09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

日本が日本であるために

時事、ニュース、政治、経済、国家論について書きます。「日本が日本である」ということを政治、経済の最上位目的と前提します。

 

TOP > 政治 > title - 青山繁治による麻生発言に対する解釈ーーについての批判      
  

青山繁治による麻生発言に対する解釈ーーについての批判 

 前回、俺は、「麻生ナチス発言は、本当にナチスへの省察か」という記事を書きました。この記事は、俺としては渾身の力を注いで書いたつもりなのですが、どうにも読み手に対して意図が伝わっていない気がしたので、今回はその「伝わっていなかったと思える部分」を、抽出して、分かりやすく、具体的な名称を出すことに躊躇をせず、書いてみたいと思います。


 そもそも、俺が前回の記事を書こうと思ったのは、青山繁治氏という、保守系の人々から人気を博している評論家による、「麻生大臣の発言に対する擁護」を聞いたからでした。
 そして、俺は、青山繁治氏のその「擁護の仕方」は、間違っていると感じたのです。

 最初に言っておきますが、俺は、麻生大臣の発言を支持する立場です。

 ですが、青山繁治氏による、麻生大臣発言に対する解釈、及び擁護の仕方は、どう考えても上等なものとは思えない。正直言うと、青山氏の解釈は、それはそれで麻生大臣の発言の意図を歪曲しているものだ、と思うのです。

 まず、青山繁治氏による、麻生大臣の発言についての解釈を見てみましょう。



青山氏解釈YOUTUBE




 俺は、この解釈、及び、考え方には、相当根の深い病理が映っているのだと思います。


 まず、麻生氏の発言の前半部分を見れば、「民主主義に対しての懐疑」の重要性を説いているのは明白ですね。
 その上で、大手マスコミが問題として取り上げている部分、「ナチスの、あの手口に学んだらどうかね」という皮肉は、何に対しての皮肉かと言えば、どう考えても民主主義に対する皮肉です。
 そして、この部分においてだけは、「ナチスの手口をある程度、肯定的に捉えた上での、民主主義への皮肉である」と解釈するのが、日本語としてごく自然だと思います。

 つまり、麻生大臣は、憲法について(ここでは憲法の中でも軍事について)は、国民的議論とか大衆世論とかいった直接的な民主主義に伺いを立てる必要はない、と仰っていると捉えるのが、日本語として正しいだろう、ということです。


 それを、青山氏はどう解釈しているかと言えば、「ナチスの手口に学ぶ」の『学ぶ』の部分を、「(反面教師として)ナチスの手口に学ぶ」と解釈しているわけです。
 これは、あまりに無理矢理といいますか、曲解にすぎると思います。

 さらに、青山氏は、マスコミ批判と共に、このように言っていますね。


・ 「マスコミの言いようだと、麻生大臣が『ナチスの手口』に学んで、国民世論に隠れて憲法をどうこうしようという風に言っておられるかのごとく思われてしまうじゃないですか。しかし、麻生大臣は、ナチスのしたようななし崩しの憲法改正をではダメだから、反面教師にしなければならないと、そう仰っておられるのでしょう?」

 と。

 しかし、俺は、麻生大臣の発言のどこをどう読んだって、そのような解釈は、不可能だと思います。

 麻生大臣の発言を全体の文脈から普通に自然に読み解くと、「ナチスの手口に学ぶ」の意味は、「(軍事に関しての)憲法の運用は、国民世論の多数の熱に伺いを立てるべきことではないから、政府が静かに変えるべき」なので、「その点、ナチスの手口に学ぶくらいであってもいい」と、仰っているのだと解釈すべきではありませんか?

 つまり、麻生大臣は弱い意味で「ナチスの手口に学んで、国民世論に隠れて憲法をどうこうする」ということを、ある程度は是としているのです。
 そもそも、憲法の運用や政治の中でも、「直接、国民世論の熱に伺いを立てるべき領域」と、「直接の国民世論の熱に伺いを立てるべきではない領域」があるのは当然の事です。
 道徳や理念に関する領域は、ある程度直接的な国民世論に伺いを立てるべきですが、事が軍事などの具体的な政策論に及べば、政治家(指導者)が熟議をした上で代表して執り行うべき領域です。そうした領域にまで、一般国民世論の熱がああでもないこうでもないと口出しをして騒ぎ立てるなど、やって良い事のはずがありません。それが、例え成文憲法に記されているものであっても、です。
 現在の日本は、そうした無批判な民主主義の熱に、政治が右往左往を繰り返しているのですから、少しくらいはナチスの手口に学んで、政府が主導すべき領域は国民世論の騒ぎに巻き込まれぬうちに、その運用を政府が静かに執り行うべきだーーとおっしゃっておられるのでしょう?


