票が意味するものはおそらく、「なんでもかんでも経済を民間の自由にしていくのが良いと考え、政府が敷く規制は取っ払って、政府の支出を削減して小さな政府を目指す、『新自由主義的』な現在の世論や方針に対して、どうしてもノーを表したいのであれば、共産党しか受け皿がない」という話なのだろうと思ったからです。

 だって、よーく他の野党を見てみれば、ほとんど新自由主義的な政策を打ち出している所ばかりでしょう。
 維新、みんなの党は言うに及ばず、旧社会党員の多いはずである民主党ですら無駄を削減して小さな政府へ……とのたまっていたのですから。

 むしろ、それらと比べれば、まだ自民党が最も新自由主義に対する批判を持ちうる政党だと思います。(政党内でということですよ)
 なぜなら、既得権益を代表している良心的な議会人が、自民党の中にこそ多くいるからです。それは正に、長く続いた既存の権力だからこそあり得る調整機能でしょう。
 また、今、安倍内閣が行っている政策の「新自由主義さ」なんて、維新やみんなが唱えているそれと比べたら可愛いもんですよ。だから、俺は(重ね重ね申しますが)多少の新自由主義的な政策が気にくわなくても、総合的観点から自民党を支持します。


 その上で、それでも以前一度失敗している規制緩和や構造改革の路線とか、TPPといったグローバル進歩主義に、どうしてもノーを叫びたいという人はいるでしょう。驚くべき事に、そういう人の受け皿として機能している政党が、最早共産党しかなくなってしまっているのです。



 少し前を振り返れば、小泉時代、新自由主義的な失政に対しての批判の受け皿は民主党でした。民主党の唱えていた極めて安っぽい『弱者救済』(弱い人が可哀想だから助ける)の政策は、どんなに愚かなハリボテであっても新自由主義とは相反するものだったからです。
 しかし、今や彼らの言うことに耳を貸す奇特な日本人などまれですね。(正直、この民主党の隆盛と凋落を見るに、大衆ってのはなんて勝手で無責任なんだろうと辟易しますが)

 かくして、共産党以外の政党は、すべからく「政府の権限を剥奪して、自由市場にて民主的に解放する」という路線を掲げる状態になりました。
 それは、勿論、大衆の「官僚嫌い、政治家嫌い」とか「国家嫌い、政府嫌い」とか「ゼネコン嫌い、既得権益嫌い」とか「グローバルとかイノベーションとか口ずさむと気持ちよくなっちゃう厨二病」などの愚かで痛々しい『世論』に迎合しているというだけの話なのですが……

 そんな愚かな世論に、少しでも逆らうことができるのは、第一に自民党の『古い政治体質』だと、俺は主張してきましたし、これからもそう主張し続けます。



 但し、今回の事で思ったのは、共産党って余分な事は言わずに「計画経済性」だけを主張しつづけたら、国民の何割かの支持を得ちゃったりするんじゃあないでしょうか?
 例えば、雇用環境や市場の安定化に関する規制の強化とか、公共投資や官僚の数と給料を増やして、政府支出を増大するべしとか、そういった「政府が計画的に主導せねばならぬ所は政府がやれ」という議論を計画経済の立場から主張すれば、それなりの説得力があるというもの。
 だから、経済以外の、天皇とか憲法、軍事、歴史、原発とかについての革マル、赤旗的論調は、共産党として少し声をひそめていくぐらいの融通が効けば、参院選挙でも面白い所までいくと思うのですけれど。
 その融通が、彼らにとってはなかなか難しいのでしょうねえ。


 どちらにせよ、維新やみんなの党よりは、共産党の方がマシだと考えていますので、影ながら注目しています。

 票は入れませんけれどね。



(了)



※お読みくださってありがとうございます。少しでも記事にご賛同いただけましたら、ランキング、ツイートなど、ご支援いただけたら大変ありがたいです。どうか、お願いいたします。
また、いつもご覧くださっている方、ご支援くださる方には、重ねて御礼申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/80-5a243e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)