 それを青山氏のように、「ナチスのした、なし崩しの憲法改正ではダメだから、反面教師にしなければならない」と、よく分からん別の筋立てを無理矢理当てはめるのは、ハッキリ言って卑劣だと思います。

 そういった意味では、麻生大臣の発言を、日本語として正確に解釈しているのは、むしろ大手マスコミの方ではないでしょうか。



 要約すると、麻生大臣ご自身は、「民主主義への懐疑と、ある程度のファシズム的手法の肯定」という、至極まっとうな事をおっしゃっていて、そうした考えが嫌いなマスコミは過剰に反発している。
 しかし、青山氏は、「麻生氏はファシズム的手法を反面教師にせよとおっしゃっているのだ。マスコミはけしからん」と、少しズレた事を言っているわけです。

 別に、青山氏が、「民主主義へ偏った思想を持っていて、ナチスの行ったことの全てが間違っていると考える人」であること自体は、良いんですよ。氏の思想がどうであるとか、氏の勝手ですから。(ちょっと理解できないなぁと思うだけで)

 しかし、他人の、それも立場ある大臣の発言を、自分の中にある原理原則の型に無理矢理ハメこんで、全然違った解釈を与えるという行為は、大手マスコミの手口とどう違うというのでしょう?
 俺は、ナチスの手口に学ぶべき所はあっても、大手マスコミの手口に学ぶべき所など、一ミリリットルもないと思いますよ。



 その上で厄介なのは、多くの愛国的な人々が、青山氏の論理に沿ってしまっているところにあります。「青山繁治」といえば、相当な影響力のある知識人ですから。
 つまり、「麻生大臣の発言の全文を読めば、ナチスを反面教師にしろと言っているのが分かるだろ!大手マスコミは曲解している!」という筋の元での麻生大臣への擁護が、一つの流れとしてできてしまっているのです。

 ですが、その論理筋立ては、そもそも無理がありますから、反日的、左翼的な人々からすると、次のような反論が可能になるわけです。

「麻生の発言、全文読んだけど、普通に民主主義を否定して、ナチス肯定してんじゃん。政治家として許される発言じゃあねえぜ」

 と。

 一言でいってしまえば、青山氏発の解釈と論理は、擁護の筋立てとして隙がありすぎなんですね。




 本来、今回の麻生大臣の発言の是非を、我々が本当に真摯に論じようと思ったら、「民主主義と言えば、本当にすべからく良いものだと言えるのか?」「ナチズム、ファシズムといった傾向は、本当にすべからく忌避すべきものなのか?」という所まで踏み込まねばならないはずです。

 つまり、大手マスコミの、麻生大臣の発言への態度として問題なのは、「民主主義への無批判な礼賛と、ファシズム的なるものへの反射的な嫌悪」といった姿勢そのものであって、曲解しているとか、そういう話じゃあないんです。

 また、世間では「保守」と捉えられているような人も、「民主主義への無批判な礼賛と、ファシズム的なるものへの反射的な嫌悪」の姿勢は、無意識のうちに体の随まで刻み込まれているから、「麻生大臣は、ナチを非民主主義的なものとして反面教師にしろと言っているのだ」という無理矢理な擁護しかできないわけです。
 つまり、世の中の「保守派」と捉えられている人の多くが、実はリベラルデモクラシスト(自由民主主義者)という意味では、無意識に極端な左翼思想の論理の中で物事を論じてしまっているのです。


 麻生大臣の発言の是非は、「民主主義にもある程度の肯定と懐疑を持ち、ファシズム的なるものにもある程度の肯定と懐疑を持つ」
という麻生大臣の立場ーーを、ありのままで支持するか、しないか、で論じ合われるべきもののはずです。

 大手マスコミは、これを支持しないらしいです。
 何故なら、大手マスコミは、「民主主義は普遍的な正義」であり、「ファシズム的なるものは、普遍的に悪」という極端な立場を持っているからですね。


 俺は、「民主主義が普遍的に正義で、ファシズムが普遍的に悪」だなんて考えは、ちょっと頭がおかしいんじゃないかと思います。
 ですから、俺は、麻生大臣の発言をそのままの意味で捉えた上で、支持します。
 つまり、「民主主義にもある程度の肯定と懐疑を、ファシズム的なるものにもある程度の肯定と懐疑を持つ」という立場は、国の指導者として至極まっとうな態度であるーーというのが、俺の麻生大臣発言支持の根拠なのです。



 最後に、もう一度、麻生大臣の発言を、じっくり読んでみることをおすすめしておきます。

朝日の全文書き起こし(要約なし)



(了)



※お読みくださってありがとうございます。少しでも記事にご賛同いただけましたら、ランキング、ツイートなど、ご支援いただけたら大変ありがたいです。どうか、お願いいたします。
また、いつもご覧くださっている方、ご支援くださる方には、重ねて御礼申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 政治

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも

Janre: 政治・経済

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shooota.blog.fc2.com/tb.php/88-d6acc1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)